九州電力:お引越しの際必要な手続き

引っ越しが決まったら、電気の引っ越しも忘れずに手続きをしましょう。引っ越しの際に九州電力で必要な手続きや、引越しの時によりお得な電力会社に変えられる情報などをお届けします。

  • 九州電力の電気のお引越し手続きは旧住所での「電気使用の停止」と新住所での「電気の申し込み」です。
  • お引越しと同時により安い電気料金プランに変える事も出来ます。
九州電力:引っ越し手続き方法

九州電力:引っ越しに必要な手続きは?

九州電力の電気を契約している人でお引越しが決まっている場合、「電気契約の停止」の連絡と引っ越し先での「電気開始の申し込み」の手続きが必要です。

九州電力エリア内でのお引っ越し、つまり、今も引っ越し後も九州電力の電気を使う場合は、「電気の使用停止」と「電気の使用開始」の手続きを一度に出来ます。

電気の引越しに必要な手続きはインターネットや九州電力のコールセンターで手続きが出来ます。

九州電力エリアとはどこ? 福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県です。

九州電力エリア内でのお引越し

九州電力:引っ越し手続き方法

九州電力エリアでお引越しに必要な手続きは? -今の住所での「電気の停止」と引っ越し先での「電気の申し込み」の手続き要です。

電気の使用停止と開始手続

九州電力内での引っ越しで引っ越し後も九州電力の電気を使う場合は、電気契約の停止と申し込みは一度に行うことができます。

引っ越し先の電力メーターがスマートメーターにすでに切り替わっている場合、電気の契約をしないと電気はつきませんので気をつけてください。引っ越し前までに出来るだけ電気の開始契約を済ませましょう。

九州電力へ電気の使用停止及び新居での電気の使用開始の連絡する際には、以下の情報が必要です。

  1. 契約者名(契約名義)
  2. メールアドレス(インターネット申し込みの場合)
  3. お客様番号
  4. 電力使用の停止希望住所と電話番号
  5. 使用停止希望日
  6. それまでの電気料金の清算方法
  7. 電気の使用開始日
  8. 電気を使用する引っ越し先の住所と電話番号
  9. 希望する電気料金プラン
  10. 「お客さま番号」(インターネット申し込みの場合)
  11. 転居先の電気料金の支払い方法 (口座振替、クレジットカード、振込用紙の中から選択)

「お客様番号」の確認方法九州電力での引っ越しの手続きの際には19ケタからなる「お客様番号」が必要です。このお客様番号は「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」や、電気料金領収証などに記載されています。

引っ越しする月の九州電力の電気料金は、退出日までを日割りして請求されます。

新居では、電力メーターにもよりますが、分電盤を開き、ブレーカーのスイッチを入れれば電気が使えるようになります。

ブレーカーの「入」は、1)アンペアブレーカー、2)漏電遮断器 3)配線用遮断器の順で入れます。

引っ越し先の電力メーターがスマートメーターでブレーカーを「入」にしても電気がつかない場合は、九州電力へ「電気の使用開始」の手続きをする必要があります。

電気以外にもガスの引っ越し手続きや住民票の変更など引っ越しに必要な準備と手続きをチェックして、スムーズに引っ越し先での生活を始めましょう。

電力会社は選べます九州の電力会社は九州電力だけではありません。九州にもたくさんの新電力があり、その中からあなにぴったりの電気料金プランを選ぶことができます。
電気料金比較シュミレーションをしてみる 

九州電力エリア外へのお引越し

電気の使用停止

九州電力エリア内から九州電力エリア外へお引越しする時の電気の契約は、九州電力への電気の停止の連絡を行い、その後に引っ越し先のエリアの電力会社へ電気の申し込みを行います。

インターネットか、もしくは電話で手続できます。電話の場合は九州電力:電話番号のページから該当の電話番号を調べておかけください。

引越しシーズンや月曜日などは電話が繋がりにくい場合も多いので、インターネットで手続きする方が良いでしょう。

九州電力- 電気の使用停止に必要な情報

  1. 現住所
  2. 契約者の名前
  3. お客様番号(検針票に記載されています)
    ※お客様番号が分からない場合は電話での手続きになります。
  4. 引っ越し日時
  5. 引っ越し先住所
  6. 支払い方法

電気の使用開始

九州電力エリア外への引っ越しの場合、旧住所での使用停止は九州電力へ、新住所での使用開始は、お引越し先のエリアを供給エリアとしている電力会社で電気の契約が必要になります。

新しい住居で申し込む新電力、もしくは住居の管轄の大手電力会社電気使用開始の申し込みをします。

電気の契約プランは選べます 全国にはたくさんの新電力があります。シュミレーションをする事で、もっと電気代の安くなるプランがみつかるでしょう。
電気料金比較シュミレーションをしてもっと安い電気料金プランを探してみる。

電気料金比較シュミレーションをしてもっと安い電気料金プランを探してみる。

引っ越しで新電力に申し込む場合

九州電力への電気の使用停止手続後に、新しい住居の大手電力会社でまず電気使用開始の申し込みをします。その後、新電力に申し込みをします。これが一番確実な方法です。

ただし、引っ越しと同時に申し込みができる電力会社もあります。引っ越しの機会に一緒に大手電力会社より安い電力会社にしたい場合は電気料金比較シュミレーションをしてみましょう。

九州電力エリアから東日本へ引っ越す場合に確認したいこと

実は、西日本と東日本とでは周波数(Hz:ヘルツ)が異なります。富士川(静岡県)と糸魚川(新潟県)を境に東は50ヘルツ、西は60ヘルツになっています。

つまり九州電力エリアは60ヘルツの周波数が使われています。 昔の電化製品の中にはその周波数(Hz:ヘルツ)にしか対応していない製品もあります。引っ越し先でも同じ電化製品が使えるかどうかはきちんと確認しましょう。

