本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
大阪ガスの申し込み

【大阪ガスの電気】簡単お申し込みはコチラから。

【大阪ガスの電気】公式サイトでプラン詳細をチェック!申し込みも24時間受付中です。

大阪ガス

【大阪ガスの電気】簡単お申し込みはコチラ

【大阪ガスの電気】公式サイトでプラン詳細をチェック!申し込みも24時間受付中です。

京阪神を中心とする近畿地方の都市ガス事業者、大阪ガスについてまとめました。大阪ガスでは都市ガスに加え電気の提供も行っております。料金プランとその中身を詳しく解説しています。

大阪ガスのガスと電気

大阪ガスは、近畿地方を販売エリアとする都市ガスの老舗企業です。LNG(液化天然ガス)の供給と販売に関しても、存在感の強さを表しており、岡山ガス・四国ガス・静岡ガス等に卸売りを行っています。

2016年に電気の小売り販売が自由化されてからは、低圧を利用する一般家庭および法人向けに電気料金プランの販売も開始し、電気契約の顧客を増やし続けています。

発電に関しては、大阪ガス100%の子会社である株式会社ガスアンドパワーが発電事業を行っています。ガスアンドパワーの発電施設は火力発電に始まり、太陽光・バイオマスなど多様です。

都市ガスと電気のDaigasグループ
Daigasグループ大阪ガス都市ガス
株式会社ガスアンドパワー電気(発電事業)
大阪ガス

大阪ガスの都市ガス - 料金とプラン内容

都市ガス料金は、「一般料金」とエネファームやエコウィル、床暖房等を利用している人を対象とした「Gas得プラン」の2種類があります。

エネファームのような家庭用燃料電池は、2018年現在全国で250万台と僅かです。床暖房の利用者数も限られます。このような状況から、実際のところほとんどの契約者が大阪ガスの「一般料金」を契約しています。(実際に今契約している大ガスの料金プランを確認したい場合は、検針票や請求書をご確認ください。)

大阪ガス:一般料金プラン

都市ガスの料金は、毎月のガスの使用量(m3)に応じて、基本料金と1m3あたりの料金が変わります。都市ガスの場合、ガスの使用量が増えると基本料金もあがりますが、1m3あたりの料金単価(従量料金)は下がるのが特徴的です。

毎月の料金は、「基本料金」+「従量料金(その月のガスの総使用量 x 1m3あたりの料金単価)」で決定されます。(正確にはこれ以外に原料費調整額が加わります。)

大阪ガス一般料金プラン:料金表(税込)
 基本料金(円/月)従量料金(円/m³)
0m³から20m³まで745.20円171.64円
20m³をこえ50m³まで1,340.00円141.90円
50m³をこえ100m³まで1,606.00円136.58円
100m³をこえ200m³まで2,037.00円132.27円
200m³をこえ350m³まで3,443.00円125.24円
350m³をこえ500m³まで3,765.00円124.32円
500m³をこえ1000m³まで6,855.00円118.14円
1000m³以上7,175.00円117.82円

ガスは毎月どのくらい使っている?

一般家庭であれば、だいたい年間340m3ほど都市ガスを使用するとされています。12で割ると、一ヵ月の都市ガスの使用量は平均28m3となります。

ただし、ガスは断然冬場の使用量が多く、夏場は下がります。また、自炊をしない人、湯船につかる習慣のない人であれば使用量はもっと下がるかもしれません。

冬の厳しい地域にお住まいの場合は、暖房にエアコンだけでなくガスストーブを利用しているかもしれません。そんな方は、冬場のガスの使用量は多めと考えられます。過去一年の検針票をチェックしてみるとよいでしょう。

大阪ガス:GAS得プラン

大ガスでは、特定の機器や設備を所有する人を対象としたプランを別途設けています。該当する人であれば、ガスの使用量が一定より多くなると料金が下がるため、大ガスの一般料金よりもこちらのプランを利用した方が料金が安くなります。

