北海道電力 | 電気料金一覧・問い合わせ先・ほくでん基本情報

北海道電力(ほくでん)

北海道電力(ほくでん)は北海道を管轄とする大手電力会社です。一般的な電気料金プランの従量電灯プランから、北海道の気候・季節に合わせたプランまで、取り扱っています。電気料金プランから申し込み方法・問い合わせ先、会社概要までこのページで網羅します。


北海道電力(ほくでん):電気料金プラン一覧

北海道電力(ほくでん)の一般家庭および店舗・事業所向けの主な電気料金プランはこちらになります。各メニューボタンをクリックするとそれぞれの料金表を確認することができます。なお、料金表の金額以外に「燃料費調整額」、「再生可能エネルギー発電促進賦課金」が使用量に応じてかかります。

夜間割引 夜間割引料金あり 季節料金 季節料金あり
週末祝日料金 週末祝日料金あり 時間帯料金 時間帯料金あり
北海道電力:電気料金メニュー
主な電気料金
メニュー
概要
従量電灯B・C
  1. 電力小売自由化以前からあるスタンダードな電気料金メニューで、現在最も契約数の多いプランです。一般家庭・店舗・事業所向け。
  2. 電力量料金は、使用する時間帯と関係なく、使用量によって3段階に設定されています。
  3. 基本料金は契約するアンペア数によって変化します。従量電灯Bは契約アンペア数が60Aまでとなります。従量電灯Cは契約アンペア数が6kVA以上となります。
エネとくLプランB・C
  1. 電力量料金は、400kWhまでは定額料金になっています。
  2. 毎月の電気の使用量が400kWh以上の方向けのプランです。
  3. エネとくLプランBは契約アンペア数が60Aまで、エネとくLプランCは契約アンペア数が6kVA以上となります。
エネとくMプランB・C
  1. 電力量料金は、250kWhまでは定額料金になっています。
  2. 毎月の電気の使用量が250kWh~400kWh程度の方向けのプランです。
  3. <
  4. エネとくMプランBは契約アンペア数が60Aまで、エネとくMプランCは契約アンペア数が6kVA以上となります。
エネとくシーズンプラスB・C
  1. 冬の時期(11月~翌2月末)以外の電力量料金が割安になります。
  2. また、エアコンがあればの台数に関係なく毎月300円を割引かれる「エアコン割引」があります。
  3. エネとくシーズンプラスBは契約アンペア数が60Aまで、エネとくシーズンプラスCは契約アンペア数が6kVA以上となります。
季節料金
eタイム3プラス
  1. 1日を3つの時間帯に分けて料金設定したメニューです。夜間時間・朝晩時間・午後時間があります。
  2. 22時から翌朝8時までおトクな夜間料金になります。
夜間割引
時間帯料金

北海道電力(ほくでん):電気料金表:従量電灯B・C

北海道電力(ほくでん)の従量電灯B・Cプランの料金表は以下の通りです。

北海道電力(ほくでん):従量電灯B:料金表

北海道電力(ほくでん)の従量電灯Bプランは、北海道の最も多くの一般家庭・店舗・事業所等で利用されている電気料金プランです。10A(アンペア)から60A(アンペア)までの契約アンペア数に基づく、毎月固定の基本料金と、毎月の使用量に応じて変化する1kWhあたり電力量料金の二つから成り立ちます。

電力量料金は季節・時間帯を問わず1年中固定です。使用量に応じて金額が3段階になっています。第1段階は120kWhまで、第2段階は120kWhから280kWhまで、第3段階は280kWh以上となります。

段階が3つに分かれているので、計算方法は複雑になります。詳しくはここから確認することができます。

 
北海道電力:従量電灯B(税込)
基本料金
アンペア 容量 10A  
15A  
20A  
30A  
40A  
50A  
60A  
電力量料金(1kWhあたりの値段)

電力消費量(kWh)

