You are here

四国電力:電気料金メニュー

Shikoku Denryoku

四国電力の新しい電気料金メニューの特徴についてまとめました。

電力小売自由化に伴ない、四国電力でも新しい電気料金メニューがスタートしています。電力小売自由化以前からある電気料金で引き続き契約することもますが、これまでにない新しいタイプの電気料金メニューも要チェックです。3つの新メニューを含めた四国電力の電気料金メニューを、それぞれの特徴ごとに一覧にまとめました。

もちろん、これからは四国電力以外の電力会社の電気料金メニューを契約することもできます。四国電力の強豪となる電力会社は?などもチェックして、ぜひ比較検討してみてください。

四国電力の電気料金メニュー

夜間割引=夜間割引料金あり季節料金=季節料金あり週末祝日料金=週末祝日料金あり時間帯料金=時間帯料金あり

四国電力の電気料金メニュー
主な電気料金
メニュー
概要
従量電灯A
  1. 電力小売自由化以前からあるスタンダードな電気料金メニューで、最も契約数が多いプランです。
  2. 電力量料金は、使用する時間帯と関係なく、使用量によって3段階に設定されています。
  3. 基本料金はなく、最初の11kWhまでの最低料金があります。
従量電灯B
  1. 電力小売自由化以前からあるスタンダードな電気料金メニューで、主にお店用のプランです。
  2. 電力量料金は、使用する時間帯と関係なく、使用量によって3段階に設定されています。
  3. 基本料金はKVA毎に変わります。

ホリデーeプラン
週末祝日料金
  1. 平日に比べ、休日の料金単価を割安に設定したメニューで、平日の料金は電気の使用量に応じて三段階に分かれます。
  2. 休日の電気の使用量が多い方におススメです。
  3. 週末に家事をまとめてしたり、たくさん電気を使用するという方にぴったりです。

スマートeプラン
[タイプL+]

夜間割引週末祝日料金時間帯料金
  1. 主にオール電化住宅の方におススメです。 電気の使用を昼間時間から夜間時間や夕方時間にシフトすることで、電気料金を節約できます。
  2. 1日を3つの時間帯(夜間・夕方・昼間)に分けて料金単価を設定したメニューです。 昼間時間と比べて、夜間時間と夕方時間の料金単価が割安です。

スマートeプラン
[タイプH+]

夜間割引時間帯料金
  1. オール電化住宅で、かつ、在宅時間の長い方におススメです。
  2. タイプL+との違いは、休日料金があります。電気の使用を割安な料金単価の時間帯や休日にシフトすることで、電気料金を節約いただけます。
  3.  平日の昼間に比べて夜間はかなり割安、休日の昼間と平日の夕方の料金単価も割安です。