家庭用ガスコージェネレーションシステム(エネファーム・エコウィル)と使用しているガス機器によって、さらに割引きも用意されています。

大阪ガスのGAS得プラン
マイホーム発電エネファームやエコウィルを使っている人対象としたプラン
床暖料金ガス温水床暖房を利用している人を対象としたプラン
ハウス空調料金ハウス空調を利用している向けの料金プラン

大阪ガスの電気 - 料金とプラン内容

上戸彩のコマーシャルでおなじみの大阪ガスの電気料金プラン。大阪ガスの都市ガスとセットで申し込む人が対象となる「ベースプランA-G」、そして大阪ガスの都市ガス契約のない、つまり大阪ガスの電気の申し込みだけを対象とした「ベースプランG」が主なプランとなっています。エネファームやエコウィルを利用している人向けには、「家庭用ガス発電プラン」があります。

いずれも、関西電力の従量電灯Aのプランの料金構成に沿ったプランです。

大阪ガスの電気料金一覧
料金プラン名内容内容内容
ベースプランA-G
  • 大ガスの都市ガスを契約している人向け
  • 契約数の最も多い一般家庭向けのプランです。
  • 1kWhあたりの料金単価(従量料金)は季節や時間帯によって変わることはありません。
関西電力の従量電灯Aプランに相当するプラン
ベースプランA
  • 大ガスの都市ガスを使っていない。(LPガスを利用している人など)
  • 1kWhあたりの料金単価は季節や時間帯によって変わることはありません。
ベースプランB-G
  • 大ガスの都市ガスを契約している向けのプラン
  • 1kWhあたりの料金単価は季節や時間帯によって変わることはありません。
関西電力の従量電灯Bプランに相当するプラン
ベースプランB
  • 大ガスの都市ガスを使っていない。(LPガスを利用している人など)
  • 1kWhあたりの料金単価は季節や時間帯によって変わることはありません。
大阪ガス

大阪ガスの電気料金:ベースプランA-G

分かりやすいように大ガスの料金を関西電力従量電灯Aのプランと比べてみました。関西電力よりも料金が安いことが分かります。

大阪ガス・ベースプランA-G:関西電力・従量電灯Aとの比較
関西電力:従量電灯A大阪ガス:ベースプランA
最低料金
電力量料金
15kWhまで522.58円15kWhまで466.57円
15kWh - 120kWh20.21円15kWh - 120kWh20.21円
120kWh - 300kWh25.61円120kWh - 350kWh24.80円
300kWh以上28.59円350kWh以上27.72円

大阪ガスの電気料金:ベースプランA

ベースプランAは大ガスの都市ガスを利用していない人向けのプランです。それでも関西電力の料金プランよりも安いことが分かります。

大阪ガス・ベースプランA:関西電力・従量電灯Aとの比較
関西電力:従量電灯A大阪ガス:ベースプランA
最低料金
電力量料金
15kWhまで522.58円15kWhまで466.57円
15kWh - 120kWh20.21円15kWh - 120kWh20.21円
120kWh - 300kWh25.61円120kWh - 350kWh24.80円
300kWh以上28.59円350kWh以上28.01円

プラスアルファのついた大ガスの電気料金

大阪ガスの電気料金には、アマゾンのヘビーユーザー、アマゾンプライムのついているプラン、ラジオ派の方に魅力的なraido(ラジコ)プランなど、プラスのサービスがくっついた電気料金プランもあります。

