ご注意:燃料価格の高騰に伴う「燃料費調整額」の増額について 長期化する燃料価格の高騰によって、各電力会社の「燃料費調整額」も高くなっています。ご契約を検討する際には、電力会社の公式サイトにて「燃料費調整額」をご確認ください。また、都市ガスも同様に「原料費調整額」が上昇しています。
 燃料費調整額について詳しく見る

電話で電気・ガス切替相談

【広告】北海道電力エリアで電気の契約が必要ですか?


セレクトラのらくらく窓口では、北海道電力エリアの新電力会社への新規申し込み・切り替えのご相談を承っています。
▷らくらく窓口の営業時間・ご利用方法を確認

【広告】北海道電力エリアで電気の契約が必要ですか?

  • 新電力会社への新規申し込み・切り替えを承っています。
  • 電力会社切り替えのご相談・ご質問もお気軽にどうぞ。


らくらく窓口の営業時間・ご利用方法はこちら

電話で電気・ガス切替相談

【広告】北海道電力エリアの電気のお申し込み


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

【広告】北海道電力エリアの電気のお申し込み


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

北海道電力(ほくでん):お引っ越しの手続き・電気の停止と開始方法

北海道電力の引っ越しに関する手続き

引っ越しで北海道電力(ほくでん)を新しく使う、もしくはやめたい。そんな時はどうすれば良いのでしょうか?電気の引っ越し手続きについて調べました。引っ越しの機会によりお得な電気料金プランへの切り替えもできます。

  • 北海道電力(ほくでん)の電気の引越し手続きは旧住所での「電気使用の停止」と新住所での「電気の開始申込み」です。
  • お引越しと同時により安い電気料金プランに変える事も出来ます。

北海道電力(ほくでん):引っ越しに必要な手続きは?

北海道電力(ほくでん)の電気を契約している人でお引越しが決まっている場合、引越し先がどこであっても「電気契約の停止」の連絡と引っ越し先での「電気開始の申し込み」の手続きが必要です。

北海道電力(ほくでん)エリア内でのお引っ越し、つまり、今も引っ越し後も北海道電力(ほくでん)の電気を使う場合は、「電気の使用停止」と「電気の使用開始」の手続きを一度に行うことが可能です。

北海道電力(ほくでん)の電気の引越しに必要な手続きはインターネットや北海道電力(ほくでん)コールセンター、FAXの3通りの方法で手続きが出来ます。

引っ越し先の電気・ガス:簡単!申し込み【セレクトラのらくらく窓口】では、最短5分で最適なプランをご紹介。引っ越し直前でも大丈夫!今から新規加入できるお客様へぴったりのプランをご案内します。
【セレクトラのらくらく窓口】 ☎ 営業時間:9時-19時 (年末年始除く)
引っ越し先の電気・ガス:簡単!申し込み 今すぐ電話する(0120-710-473)

北海道電力(ほくでん)エリア内でのお引越し

電気の使用停止と開始手続

北海道電力(ほくでん)内での引っ越しの場合、「電気契約の停止」と「電気使用開始の申し込み」は一度に行うことができます。

  • 道内から道内へ:電気の引っ越し手続き
  • 北海道電力(ほくでん)の使用停止・使用開始手続き
北海道電力:引っ越し手続き方法
北海道電力(ほくでん)エリア内でのお引越しの場合「電気契約の停止」と新居での「電気開始の申し込み」が一度に出来ます。

引っ越し先の電力メーターがスマートメーターにすでに切り替わっている場合、電気の契約をしないと電気はつきませんので気をつけてください。引っ越し前までに出来るだけ電気の契約を済ませましょう。

北海道電力(ほくでん)へ電気の使用停止及び新居での開始の連絡する際には、以下の情報が必要です。

  1. 契約者名(契約名義)
  2. メールアドレス(インターネット申し込みの場合)
  3. お客様番号(インターネット申し込みの場合は必須)
  4. 電力使用の停止希望住所と電話番号
  5. 使用停止希望日
  6. それまでの電気料金の清算方法
  7. 電気の使用開始日
  8. 電気を使用する引っ越し先の住所と電話番号
  9. 希望する電気料金プラン
  10. 転居先の電気料金の支払い方法 (口座振替、クレジットカード、振込用紙の中から選択)