  -  kWh  
  -  kWh  
 kWh以上  

北海道電力(ほくでん):従量電灯C:料金表

北海道電力(ほくでん)の従量電灯Cは、従量電灯Bに比べてより多くの電気を一度に利用する方向けのプランです。主に店舗・事業所・大型住宅等で利用されています。契約アンペア数が6kVA以上50kVA以下となります。オフィスビルや工場、公共施設、商業施設などで50kVA以上の電圧が必要な場合は、高圧もしくは特別高圧と呼ばれる電気契約になります。

img

法人向け高圧電力・特別高圧の電気料金がお得に!経費削減情報

オフィス・工場・学校・病院など、法人向け高圧・特別高圧の電気料金プランの場合は、こちらの料金比較サイトでよりお得な電気料金を見つけることができます。

 
北海道電力:従量電灯C(税込)
基本料金
1kVAあたり  
電力量料金

電力消費量(kWh)

  -  kWh  
  -  kWh  
 kWh以上  

北海道電力(ほくでん):電気料金表:エネとくLプラン

 

北海道電力(ほくでん)のエネとくLプランの料金表は以下の通りです。

  • 電力量料金は、400kWhまでは定額料金になっています。
  • 毎月の電気の使用量が400kWh以上の方向けのプランです。
  • エネとくLプランBは契約アンペア数が60Aまで、エネとくLプランCは契約アンペア数が6kVA以上となります。

北海道電力(ほくでん):エネとくLプランB:料金表

 
エネとくLプランB(税込)
基本料金
アンペア 容量 10A  
15A  
20A  
30A  
40A  
50A  
60A  
電力量料金

電力消費量(kWh)

400kWhまで(定額)  
400kWhをこえる分  

北海道電力(ほくでん):エネとくLプランC:料金表

 
エネとくLプランC(税込)
基本料金
1kVAあたり  
電力量料金

電力消費量(kWh)

400kWhまで(定額)  
400kWhをこえる分  

北海道電力(ほくでん):電気料金表:エネとくMプラン

 

北海道電力(ほくでん)のエネとくMプランの料金表は以下の通りです。

  • 電力量料金は、250kWhまでは定額料金になっています。
  • 毎月の電気の使用量が250kWh~400kWh程度の方向けのプランです。
  • <
  • エネとくMプランBは契約アンペア数が60Aまで、エネとくMプランCは契約アンペア数が6kVA以上となります。

北海道電力(ほくでん):エネとくMプランB:料金表

 
エネとくMプランB(税込)
基本料金
アンペア 容量 10A  
15A  
20A  
30A  
40A  
50A  
60A  
電力量料金

電力消費量(kWh)

250kWhまで(定額)  
250kWhをこえる分  

北海道電力(ほくでん):エネとくMプランC:料金表

 
エネとくMプランC(税込)
基本料金
1kVAあたり  
電力量料金

電力消費量(kWh)

250kWhまで(定額)  
250kWhをこえる分  

北海道電力(ほくでん):電気料金表:エネとくシーズンプラス

 

北海道電力(ほくでん)のエネとくシーズンプラスの料金表は以下の通りです。

  • 冬の時期(11月~翌2月末)以外の電力量料金が割安になります。
  • また、エアコンがあればの台数に関係なく毎月300円を割引かれる「エアコン割引」があります。
  • エネとくシーズンプラスBは契約アンペア数が60Aまで、エネとくシーズンプラスCは契約アンペア数が6kVA以上となります。

北海道電力(ほくでん):エネとくシーズンプラスB:料金表

 
北海道電力:エネとくシーズンプラスB(税込)
基本料金
アンペア 容量 30A  
40A  
50A  
60A  
電力量料金(1kWhあたりの値段)
冬期間 200kWhまで(定額)  
200kWhをこえる分(kWh)  
その他期間 200kWhまで(定額)  
200kWhをこえる分(kWh)  
料金割引
エアコン割引 1契約 305.56円

北海道電力(ほくでん):エネとくシーズンプラスC:料金表

 
北海道電力:エネとくシーズンプラスC(税込)
基本料金
1kVAあたり  
電力量料金(1kWhあたりの値段)
冬期間 200kWhまで(定額)  
200kWhをこえる分(kWh)  
その他期間 200kWhまで(定額)  
200kWhをこえる分(kWh)  
料金割引
エアコン割引 1契約 305.56円

北海道電力(ほくでん):電気料金表:eタイム3プラス

 