すでに大阪ガスの電気を契約中の人は、マイページにログインして、これらのスタイルプランに変更をすることができます。

大阪ガスの電気料金プラン - スタイルプランの一覧
プラン名内容
スタイルプランS
  • 住ミカタ・保証パックのサービスが契約期間中ついてくる。
  • 住ミカタ・保証パックを別に申し込むよりもおトクな料金設定になっている。
スタイルプランP
  • アマゾンプライムの年会費を大阪ガスが負担
  • 電気料金そのものは安くなっていない
  • 相談・申し込み電話番号:0120-121-322(月~土 8:00~21:00 / 日・祝 9:00~21:00)
スタイルプランd
  • 電気料金は、関西電力の従量電灯Aと同じ
  • 電気代に応じてdポイントが貯まる。
スタイルプランE
  • CO2の排出量が実質0のE-ZEROプラン、エネファームによる高効率分散型発電で作られた電気、E-SHAREの2種類
ウィズradikoプラン
  • radikoプレミアムの年会費を大阪ガスが負担
  • 電気料金そのものは安くなっていない
  • 相談・申し込み電話番号:0120-100-951(月~土 8:00~21:00 / 日・祝 9:00~21:00)

大阪ガスの電気・都市ガス申し込み・問い合わせ連絡先

大阪ガスのコールセンター、グッドライフコール:0120-000-555受付時間 8:00~21:00(日祝 9:00~21:00)では、大阪ガスの都市ガスおよび電気について相談、申し込みを受け付けています。

申し込みは、大ガスのホームページ上のオンラインフォームからももちろん可能です。実店舗のある大阪ガス サービスショップ・くらしプラスでも同じ申し込みを受け付けています。

大阪ガスの会社概要

大阪ガスの会社概要
社名大阪ガス株式会社
英訳名Osaka Gas Co.,Ltd.
本社所在地〒541-0046 大阪市中央区平野町四丁目1番2号
設立1897年4月10日(事業開始:1905年10月19日)
資本金1,321億6,666万円
主な事業内容ガスの製造、供給および販売
LPGの供給および販売
電力の発電、供給および販売
ガス機器の販売
ガス工事の受注
従業員数[ 単体 ] 5,392名(執行役員・理事・嘱託含む、出向者除く)
[ 連結 ] 20,224名
ガス供給件数[ 連結 ]555万件
[個別]568万件

(2015年12月現在)

沿革

大阪ガスは、1897年に資本金35万円で設立。1905年に近畿地方の3,351戸へガスの供給を開始しました。

2015年現在、大阪ガスは、東京ガス東邦ガス西部ガスと並ぶ4大一般ガス事業者のひとつであり、販売量では東京ガスに次ぐ全国2位(シェア24%)を誇っています。

また、2016年からは、電力小売全面自由化を契機に電力小売事業に参入しています。2018年4月には、中部電力と共同出資によりCDエナジーダイレクトという電気の小売販売を行う新しい会社を設立し、首都圏(東京電力エリア)での販売もスタートしています。

事業内容

大阪ガスのガス供給事業

2015年現在、大阪ガスは下記のエリアへガス供給をしています。

大阪ガスの自社導管によるガス供給エリア近畿2府4県(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県)の79市、33町

大阪ガスのLPG、LNG、産業ガス事業

大阪ガスはリキッドガスグループを通じて、LPG・LNG事業として液化天然ガス(LNG)の輸送・販売、液化石油ガス(LPG)の販売・メンテナンスを行っています。

また、大阪ガスは各種高圧ガスの製造・販売、高純度メタンの製造・販売、水素オンサイトなど産業ガス事業も展開しています。

大阪ガスのガス機器販売・メンテナンスサービス事業

大阪ガスでは、「大阪ガスサービスショップくらしプラス」をはじめとするサービスチェーンを展開して、潜熱回収型燃焼式給湯器エコジョーズやガスファンヒーター、Siセンサーコンロといったガス機器を販売・リースするとともに、メンテナンスサービスも提供しています。

 

 

【関連記事を見る】 大阪ガス

電気料金の改定について2023年4月および6月各地の大手電力会社が電気料金の値上げを行いました。 新料金についての詳細はこちらをご覧ください。
 大手電力会社の電気料金改定について詳しく見る