「お客様番号」の確認方法北海道電力(ほくでん)での引っ越しの手続きの際には19ケタからなる「お客様番号」が必要です。このお客様番号は「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」や、電気料金領収証などに記載されています。

引っ越しする月の北海道電力(ほくでん)の電気料金は、退出日までを日割りして計算されます。引っ越し当日はブレーカーを落としてから退出しましょう。

引越し先では、電気の契約がきちんと済んでいれば、すぐに電気が使えるようになります。

新居の電力メーターがスマートメーターという新しいタイプの電力メーターになっていて、かつ電気の契約がまだの場合、ブレーカーを「入」にしても電気がつかないこともあるので、すぐに「電気の使用開始」の手続きをする必要があります。

北海道電力(ほくでん)で電気の使用開始の手続きする際には、電気料金プラン、契約アンペア、電気料金の支払い方法(口座振替、クレジットカード、振込用紙)も一緒に変更することができます。

北海道エリアで安い電力会社をお探しですか?北海道エリアでお得な電気料金プランを提供している電力会社はたくさんあります。何かと光熱費のかかる北海道なので、電気料金を節約したいと思ったらぜひチェックしてみましょう。
 北海道エリアのお得な新電力をチェック

北海道電力エリア外へのお引越し

電気の使用停止

道内から道外へお引越しする場合は、北海道電力(ほくでん)への電気の停止の連絡を行い、その後に引っ越し先のエリアの電力会社へ電気の申し込みを行います。

  • 道内から道外へ:電気の引っ越し手続き
  • 北海道電力(ほくでん)の使用停止手続き
  • 道外の電力会社の使用開始手続き

インターネットか、電話もしくはFAXで手続できます。電話の場合は北海道電力:電話番号のページから該当の電話番号を調べておかけください。引越しシーズンは、電話も混みあいます。

北海道電力(ほくでん):電気の使用停止に必要な情報

  1. 契約者名(契約名義)
  2. メールアドレス(インターネット申し込みの場合)
  3. お客様番号(インターネット申し込みの場合は必須)
  4. 電力使用の停止希望住所と電話番号
  5. 使用停止希望日
  6. それまでの電気料金の清算方法
  7. 引っ越し先の住所と電話番号

北海道電力(ほくでん)の解約:インターネットで手続きする

インターネットでの申し込みは北海道電力(ほくでん)のホームページ(HP)から行います。

  1. HP上の「電気のお引越し」欄から「インターネットでのお申し込み」に進み、「電気のご使用廃止のお申し込み」をクリックする。
  2. 電気使用廃止のお申し込みフォームに「お客様情報」と「ご使用廃止情報」を入力する。
  3. 送信したら申し込み完了です。

以下の場合はインターネットでの申し込みが出来ない可能性がありますで注意してください。

  • 現在のご契約の「お客さま番号」および「ご契約種別(料金メニュー)」が不明な場合。
  • 建物などの解体に伴い、電気設備の撤去をご希望される場合。
  • 現在、高圧または特別高圧で受電されている場合。また、高圧または特別高圧での受電を希望される場合。

北海道電力(ほくでん)の解約:電話で申し込む方法

電話で電気の使用廃止(解約)を申し込むにはほくでん契約センターにフリーコールしてください。

ほくでん契約センター 0120-12-6565
営業時間 月~金曜日 午前9時~午後5時、土曜日 午前9時~午後3時
日曜・祝日、年末年始(12月29日~1月3日)は休業

北海道電力(ほくでん)の解約:FAXで手続きする

北海道電力では、FAXでも電気の使用廃止(解約)申し込みを受け付けています。以下の手順で申し込みを行います。

  1. 申込用紙「電気のお引越しFAX申込みのご案内」を入手します。入手するには
    北海道電力ホームページからダウンロードするか、
    ②引っ越しFAX受付案内に電話し、音声ガイダンスに沿って操作します。
  2. この「電気のお引越しFAX申込みのご案内」に必要事項を記入して、に送信します。

