関西電力:従量電灯B

Kansai

関西電力の主な電灯契約で、商店や事務所、飲食店、家庭などで電灯、小型機器を多く使用する場合の電気料金メニュー、従量電灯Bの電気料金についてまとめました。

関西電力-従量電灯Bの特徴

  • 1カ月あたり800kWh以上の電力を使う場合、従量電灯Aよりお得になる場合がある。
  • 使用量に応じて1kWhあたりの料金単価が3段階で変わる。
  • 1kWhあたりの料金単価は時間帯によって変わらない。

関西電力-従量電灯Bの料金

基本料金

関西電力-従量電灯B-基本料金
契約kVA数 基本料金(円)(税込)
1kVAあたり 388.80円

電力量料金

関西電力-従量電灯B-電力量料金
電力消費量(kWh) 1kWhあたりの値段(円)(税込)
  -  kWh  
  -  kWh  
 kWh以上  

関西電力の従量電灯プランはこんな人におすすめ

関西電力従量電灯プランは時間帯や曜日に関係なく電気量料金が一律なので、以下のような利用者に最適です。

従量電灯

従量電灯で契約しているケースがほとんど。

  • 昼間、自宅に人がいることが多い。
  • 決まった時間に家事を行わない。
  • 電気の使用量が少ない家庭や、一人暮らし。
  • 生活があまり規則的でない。
  • 一年を通じて、電気の値段の変化を気にすることなく使いたい。

その中でも、関西電力従量電灯Bは、商店や事務所、飲食店のほか、一般家庭でも比較的たくさん電灯、小型機器を使用する場合の電灯契約のメニューです。

従量電灯Bの電気料金の計算方法は、最低料金が基本料金となるほかは、従量電灯Aと同じです。

ただし、下記に該当する場合は、従量電灯Aよりも従量電灯Bの方が適しています。

  • 電灯または小型機器をご使用になる利用者で、最大需要容量(kVA)が50kVA未満の場合。
  • 年間における、ひと月の平均使用量が800kWhを超える場合(800kWh未満の場合は従量電灯Aが適しています)。