北海道電力(ほくでん)のeタイム3プラスの料金表は以下の通りです。

  • 1日を3つの時間帯に分けて料金設定したメニューです。夜間時間・朝晩時間・午後時間があります。
  • 22時から翌朝8時までおトクな夜間料金になります。

北海道電力(ほくでん):eタイム3プラス:料金表

北海道電力:eタイム3プラス(税込)
基本料金
6kVAまで・1契約につき  
7kVA,8kVA・1契約につき  
9kVA,10kVA・1契約につき  
10kVAをこえる時・1kVAにつき  
電力量料金(1kWhあたり)
午後時間(午後1時から午後6時まで)  
朝晩時間(午前8時から午後1時まで
毎日午後6時から午後10時まで)
 
夜間時間(午後10時から午前8時まで)  

北海道で選べる新電力会社

北海道電力(ほくでん)以外にも、北海道エリアで利用できる新電力会社はあります。

北海道で利用できる新電力会社
電力会社 特徴
  • 基本料金がゼロ円。従量料金が一段階と最もシンプルで分かりやすいプランを提供。
  • 極端に電気の使用が少ない方以外電気料金が安くなります。
  • 1時間毎の電力使用量や節約額、請求情報等をアプリで簡単にご確認できます。

/td>

Looopでんき 公式サイト
HTBエナジー(H.I.S.のでんき)
  • 北海道電力の従量電灯に該当するプランで、従量料金が3段階になっています。
  • 北海道電力より5%安い料金設定。電気の使用量に限らず値引きが一定なのが分りやすいプラン。
HTBエナジー(H.I.S.のでんき) 公式サイト
親指でんき
  • 基本料金がゼロ円。従量料金も一段階でシンプルなプラン。
  • ペットがいる家庭向けのプランや、ゲーマー向けのプランがある。
親指でんき 公式サイト
J:COM電力
  • J:COMはテレビ・インターネット・モバイル回線などと一緒に利用するとお得になる。
  • 北海道電力の従量電灯に該当するプランがある。
  • 札幌エリアでのみ利用できます
J:COM電力 公式サイト
ソフトバンクでんき
  • おうちでんきは大手電力会社の従量電灯プランより1%安くなる。
  • ソフトバンク・ワイモバイルユーザーならおうちでんき割で毎月100円割引
  • 自然でんきは基本料金ゼロ円・従量料金が1段階のシンプルなプラン。
ソフトバンクでんき 公式サイト
エネワンでんき
  • 北海道電力の従量電灯プランに該当するプランで、基本料金・従量料金がお得になる。
  • LPガスとのセットプランがある。
エネワンでんき 公式サイト
楽天でんき
  • 申し込むだけで楽天スーパーポイント、2000ポイントを獲得できる。
  • 基本料金ゼロ円・従量料金が1段階のシンプルなプラン。
楽天でんき 公式サイト

北海道電力(ほくでん):電気料金の計算方法

私たちが毎月支払っている電気料金は、「基本料金」と「電力量料金」、さらに国からの「再生可能エネルギー発電促進賦課金」を合わせた合計額です。各3構成要素の特徴は下記のようなものです。

電気料金の内訳
基本料金 契約電力(アンペア)または契約電力(キロワット)によって決まります。
電力量料金 使用電力量に基いて算定されますが、算定の際に用いられる燃料費調整単価は、燃料費の変動に応じて加算あるいは差し引いて計算されます。
再生可能エネルギー発電促進賦課金 電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法の成立により、2012年7月1日から、電気事業者による再生可能エネルギーの買い取り費用が利用者負担として加算されています。

燃料費調整のしくみについて 原油や海外炭などの貿易統計価格により、毎月算定された平均燃料価格と、基準燃料価格の差にもとづいて、毎月電気料金が調整されます。
なお、低圧供給(100Vまたは200V)の利用者に対しては、大幅な燃料価格の上昇があった場合でも、基準燃料価格の1.5倍以上の価格が課せられることはありません。

北海道電力:従量電灯Bの計算方法

北海道電力は一般世帯向けに4タイプの電気料金メニューを提供していますが、なかでも多くの世帯が契約している一般家庭向けの「従量電灯B」を例にとって、30Aの契約で月間使用電気量が285kWhの場合、電気料金がどのように算出されているかを以下、示してみましょう。