FAXでの電気の引っ越し申し込み フリーダイヤル申し込みFAX番号 0120-12-6780
申込用紙「電気のお引越しFAX申込みのご案内」入手のための
引っ越しFAX受付案内 0120-12-6575

なお、以下の場合はFAXでの申し込みが出来ませんので注意しましょう。

  • 申込者が契約名義人と同一人物でない場合。
  • ご使用廃止・開始日の7日前までにお申し込みできない場合(ただし申込み日から使用廃止・開始日までの間に休日(土・日・祝日、12月29日~1月3日)が含まれる場合は、休日を除く7日前まで)。
  • 現在のご契約の「お客さま番号」および「ご契約種別(料金メニュー)」が不明な場合。
  • 建物などの解体に伴い、電気設備の撤去をご希望される場合。
  • 現在、高圧または特別高圧で受電されている場合。また、高圧または特別高圧での受電を希望される場合。

電気の使用開始

北海道の外へ引っ越しをする場合は、お引越し先のエリアを供給エリアとしている電力会社で電気の契約が必要になります。引っ越しと同時に、新電力に切り替えることも可能です。全国には様々な新電力があります。

引っ越し前に電気の申し込みを忘れたら?引っ越し前に電気の申し込みを忘れても、ブレーカーを入れれば電気が使える事も多いです。ただし、引っ越し先がスマートメーターに切り替わっている場合、電気の契約をしないと電気はつきませんので気をつけてください。

引越しを機会に電気・ガス料金を削減したい?セレクトラのらくらく窓口までご相談ください。引っ越し先で申し込めるお得な料金プランをお探しします。
セレクトラのらくらく窓口 ☎ 営業時間:9時-19時 (年末年始除く)
 電話する(0120-710-473)

北海道外から北海道へのお引越し

北海道道外から北海道へ引っ越してきた場合は、それまで利用していた電力会社の使用停止手続きと、北海道電力(ほくでん)を含む北海道電力エリアの電力会社へ使用開始手続きを行う必要があります。

  • 北海道外から北海道内へ:電気の引っ越し手続き
  • 今まで利用していた電力会社の使用停止手続き
  • 北海道の電力会社での使用開始手続き

電気の使用停止

お住まいの地域で契約をしている電力会社に電気契約の停止の連絡をします。連絡の際には、大抵の場合、住所や電話番号、お客様番号と引っ越し日の連絡が必要になります。お客様番号は、どの電力会社であっても、検針票・請求書に記載があります。

電気の使用開始

引っ越し先で北海道電力(ほくでん)の電気を申し込みたい場合は、北海道電力(ほくでん)へ電話かインターネットかFAXで申し込むことが可能です。

  • 北海道電力(ほくでん)の電気使用開始の申し込みの際に必要となる情報
  • 「供給地点特定番号」(使用開始場所のドアポストなどに投函されている「電気のご使用開始手続きのお願い」に記載されていますが、ない場合は空欄のままでも申し込み可能です)
  • 電気の使用を開始する場所の住所、契約名義、連絡先電話番号
  • 電気使用開始の予定日時
  • 申し込みたい電気料金メニューの種別(開始の場合)
  • 今後の電気料金お支払い方法(開始の場合)

北海道電力(ほくでん)の開始:インターネットで申し込む方法

インターネットで申し込む場合は、北海道電力ホームページ上にある「電気使用開始のお申し込み」に必要情報を入力して送信したら申込手続きは完了です。ほくでん契約センターから「電気のお引越し受付のお知らせ」のメールが届きます。

必要情報さえ正確に入力できれば時間を気にせずに申し込めるので便利です。

北海道電力(ほくでん)の開始:ほくでん契約センターに電話して申し込む方法

電話で申し込む場合は、フリーダイヤルのほくでん契約センターに連絡します。ほくでん契約センターでは、電気の使用開始・廃止のほか、契約名義変更やアンペア変更、口座振替も電話で受け付けています。

ほくでん契約センターの電話番号と営業時間0120-12-6565
営業時間 月~金曜日 9時~17時、土曜日 9時~15時
休業日 日曜・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)

