引っ越しで電気を申し込む

お引っ越しで新規に電気の申し込みが必要ですか?

電話で申し込みを受け付けています。電気料金のエキスパート、セレクトラにご相談ください。(受付時間:午前10時 - 午後9時)

電気料金・ガス料金の比較

電話で電気・ガスの切替相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります。今よりも安くなる電気・ガスをお探しの方は、オンライン比較エンジンをご利用くださいませ。

中部電力 | 電気料金プランの一覧と会社情報

かつての中部エリアの独占電力会社である中部電力。愛知県、長野県、岐阜県、三重県、静岡(富士川以西)において電気の販売を行っています。中部電力の料金プランは、ポイントがつくプランや時間帯によって料金が変わるプランなどやや複雑で多岐に渡ります。


中部電力の提供する電気料金プラン

中部電力は、電力自由化以前より一般電気事業者として中部エリアの発電・送電・配電を担ってきた地域を代表する電力会社です。

電力自由化以降は、従来からあるベーシックな従量電灯プランに加えて、ポイント付与をアピールした2年契約の新しい電気料金プランやアマゾンプライムが付いてくるプランなど、多様な電気料金プランの展開を行っています。

中部電力の電気料金プラン一覧

以下の表は中部電力が中部エリアで提供している電気料金プランをまとめたものです。プラン名をクリックすると料金表をご覧いただけます。

中部電力の電気料金プラン
料金プラン 概要
従量電灯B 電力自由化以前からあるもっともスタンダードな料金プラン。契約アンペア容量が10~60Aの方が対象。
従量電灯C 電力自由化以前からあるもっともスタンダードな料金プラン。契約容量が6kVA以上の方が対象。
スマートライフプラン 使用する日時によって電力量料金が変化するプラン。午後10時~翌午前8時の電力量料金が最も安い。
スマートライフプラン(朝とく) 使用する日時によって電力量料金が変化するプラン。午後11時~翌午前9時の電力量料金が最も安い。
スマートライフプラン(夜とく) 使用する日時によって電力量料金が変化するプラン。午後9時~翌午前7時の電力量料金が最も安い。
ポイントプラン(2年契約) カテエネポイントを電気料金の支払いに利用できるプラン。2年間の継続利用が条件。契約アンペア容量が10~30Aの方が対象。
おとくプラン(2年契約) カテエネ会員になると毎月カテエネポイントが153P貯まるプラン(非会員は102P)。カテエネポイントは電気料金の支払いに利用できる。2年間の継続利用が条件。契約アンペア容量が40~60Aの方が対象。
とくとくプラン(2年契約) カテエネ会員になると毎月カテエネポイントが153P貯まるプラン(非会員は102P)。カテエネポイントは電気料金の支払いに利用できる。2年間の継続利用が条件。契約容量が7kVA以上の方が対象。

従量電灯B

電力自由化以前からある、もっともスタンダードな一般家庭向けのプランです。基本料金はアンペア毎に7段階に、電力量料金は使用量で3段階に分かれています。

中部電力-従量電灯B(税込)
契約アンペア数 基本料金
10A 286.00円
15A 429.00円
20A 572.00円
30A 858.00円
40A 1144.00円
50A 1430.00円
60A 1716.00円
電力消費量 電力量料金(1kWhあたりの値段)
0~120kWhまで 21.07円
120kWhを超えて300kWhまで 25.54円
300kWh以上 28.49円

従量電灯C

電力自由化以前からある、もっともスタンダードなプランのひとつです。料金設定は基本的に従量電灯Bと同様ですが、従量電灯Bよりも電気の使用量の多い家庭や、もしくはオフィスなどを対象としたプランです。

中部電力-従量電灯C(税込)
契約kVA数 基本料金
1kVAあたり 286.00円
電力量消費量 電力量料金(1kWhあたりの値段)
0~120kWhまで 21.07円
120kWhを超えて300kWhまで 25.54円
300kWh以上 28.49円

スマートライフプラン

1kWhあたりの電気料金が、電気の使用時間帯、そして平日か週末かによって変化するプランです。 電気代の安くなる時間帯に集中して電気を使うことができる場合、節約が期待できます。 午後10時~翌午前8時までの料金が一番安くなり、逆に平日の昼間などは料金が従量電灯よりも高く設定されています。

中部電力-スマートライフプラン(税込)
契約kVA数 基本料金
最初の10kVAまで 1487.04円(1契約あたり)
10kVAをこえる1kVAにつき 286.00円(1kVAあたり)
電力消費時間帯 電力量料金(1kWhあたりの値段)
デイタイム 38.71円
@ホームタイム 28.52円
ナイトタイム 16.30円
スマートライフプランの時間帯区分
  • デイタイム:平日のみ 午前10時~午後5時
  • @ホームタイム:平日 午前8時~午前10時、午後5時~10時
             土日祝日 午前8時~午後10時
  • ナイトタイム:毎日 午後10時~翌日午前8時