従量電灯B
基本料金  
電気量料金 1~120kWh  円 X 120kWh=2,877.60円
電気量料金 121~280kWh  円 X 160kWh=4,843.20円
電気量料金 281kWh~  円 X 5kWh=169.95円
燃料費調整額 燃料費調整単価 X 月間使用電力量
電気量料金小計 ②+③+④+⑤=
基本料金+電気量料金 ①+⑥= ⑦(円未満切り捨て)
再生可能エネルギー発電促進賦課金 再生エネルギー発電促進賦課金単価 X 月間使用電気量=
請求額 ⑦+⑧=

このように実際に電気料金を計算してみると、北海道電力の従量電灯プランは複雑な電気料金体系をしていることがわかります。よりシンプルな電気料金プランをお探しの方にぴったりなのが、Looopでんきの電気料金です。基本料金が無料、電力量料金が1段階なので、①から④までがたった1段階で済むのです。

img

基本料金ゼロ円・電力量料金も1段階の電気料金プラン

(沖縄・離島を除く)全国で利用できるLooopでんきの電気料金プラン「おうちプラン」は基本料金ゼロ円・電力量料金も1段階でシンプルで、極端に使用量が少ない場合をのぞいて大手電力会社よりお得なプランです。

北海道電力(ほくでん):アンペア変更・引っ越し・問い合わせ先

北海道電力(ほくでん)を利用中の方で、料金やアンペア契約、引っ越し、また緊急時などそれぞれの用途に合わせて最寄り事業所への電話、またはインターネットにて問い合わせ、申し込みができます。

  • 北海道電力コールセンターで対応している主な内容
  • 電気契約の変更
  • 支払い方法の変更(クレジットカード、口座振替、振込用紙での支払い)
  • 引っ越しに伴う手続き(電気使用開始、電気使用停止の申し込み)
  • 名義の変更
  • ブレーカーの故障
  • 停電の問い合わせ

北海道電力(ほくでん):問い合わせ連絡先

北海道電力の各事業所とコールセンターはこちら確認できます。

北海道電力の事業所窓口およびお問い合わせコールセンターの受付時間 月曜日〜金曜日(土・日・祝日、12月29日~1月3日、5月1日を除く) 9:00〜17:00

※電気がつかない等、緊急の場合は24時間対応しています。

北海道電力(ほくでん):引っ越しの手続き

引越し先の住所と日程が決まったら、北海道電力に電話、FAX、或いは北海道電力のサイト上から連絡をします。北海道電力コールセンターに電話する場合は、休み明けの午前中や春の引っ越しのシーズンは電話が込み合うのでご注ください。

   

電気の引っ越しには以下の3パターンあります。それぞれ連絡先が異なるので注意が必要です。

  1. 前の住所で北海道電力(ほくでん)を利用していて、次の住所でも北海道電力(ほくでん)を利用する場合
  2. 前の住所で北海道電力(ほくでん)を利用していて、次の住所では別の電力会社を利用する場合
  3. 前の住所で別の電力会社を利用していて、次の住所で北海道電力(ほくでん)を利用する場合

引っ越し前の住所における電気契約に関しては「電気の使用廃止」手続きをする必要があります。①もしくは②の場合、北海道電力(ほくでん)に使用廃止の連絡をする必要があります。以下の事項を連絡しましょう。③の場合は利用している電力会社に使用廃止の連絡をしましょう。

  1. お客様番号(「検針票」/「電気ご使用のお知らせ」に記載されています。)
  2. 電気使用廃止日の支払方法(クレジットカード、口座振替、振込用紙)
  3. 引っ越し先の住所(引っ越し先でも北海道電力を利用する場合)
  4. 連絡先

インターネットで申し込む場合は、「電気の使用停止前」と「電気使用の申し込み」が同時に行えます。また建物の工事に伴う電気使用停止(機器の取り外し)はコールセンターでのみの受付になりますのでご注ください。

引っ越し先であらたに北海道電力(ほくでん)を利用する場合は「電気の使用開始」手続きが必要になります。電気の使用開始のお申し込みは、基本的に、転入先のブレーカーそばかポストに備え付けられている申し込み用紙(はがき)に必要事項を記入して投かんすることで手続きが完了します。

