You are here

電気料金はクレジットカードで払った方がお得?

各電力会社は電気料金の支払い方法として、月54円の割引がある口座振替を勧めていますが、クレジットカードで支払った場合のポイントの方がお得な場合もあると聞きます。果たしてどちらがお得なのか、検証してみました。

電気料金はクレジットカードで払った方がお得?
  • 電気料金はクレジットカードで払った方がポイントの分お得になります。
  • 電気料金プランを変更した方がでおトクになる可能性はもっと高い!

クレジットカード支払いの特典

電気料金の支払い方法には大きく分けて、口座振替クレジットカード支払い振込用紙による現金支払いがあります。大抵の場合、大手電力会社10社は口座振替を勧めており、うち7社は口座振替割引(月54円)を適用しています。

しかし、クレジットカードによる支払いも、カード会社のポイント還元サービスなどの特典を上手く利用すると、電気料金の一部がポイントとして還元されたりキャッシュバックされるなど、最終的に電気代を安くすることに繋がります。そのためにはクレジットカードの上手な特典利用法を知っておく必要があります。

クレジットカードのポイント還元率は0.5~1%程度であることがほとんどです。それぞれの場合の電気料金の金額別還元率を見てみると、以下のようになります。

ポイント還元率別電気料金削減可能額
電気料金(円) 0.5%の場合(単位・円、カッコ内は年間) 1%の場合(単位・円、カッコ内は年間)
3,500 17.5(210) 35(420)
5,000 25(300) 50(600)
8,000 40(480) 80(960)
11,000 55(660) 110(1320)
14,000 70(840) 140(1680)
17,000 85(1020) 170(2040)
20,000 100(1200) 200(2400)
23,000 115(1380) 230(2760)

ポイント還元サービスはほとんどのクレジットカードに備わっていますが、カードによっては請求の際に自動的に請求額を値下げしてくれるキャッシュバックサービスが付いているものもあります。このキャッシュバック率によっては、電気料金がさらに安くなります。

口座振替割引との比較

電気料金の支払い方法でメジャーな手段として、口座振替があります。

口座振替のメリットは何と言っても口座振替割引です。ただし、この割引サービスを行っているのは既存の大手電力会社10社中7社に限られており、北海道電力東北電力沖縄電力の3社は口座割引サービスを行っていません。したがって、この3社と電気供給契約を結んでいる場合は、カード支払いにしたほうが、少額とはいえ、ポイントサービス分お得ということが出来ます。

電気料金はクレジットカードで払った方がお得? 口座振替割引との比較
電気料金
支払い額
ポイント還元率0.5% ポイント還元率1% ポイント還元率1.5% 口座振替割引
54円
3.000円 15円 30円 45円 54円
4.000円 20円 40円 60円 54円
5.000円 25円 50円 75円 54円
6.000円 30円 60円 90円 54円
7.000円 35円 70円 105円 54円
8.000円 40円 80円 120円 54円
9.000円 45円 90円 135円 54円
10.000円 50円 100円 150円 54円
11.000円 55円 110円 165円 54円
12.000円 60円 120円 180円 54円

口座振替とクレジットカード支払いのどちらがお得か検討を要するのは、口座振替を行っている電力会社と契約している場合です。新電力の中には、口座振替をしていない会社もありますのでご注意ください。

上記の表に見られるように、電気料金の額そのものが低い場合、クレジットカードのポイントは口座振替割引の54円(年間648円)を下回ります。しかも、口座振替サービスは支払額そのものが減額されますが、クレジットカードのポイントはまず料金額を支払ってから他サービスや商品、現金として戻ってくるため、使い勝手は多少異なります。

そのほかに口座振替とクレジットカード支払いの異なる点は、電気料金が引き落とされる日でしょう。口座振替の引き落とし日は通常、検針日から10日目ですが、クレジットカードではカード会社やカードの種類によって異なります。

各世帯のそれぞれの事情によって、どちらが良いかは異なってくるでしょう。

クレジットカード支払いの方がお得な場合とそうでない場合

電気料金はクレジットカードで払った方がお得かどうか、クレジットカード支払いの方がポイントサービスなどによって電気料金が安くなるかどうかは、毎月の電気料金の額、そしてポイント還元率の大小に左右されると言えます。

0.5%の場合は毎月の電気代が11,000円超、1%の場合は5,500円超が、クレジットカード支払いのメリットをもたらす最低電気料金であるといえます。

電気料金はクレジットカードで払った方がお得?

電気料金はクレジットカード払いがよい? - クレジットカード支払いはポイント還元率をチェック!

もっともこれは電気料金の支払いのみに焦点を絞って考えた場合です。

その他の公共料金をまとめてクレジットカード支払いにしていたり、ショッピングにも多用するご家庭では、クレジットカードによる支払い総額がクレジットカードの特典を最大限活用しや方がお得かもしれません。

他方、クレジットカードで支払うのが電気料金のみである場合は、カード年会費の方が高くついてしまうという事態になりかねません。

毎月の電気料金はもちろんのこと、どれくらいの額を毎月クレジットカードで支払っているかを考慮して、お得な電気料金の支払い方法を選びましょう。

もっと安い電気料金の支払い方法は?

電気料金はクレジットカードで払った方がポイントの分お得になりそうだという事はわかりました。

それではさらに電気料金を安くする方法はないでしょうか? ずばり、電気料金を今切り替えることで電気料金をさらに安くすることができます

例えばHISのでんき(HTBエナジー)の電気料金ならば、大手電力会社より5%安い電気料金を提供している上にクレジットカードでの支払いもできますので、ポイントも貯まります。

他の新電力でも、大手電力会社より安い電気料金プランを出している電力会社はたくさんあります。

現在大手電力会社で5000円の電気料金を支払っているならば、HISでんき(HTBエネジー)に切り替えることで、250円も安くなりますので、クジレットカードでどれくらい割引されるのかを考える必要もありません。

電気料金の少しでも減らしたい場合は、電気料金プランの切り替えを検討してみることをおすすめします!

電気料金はクレジットカードで払った方がお得?-まとめ

電気料金はクレジットカードで払った方がポイントの分お得になります。どれくらいお得になるかという、ポイント還元率はクレジットカードにより異なるので、しっかり確認しましょう。

契約の電力会社が口座振替を受け付けていて口座振替割引がある場合、口座振替と比べて電気料金をクレジットカードで払った方がお得になる境界線は、ポイント還元率によって異なるものの、還元率0.5%の場合は毎月の電気代が11,000円超、1%の場合は5,500円超です。

ただし、電気料金プランを変更した方がでおトクになる可能性はもっと高いので、支払い方法だけでなく電気料金プランも見直してみましょう!