スマートライフプラン(朝とく)

スマートライフプラン(朝とく)は、1kWhあたりの電気料金が、電気の使用時間帯および平日か週末かによって変化するプランです。 電気代の安くなる時間帯に集中して電気を使うことができる場合、節約が期待できます。 午後11時~翌午前9時に一番安くなり、逆に平日の昼間などは料金が従量電灯より高く設定されています。

中部電力-スマートライフプラン(朝とく)(税込)
契約kVA数 基本料金
最初の10kVAまで 1487.04円(1契約あたり)
10kVAをこえる1kVAにつき 286.00円(1kVAあたり)
電力消費時間帯 電力量料金(1kWhあたりの値段)
デイタイム 38.71円
@ホームタイム 28.52円
ナイトタイム 16.30円
スマートライフプラン(朝とく)の時間帯区分
  • デイタイム:平日のみ 午前10時~午後5時
  • @ホームタイム:平日 午前9時~午前10時、午後5時~午後11時
             土日祝日 午前9時~午後11時
  • ナイトタイム:毎日 午後11時~翌日午前9時

スマートライフプラン(夜とく)

1kWhあたりの電気料金が、電気の使用時間帯および平日か週末かによって変化するプランです。 スマートライフプラン(夜とく)の場合、料金単価が一番安くなるのが午後9時~翌午前7時に設定されています。 逆に平日の昼間などは料金が従量電灯よりも高く設定されていますから、夜の時間帯に電気の使用を移すことができるご家庭なら電気代が安くなる可能性があります。

中部電力-スマートライフプラン(夜とく)(税込)
契約kVA数 基本料金
最初の10kVAまで 1487.04円(1契約あたり)
10kVAをこえる1kVAにつき 286.00円(1kVAあたり)
電力消費時間帯 電力量料金(1kWhあたりの値段)
デイタイム 38.71円
@ホームタイム 28.52円
ナイトタイム 16.30円
スマートライフプラン(夜とく)の時間帯区分
  • デイタイム:平日のみ 午前10時~午後5時
  • @ホームタイム:平日 午前7時~午前10時、午後5時~午後9時
             土日祝日 午前7時~午後9時
  • ナイトタイム:毎日 午後9時~翌日午前7時

ポイントプラン(2年契約)

中部電力のポイントプラン(2年契約)は、従量電灯Bと同じ料金設定です。2年契約にすることで、カテエネポイントを電気料金の支払いに利用することができます。 またアンペア容量が10-30Aまでとなっていますので、電気の使用量の少ない、例えば一人暮らしの家庭などがこのプランの対象者となります。(従量電灯Bでは、60Aまでの契約が可能です。)

中部電力-ポイントプラン(税込)
契約アンペア数 基本料金
10A 286.00円
15A 429.00円
20A 572.00円
30A 858.00円
電力消費量 電力量料金(1kWhあたりの値段)
0~120kWhまで 21.07円
120kWhを超えて300kWhまで 25.54円
300kWh以上 28.49円
  • 最低月額料金(1契約あたり):258.50円

おとくプラン(2年契約)

おとくプランは、電気料金自体は、中部電力の従量電灯B・Cと変わりません。しかしながら、カテエネ会員になることで毎月150P分のカテエネポイントがもらえます。もしくはその分電気料金が安くなります。 カテエネプラン会員でなくても100円毎月割引があります。 ただし、対象者は40-60Aの契約者に限ります。

中部電力-おとくプラン(税込)
契約アンペア数 基本料金
40A 1144.00円
50A 1430.00円
60A 1716.00円
6kVA 1716.00円
電力消費量 電力量料金(1kWhあたりの値段)
0-120kWhまで 21.07円
120kWhを超えて300kWhまで 25.54円
300kWh以上 28.49円

とくとくプラン

カテエネ会員であれば、とくとくプラン(2年契約)にすることで、カテエネポイントが毎月150P付与、もしくは150円割引になります。 一方、従量電灯Cの120kWhまでの料金単価(一段階目)が、0.5円高くなる一方、従量料金の3段階目、300kWh以上電気を使用した際の料金が1.4円安くなるプランです。

つまり、毎月300kWh以上電気を使用するご家庭であれば、おとくプランにすることで、中部電力の従量電灯Cよりも料金を安くすることができるでしょう。

中部電力-とくとくプラン(税込)
契約kVA数 基本料金
1kVAにつき 286.00円
電力消費量 電力量料金(1kWhあたりの値段)
0-120kWhまで 21.57円
120kWhを超えて300kWhまで 25.54円
300kWh以上 27.06円