  • 北海道電力では電気の使用開始予定日の3営業日前まで申し込みを受け付けていますが、年末年始や春の引っ越し時期にはとくに、早めの申し込みをお勧めします。
  • 通話内容は内容把握とサービス向上のために録音されます。ただし、録音内容は6カ月以内に消去されます。
  • 電話の混雑などで繋がらない場合や、取扱用件以外の問合せ内容を含む場合は、最寄りのほくでんに連絡してください。

北海道電力(ほくでん)の開始:FAXで申し込む方法

「電気のお引越しFAX申し込みのご案内」をほくでん契約センターにファックスして申し込むこともできます。「電気のお引越しFAX申し込みのご案内」は、北海道電力ホームページからダウンロードするか、もしくは引越FAX受付案内(0120-12-6575)に電話し、音声ガイダンスに沿って操作します。なお、FAXでの申し込みは、24時間受け付けています。

ほくでん契約センターFAX番号0120-12-6780
24時間受付

なお、以下の場合はFAXでの申し込みが出来ませんのでご注意ください。

  • ご使用開始日の7日前までにお申し込みできない場合(ただし、お申し込み日からご使用開始日までの間に休日(土日・祝日、12月29日~1月3日)が含まれる場合は、休日を除く7日前まで)。
  • 申し込み人が契約者本人ではない場合。

以上が北海道電力(ほくでん)で利用を開始する手続きになります。

ただし、北海道電力(ほくでん)エリアに引っ越すからと言って、必ず北海道電力(ほくでん)と契約しなければならないか?と疑問に思う方もいるでしょう。2016年4月から始まった電気の小売完全自由化で、一般家庭でも電気契約は自由に選ぶことができるようになりました。北海道電力(ほくでん)エリアで電気を販売している会社は北海道電力以外にもあります。引っ越しの機会に、北海道電力(ほくでん)より少しでも安い電気料金プランが見つけると、新天地で良いスタートが切れること間違いなしです。北海道で選べる電気料金プランはこのページの後半で紹介しています。

引越しを機会に電気・ガス料金を削減したい?セレクトラのらくらく窓口までご相談ください。引っ越し先で申し込めるお得な料金プランをお探しします。
セレクトラのらくらく窓口 ☎ 営業時間:9時-19時 (年末年始除く)
 電話する(0120-710-473)

電気の引っ越しでよくある質問

お引っ越し時によくある電気にまつわる疑問についてまとめました。

 引っ越しした月の電気料金はどのように計算される?

最後の検針日から引っ越し日までに使用した電気使用量が日割りで計算されます。退去日がいつなのか電力会社への連絡を忘れずにしましょう。

退去日に係員に来てもらいその場で精算することも大手電力会社なら可能です。事前の連絡が必要ですので、早めに北海道電力に連絡をしましょう。

 北海道電力エリアからの引越しをする場合、いつまでに手続きをすればいい?

北海道電力の場合、お引っ越しの日から2営業日前~30日前までに手続をします。引っ越し日の2営業日前をもう過ぎてしまった場合、インターネットでは手続きが出来ないため、北海道電力のコールセンターへの電話で申し込んでください。

 引っ越しと同時に名義を変えたい場合はどうすればいい?

結婚や離婚等で引っ越しの時に名義を変える場合は、電力会社への連絡が必要です。大抵の場合、どこの電力会社も名義の変更は電話受付だけとなっています。受付時間を確認して電話をしましょう。すでにオンラインで会員登録をしている場合には各電力会社のフォームから名義変更が可能な場合もあります。

 北海道の外に引っ越しますが転居先でもこれまで使っていた電化製品は使える?

西日本に引っ越しをされる場合は、周波数が異なるので注意が必要です。最近の電化製品は50Hz:ヘルツ、60ヘルツどちらの周波数の地域でも使えるものがほとんどです。ただ、昔の機器では使用できないものもあります。

 引っ越し先での電気契約を忘れてしまった。引っ越し当日は電気は使える?

賃貸住宅の場合、ブレーカーを「入」にすれば、すぐに電気が使える場合がほとんどです。ただし、引っ越し先の電力メーターがスマートメーターでブレーカーを「入」にしても電気がつかない場合は、北海道電力へ「電気の使用開始」の手続きをする必要があります。

北海道電力(ほくでん)エリアで引越しと当時に申し込める新電力は?