もしくは、引っ越し日が分かっている場合、事前に北海道電力のHPの指定のフォームで申し込むか、北海道電力コールセンターに電話で連絡することも可能です。

北海道電力(ほくでん):契約アンペアの変更

一度に使用する電気機器が減った場合は契約アンペア数を落とすことができます。また、頻繁にブレーカーが落ちてしまう場合は、容量不足が考えられますので、契約アンペアを増やす必要があります。

契約アンペア数の変更は取り換え工事(無料)が必要になりますので、北海道電力に電話にて連絡します。

現在契約しているアンペア数は、「検針票」を確認するかブレーカーの色でチェックすることができます。

アンペア数の確認
アンペアブレ ーカーの色 グレー
契約アンペア 10A 15A 20A 30A 40A 50A 60A

北海道電力(ほくでん):電気料金の支払い方法

口座振替

口座振替申込書は下記にてお求めいただけます。

「口座振替申込書」を取り寄せて(北海道電力コールセンターかHPのフォームからリクエストする)を必要事項を記入して郵送するか、その以外の場合は、「電気ご使用量のお知らせ」、預貯金通帳、取扱金融機関届出印を持って、北海道電力の営業所またはまたは取扱金融機関でも押し込みする事ができます。

クレジットカード

以下の方法でクレジットカード払いの申し込みをすることができます。

  • クレジットカード会社に直接申し込む
  • 北海道電力のサイト上から「クレジットカード払い申し込み用紙」を請求する
  • 北海道電力コールセンターから「クレジットカード払い申し込み用紙」を請求する

クレジットカード番号などを変更された場合、また申込みが必要場合がありますですから、北海道電力にご連絡してください。

振り込み

北海道電力から届けられる振込用紙をを持って最寄りの銀行、郵便局またはコンビ二にて現金で支払います。

北海道電力(ほくでん):支払い期限や延滞利息について

北海道電力の支払い期限は検針日の翌日から30日目までです。期限を過ぎても支払いがない場合、期限から1日あたり約0.03%の延滞利息を払うことになります。

支払期限を20日以上過ぎても支払がない場合は、送電を停止される可能性があります。実際に電気が止められてしまう前に北海道電力から督促が来ますので、指示に従い支払いを行いましょう。

北海道電力(ほくでん):会社概要

北海道電力株式会社の会社概要は以下の通りです。

北海道電力の会社概要
社名 北海道電力株式会社
略称:ほくでん
英訳名 Hokkaido Electric Power Company Incorporated
(HEPCO)
本社所在地 〒060-8677 札幌市中央区大通東1丁目2番地
TEL: 011-251-1111(代表)
設立 1951年5月1日
資本金 114,291百万円
株主数 普通株式 77,291人
B種優先株式 2名
総資産 1,886,795百万円
従業員数 5,617人
販売電力量
(2018年度)
低圧 11,673百万kWh
高圧・特別高圧 11,101百万kWh
合計 22,774百万kWh

2019年3月31日現在

北海道電力(ほくでん):沿革

北海道電力は、太平洋戦争終結後、1950年11月24日に連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)が発令したポツダム政令を元に日本で電気事業再編成令と公益事業令が公布されたのを受けて、1951年5月1日に、日本発送電札幌支店と北海道配電が統合される形で創立された電気事業者です。

発電所に関しては、北海道地区を中心に、水力、火力、原子力、地熱、太陽光などの計68カ所の発電所を保有・運営しています。また、1995年の電気事業制度改革において創設された電源調達入札制度によって、独立系発電事業者(IPP)5社と供給契約を結び、合計25万kW近くの電力を購入しています。

北海道電力(ほくでん):事業内容

北海道電力(ほくでん)の事業内容は以下の通りです。

北海道電力(ほくでん):電力供給

北海道電力の電力供給事業内容
販売電力量
(2018年度)
低圧 11,673百万kWh
高圧・特別高圧 11,101百万kWh
合計 22,774百万kWh

北海道電力(ほくでん):発電事業

北海道電力は事業地域およびその周辺に水力、火力、原子力、太陽光などを活用した発電所を構えて発電事業を行っています。

北海道電力の発電事業内容
総出力 8,380,765kW(2019年3月31日現在)
電源構成比 水力発電所 56カ所、1,650,155kW
火力発電所 12カ所、4,634,610kW
原子力発電所 1箇所、2,070,000kW
地熱発電所 1箇所、25,000kW
太陽光発電所 1箇所、1,000kW