You are here

北海道電力:電気料金メニュー

北海道電力:コールセンター電話番号

北海道電力の新しい電気料金メニューの特徴についてまとめました。

電力小売自由化がスタートし、北海道電力からも新しい電気料金メニューがはじまっています。電力小売自由化以前からある電気料金で変わらず契約できるもの、まったく新しいタイプの電気料金も登場しています。北海道電力の新プランを含めた電気料金メニューを、特徴ごとに一覧にまとめました。

もちろん、電力自由化なので、これからは北海道電力以外の電力会社と電気料金を契約することもできるようになります。新電力による新しい電気料金について紹介していますので、ぜひ比較検討してみてください!

北海道電力の電気料金メニュー

夜間割引=夜間割引料金あり季節料金=季節料金あり週末祝日料金=週末祝日料金あり時間帯料金=時間帯料金あり

北海道電力の電気料金メニュー
主な電気料金
メニュー
概要
従量電灯B・C
  1. 電力小売自由化以前からあるスタンダードな電気料金メニューで、現在最も契約数の多いプランです。
  2. 電力量料金は、使用する時間帯と関係なく、使用量によって3段階に設定されています。
  3. 契約するアンペア数(10Aから60A)によって変わります。

eタイム3
[Sプラン]

夜間割引時間帯料金
  1. オール電化向け(IHクッキングヒーターを使用)の電気料金です。
  2. 1日を3つの時間帯に分けて料金設定したメニューです。夜間時間・朝晩時間・午後時間があります。
  3. 22時から翌朝8時までおトクな夜間料金になります。
エネとくLプラン
  1. 電力量料金が400kWhまで定額で、400kWhをこえる分は従量料金となるメニューです。
  2. 毎月の電気料金の使用量は400kWh以上の方向けの電気料金プラン。

北海道電力のホームページ(HP)上では、電気の契約内容や使用量などを入力するだけで、月額の電気料金を試算できるシュミレーションサービス機能があります。さらに、現在の契約種別での電気料金から、ほかの契約種別にした場合の電気料金、さらにどのように電気を使用したらどれくらい節電できるかを推算するメニューもあり、利用価値は大です。それぞれのシミュレーション機能の利用法を説明します。


電気料金シミュレーションの利用方法

北海道電力HP上で電気料金のシミュレーションをする際、必ず必要となるのが北海道電力からの「電気ご使用量のお知らせ」(検針票)です。シュミレーションする際は、必ずこの検針票を用意してから臨みましょう。

シミュレーション

シミュレーションの仕方はとても以下の順序で行います。

  1. 契約メニューを選択します。
  2. 電気ご使用量などを入力します。
  3. 電気料金の試算結果が表示されます。

シミュレーション可能な契約メニュー

北海道電力HP上で電気料金シミュレーションができる契約メニューは全部で10メニューあります。現在契約しているメニューをクリックして、契約容量電気使用量など、必要情報を入力していき、「計算スタート」ボタンをクリックします。

シミュレーション可能な契約メニュー
従量電灯B 従量電灯C
低圧電力 時間帯別電灯(ドリーム8
ピーク抑制型時間帯別電灯(ドリーム8エコ 3時間帯別電灯(eタイム3
融雪用電力A(ホットタイム19) 融雪用電力B(ホットタイム22)
融雪用電力L(ホットタイム22ロング) 深夜電力B

サービスの利用可能時間は毎日午前6時15分から翌午前3時30分までです※ なお、システムメンテナンスなどで、予告なしにサービスを停止する場合もあります。

契約変更シュミレーションの利用方法

北海道電力のHP上には、契約メニューを変更した場合の電気料金比較することができる、便利な「ご契約メニュー変更シュミレーション」のページが用意されています。ただし、利用は従量電灯Bまたは従量電灯Cから下記のご契約メニューに変更する場合の試算に限られています。

上記以外の契約メニュー変更に関する試算は、最寄りのほくでんに問い合わせましょう。

契約変更シミュレーション利用上の留意点

シミュレーション

シュミレーション利用時の試算条件・試算結果については次の点に留意する必要があります。

  • 試算結果は、あくまでも当社の試算条件に基づいた想定値であるため、実際の料金とは異なります。
  • 試算結果には消費税等相当額が含まれていますが、燃料費調整額や再生可能エネルギー発電促進賦課金は含まれていません。
  • 各月の月間使用量および昼間、夜間、ピークなどの各時間帯の電気使用量は、入力した月の電気使用量と、一般的な住宅の平均使用量などをもとに、北海道電力の試算条件によって算定されるので、実際の使用量とは異なります。
  • 契約メニュー変更後1年間は、原則として契約メニューを変更することはできません。
  • 契約メニューの変更を希望する場合は、最寄りのほくでんに問い合わせる必要があります。