中部電力のオプションプラン

中部電力では、多様な電気料金プランを提供しているほか、これらの電気料金プランとセットで申し込めるオプションプランも用意しています。

暮らしサポートセット

中部電力の電気料金のうち、対象となるプランを申し込み、加えて毎月月額300円(税込)を支払うことで、おうちにまつわる様々なサポートが無料で受けられるプランです。 サービス内容としては、「電気の駆けつけサービス」「水回りやカギ、ガスのトラブルサポート」「在宅確認サポート」などがあります。作業時間が60分以内は無料で、対応も24時間365日対応です。

さらに、介護やパソコンに関して電話での相談サービス、ハウスクリーニング等の割引サービスもあります。 暮らしサポートプランの対象となる電気料金プランは「ポイントプラン」、「おとくプラン」、「とくとくプラン」、「スマートライフプラン」、「スマートライフプラン for スマート・エアーズ」、「3時間帯別電灯」、「時間帯別電灯」、「ピークシフト電灯」です。

暮らしサポートセットの申し込みは、中部電力のカテエネのご自身のアカウントでの手続きの他、電話でも申し込みが可能です。

中部電力 - 暮らしサポートセット 電話申し込み電話番号:0120-002-758 受付時間:午前9時から17時(土日祝日を除く)

forAPプラン

中部電力の指定の電気料金プランを申し込むとAmazonプライムがついてくるというプランが、このforAPプランです。中部電力の料金プランと、アマゾンプライムを別々に申し込むよりも、ポイントの付与などによりお得になるプランです。 forAPプランが有効になるプランは、「ポイントプラン」、「おとくプラン」、「とくとくプラン」、「スマートライフプラン」、「スマートライフプラン for スマート・エアーズ」、「3 時間帯別電灯」、「時間帯別電灯」、「ピークシフト電灯」になります。

申し込みに関しては、まず、中部電力のWEBサイト「カテエネ」の会員登録をする必要があります。また、カテエネの会員になると、紙媒体の検針票ではなくオンラインでの明細確認になる点を理解しておきましょう。

また、上記のプラン以外のプラン、例えば従来の電気料金プラン「従量電灯」にプラン変更をした場合は、Amazonプライムの特典はなくなります。適用期間(1年間)にプラン変更した場合、375円x残存月分の違約金がかかりますから注意をしましょう。

中部エリアで選べる電力会社

ここまでで見てきたとおり、規制料金がなくなった電力自由化以降、中部電力は従来になかったユニークで多様なプランの提供を開始しました。同時に、中部電力以外にも、新しい電気料金プランを提供する電力会社がたくさん出てきました(新電力)。電力自由化によって、新しい会社も電力市場に参入できるようになったからです。

そのため今日の電力市場には、料金設定の違う様々な電気料金プランが出回っています。ですから、自分の電気使用状況に合った電気料金プランを探して選べば、今より電気代が節約できる可能性が高いと言えます。

中部エリアで供給している新電力の例
Looopでんき
Looopでんき Looopでんき基本料金ゼロ円、従量料金一段階のシンプルなプランを提供。極端に電気使用量が少ない方以外、中部電力の従量電灯プランと比べて電気料金が安くなる。電気使用量が多いほどお得度が大きくなる。
リミックスでんき
リミックスでんき リミックスでんき中部電力の従量電灯プランより電気料金が5%オフになるプランを提供。電気の使用量が少ない人でも必ず安くなる。
ソフトバンクでんき
ソフトバンクでんき ソフトバンクでんきの「おうちでんき」は、インタ―ネットやモバイルプランとセットにすることで割引になる。通信費が1回線につき100円割引(最初の2年)になり、電気料金が中部電力の従量電灯プランと比べて1%安くなる。再生可能エネルギーを多く使った「自然でんき」も提供。
あしたでんき
あしたでんき あしたでんきの「標準プラン」は基本料金ゼロ円、従量料金一段階のシンプルプランで、電気使用量が多いほど中部電力の従量電灯プランと比べて割安になる。700kWh以上使用の方にお得な「たっぷりプラン」も用意。
エルピオでんき
エルピオでんき プロパンガス会社のエルピオが提供するエルピオでんき。中部電力エリアでは、基本料金と120kWh以上の従量料金が中部電力の従量電灯と比べて安い「スタンダードプランS」と、基本料金・従量料金ともに中部電力の従量電灯と比べて安い「スタンダードプランL」がある。
HTBエナジー(HISのでんき)
HTBエナジー(HISのでんき) HTBエナジー(HISのでんき)は、使用量が少なくても中部電力の従量電灯プランより安くなる「ウルトラ20・30・40」を提供。使用量が多い家庭がお得になりやすい「プライム50・60」もある。
エネワンでんき
eneone プロパンガス会社のサイサンが手掛けるエネワンでんき中部電力の従量電灯プランと比べて基本料金と120kWh以上の従量料金が安いプランを提供。プロパンガスとセットで月200円割引になる。
ENEOSでんき
ENEOSでんき ENEOSでんきは、電気使用量に関わらず、中部電力の従量電灯より従量料金が安い。また、ENEOSカードの利用者にはガソリン・経由・灯油割引などの特典がある。
楽天でんき
楽天でんき 楽天でんきは基本料金ゼロ円、従量料金一段階のシンプルプラン。中部電力の従量電灯プランと比べて電気使用量が多いほどお得になりやすい。電気の使用で楽天ポイントが貯まる