引っ越しを機会に北海道電力(ほくでん)以外の電気料金プランも選べるようになりました。

特に北海道では、ガス会社や生協、携帯キャリアから新しく出来た電力会社まで様々な電力会社が魅力的なプランをたくさん出しています。手続方法も簡単です。

北海道で引越しと同時に申し込める電力会社を一覧にまとめています。ご自身に合った電気料金プランを探してみましょう。

北海道電力エリアで選べる新電力一覧
電力会社 特徴
オクトパスエナジー
 公式サイト

オクトパスエナジーのおすすめ度
     

 今なら5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

  • 実質的に再生可能エネルギー100%の電気を供給。
  • 北海道電力よりも電力量料金が安い。
  • 東京ガスの系列企業だから、安心して利用できる。
  • 燃料費調整額に上限がないため、燃料価格高騰時は単価を要確認。

再エネ 一般家庭

 電話で詳細確認&申し込み(0120-164-006)
いちたかガスワン
 公式サイト

エネワン(いちたかガスワン)のおすすめ度
     

  • 電気と都市ガス、電気と灯油をセットにしたプランがある。
  • 北海道電力に比べて、基本料金と電力量料金どちらも安くなる。
  • 燃料費調整額に上限がないため、燃料価格高騰時は単価を要確認。

再エネ 都市ガス 一般家庭

enひかり電気
 公式サイト

enひかり電気

  • 光回線ネット「enひかり」契約者限定の格安電気料金プラン。
  • アンペア数にかかわらず、基本料金が全国一律390円!
  • 電力量料金も一律で、電気使用量が多いほどお得。
  • 沖縄・離島を除く全国で利用できる。
  • 燃料費調整額なし!燃料費高騰にも左右されない安心感。

一般家庭

マークの説明
再生可能エネルギーを利用した電気を利用できる新電力
北海道ガスエリアで都市ガスの販売も行なっている新電力。多くの新電力会社で電気とガスをセットにすることで、割引特典がつきます。
一般家庭向けの料金プランに対応した新電力
マンションや店舗などの、エレベーターや業務用空調機などに利用される動力プランがある新電力

▲リストに戻る

北海道で選べる新電力一覧
octopus  公式サイト
octopus-energy

オクトパスエナジーのおすすめ度
     

  • 実質再エネ100%の電気を供給。
  • 電力量料金が北海道電力よりも安い。
  • 東京ガスの系列企業だから、安心して利用できる。
  • 燃料費調整額に上限がないため、燃料価格高騰時は単価を要確認。

再エネ 一般家庭

電話で詳細確認&申し込み  0120-164-006
 公式サイト
 
いちたかガスワン

エネワン(いちたかガスワン)のおすすめ度
    

  • 電気と都市ガス、電気と灯油をセットにしたプランがある。
  • 北海道電力に比べて、基本料金と電力量料金どちらも安くなる。
  • 燃料費調整額に上限がないため、燃料価格高騰時は単価を要確認。

再エネ 一般家庭

 公式サイト
 
enひかり電気

enひかり電気

  • 光回線ネット「enひかり」契約者限定の格安電気料金プラン。
  • アンペア数にかかわらず、基本料金が全国一律390円!
  • 電力量料金も一律で、電気使用量が多いほどお得。
  • 沖縄・離島を除く全国で利用できる。
  • 燃料費調整額なし!燃料費高騰にも左右されない安心感。

一般家庭

 公式サイト

※燃料価格が高騰している間、燃料費調整額に上限を設けていない電力会社では、北海道電力(ほくでん)の規制料金プラン(従量電灯)と比べて電気代が高くなる可能性があります。申し込み前に、燃料価格の動向と燃料費調整額の単価をご確認ください。

マークの説明

再生可能エネルギーを利用した電気を使用できる新電力

▲リストに戻る

北海道ガスエリアで都市ガスの販売も行なっている新電力。多くの新電力会社で電気とガスをセットにすることで、割引特典がつきます。

▲リストに戻る

一般家庭向けの料金プランに対応した新電力

▲リストに戻る

マンションや店舗などの、エレベーターや業務用空調機などに利用される動力プランがある新電力

▲リストに戻る

更新日