セレクトラの電気料金比較ツールなら、今より安くなる電気料金プランを簡単に調べることができます。ぜひご活用ください。

中部電力の首都圏向け電気料金

中部電力は電力自由化を機に、関東エリアでも電力の販売を開始しました。したがって、関東に住んでいても中部電力の電気料金プランに申し込むことができます。ずっと中部電力を利用して来た人ならば、進学や転勤、就職等の理由により関東に引っ越した方でも、引き続き中部電力を利用したいという人も多いでしょう。そんな方には、中部電力の「カテエネプラン」が用意されています。このプランは、東京電力の従量電灯BおよびCに該当するプランです。

カテエネプラン(関東エリア)

中部電力-カテエネプラン(税込)
契約電力 基本料金
1kVAにつき 267.66円
電力消費量 電力量料金(1kWhあたりの値段)
0-120kWhまで 19.78円
120kWhを超えて300kWhまで 25.47円
300kWh以上 26.48円

中部電力の会社概要

中部電力は、名古屋市東区に本社を置く電力会社です。発電設備としては、火力発電10カ所、水力197か所、原子力(浜岡)1か所、風力1か所、太陽光3か所を有しています。発電力の力としては、34,585千kWとなっています。 2019年には、既存の火力発電事業を、株式会社JERAへ移行しました。株式会社JERAは、中部電力グループと中部電力が共同設立企業で、燃料の調達や、国内・海外の発電事業を共同で行っています。

中部電力の歴史太平洋戦争終結後、1950年11月24日に連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)がポツダム命令を発令し、日本で電気事業再編成令と公益事業令が公布。
1951年5月1日、松永安左エ門(電気事業再編成審議会委員長)がGHQを説得し、当時の国会決議より効力が強かったGHQポツダム政令によって、戦時統合で発足していた中部配電(株)の配電部門と日本発送電(株)の発電・送電部門を再編成し、発電から配電までを行う電力一貫管理会社として中部電力が設立されました。

中部電力の新たな事業体制

中部電力の火力発電事業の一切は、新会社のJERAに移管されました。さらに2020年4月には、中部電力の送配電分と販売部門も、それぞれ別会社として分社化が行われます。(電力システム改革・送配電分離) 販売(小売り)に関しては、中部電力ミライズが、送配電事業に関しては、中部電力パワーグリットの2社がそれぞれ業務を担当とします。いずれも中部電力グループではありますが、別会社になります。

2018年度 中部電力の販売電力量
中部電力株式会社(持株会社) 中部電力ロゴ ・グループ経営管理 ・原子力事業 ・再生可能エネルギー事業 等
中部電力パワーグリッド株式会社
(送配電事業)
中部電力ロゴ 一般送配電事業 等
中部電力ミライズ株式会社(販売事業) 中部電力ロゴ ・電気販売事業 ・ガス事業 等

中部電力の再生可能エネルギー

中部電力では、2030年頃までに、200万kW以上の再生可能エネルギーの新規開発を目標としています。目標としては、以下を会社案内上で挙げています。

  • 2020年 四日市バイオマス
  • 2021年 黒川平水力 他2か所
  • 2022年 清内路水力
  • 2024年 安倍川水力

中部電力の電力供給事業

2018年度 中部電力の販売電力量
低圧 38,787百万kWh
高圧・特別高圧 82,644百万kWh
合計121,431百万kWh

中部電力の発電事業

中部電力は事業地域およびその周辺に発電所を構え、火力を主力とした発電事業を行っています。

2019年4月からは、すべての火力発電事業は株式会社JERA(中部電力と東京電力によって節理)が行っています。

2018年度 中部電力の発電事業内容
総出力 合計 212ヶ所 33,490,560kW
電源構成比 火力発電所 汽力 9ヶ所、24,375,400kW
内燃力 1ヶ所、400kW
10ヶ所、24,375,800kW
水力発電所 197ヶ所、5,459,260kW
原子力発電所 1ヶ所、3,617,000kW
風力発電所 1ヶ所、22,000kW
太陽光 3ヶ所、16,500kW

関連する記事を見る