また自分の住んでいる地域の周波数が分からない場合はご自分の契約している電力会社に連絡して確認をします。

その電化製品が使えるかどうかは、電化製品の説明書に記載がされていますのでそれを確認するのが確実です。特に格安の電化製品は対応していないものが多いそうです。

引っ越し前に電気の申し込みを忘れたら? 引っ越し前に電気の申し込みを忘れても、ブレーカーを入れれば大抵の場合電気が使えます。ただし、引っ越し先がスマートメーターに切り替わっている場合、電気の契約をしないと電気はつきませんので気をつけてください。

九州電力エリア外から九州電力エリアのお引越し

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を。

電気の使用停止

お住まいの地域で契約をしている電力会社に電気契約の停止の連絡をします。連絡の際には、住所、お名前、お客様番号と引っ越し日の連絡が必要になります。お客様番号は、検針票・請求書に記載があります。

電気の使用開始

引っ越し先で九州電力の電気を申し込みたい場合は、九州電力へ電話かインターネットで申し込むことが可能です。

九州にある電力会社は九州電力ひとつだけではありません。九州電力エリアでは、電力の自由化によりたくさんの新電力が様々な電気料金プランを発売しているため、より安い電気料金プランを探す事も出来ます。電気料金比較シュミレーションなどを活用していまより安くなる電気料金を探してみませんか? 

電気の引っ越しでよくある質問

お引っ越し時によくある電気にまつわる疑問についてまとめました。

 引っ越しした月の電気料金はどのように計算されますか?

最後の検針日から引っ越し日までに使用した電気使用量が日割りで計算されます。退去日がいつなのか電力会社への連絡を忘れずにしましょう。

退去日に係員に来てもらいその場で精算することも可能です。事前の連絡が必要ですので、早めに九州電力に連絡をしましょう。

 お客様番号はどうやって探すのですか?どこに書いてありますか?

九州電力の場合、お客様番号は毎月届けられる検針票の下部の方に記載があります。

 引っ越しと同時に名義を変える場合はどうすればいいのですか?

結婚や離婚等で引っ越しの時に名義を変える場合は、電力会社への連絡が必要です。九州電力の場合、名義の変更は電話受付だけとなっています。受付時間を確認して電話をしましょう。すでにオンラインで会員登録をしている場合には各電力会社のフォームから名義変更が可能な場合もあります。

 海外への引っ越しの場合はどうすればいい?

海外へお引越しされる場合は、今契約している電力会社との電気契約を停止するだけで大丈夫です。

 引っ越し先での電気契約を忘れてしまった。引っ越し当日は電気は使えるのでしょうか?

ブレーカーを「入」にすれば、すぐに電気が使える場合がほとんどです。ただし、引っ越し先の電力メーターがスマートメーターでブレーカーを「入」にしても電気がつかない場合は、九州電力へ「電気の使用開始」の手続きをする必要があります。

九州電力引っ越しに関するよくある質問

 転居先でもこれまで使っていた電化製品は使えますか?

九州電力引っ越しに関するよくある質問

最近の電化製品は50Hz:ヘルツ、60ヘルツどちらの周波数の地域でも使えるものがほとんどです。ただ、昔の機器では使用できないものもあります。周波数が異なる地域に引っ越しされる場合で、「50Hz/60Hz」、「50Hz‐60Hz」といった記載がない電気製品に関しては、取扱説明書を参照するか、電器店に相談してください。

九州電力エリアで引越しと当時に申し込める新電力は?

引っ越しを機会に九州電力以外の電気料金プランも選べるようになりました。

特に九州地方(九州電力エリア)では、ハウステンボスからうまれたHTBエナジー(HISのでんき)、基本料金がゼロ円のLooop(るーぷ)でんきなど、様々な電力会社が魅力的なプランを出しています。手続方法も難しくありません。 

九州地方(九州電力エリア)で引越しと同時に申し込める電力会社には、どんな特徴のある電力会社があるのでしょうか。

九州電力エリアで引越しと同時に申し込める電力会社の一覧と特徴
電気小売会社 特徴
Looopでんき
おうちプラン

  • 基本料金がゼロ円でかつ、解約手数料もゼロ円です。
  • 太陽光など再エネにも積極的な会社です。
  • 30分ごとの電気の使用量の分かるアプリが使えます。

H.I.S.でんき
HTBエナジー

  • ハウステンボスが発祥の電力会社です。
  • 基本料金も従量料金も5%電気料金が安くなります。。

洸陽電機
洸陽電機

  • 電気の使用量が多い人ほど割安になります。
  • JALマイレージが貯まります。

例えば、Looop(るーぷ)でんきはなんと「基本料金がゼロ円」です。現在のアンペア容量が高めの人は基本料金がなくなる分お安くなることが分かります。電力量料金も一律で、電気の使用量が多い人ほど安くなります。

また、Looop(るーぷ)でんきには30分毎の電気の使用量の分かる無料アプリも使う事が出来てとても便利です。

次に、HTBエナジー(HISのでんき)は、「大手電力会社より電気料金が5%安くなる」という料金設定で、実際に「基本料金(最低料金)」も「電力量料金」大手電力会社より5%安く設定されています。必ず安くなるのが良いですね。

また、HTBエナジー(HISのでんき)ハウステンボスから生まれたエネルギー会社なので、地元九州発祥の電力会社がいい、という方にもお勧めです。

この他にも、全国各地には様々な特徴を持った電力会社があります。ご家庭の電気消費量(kWh:キロワットアワー)が分かっていれば、電気料金のシュミレーションをしてみてください。きっとあなたにピッタリの電気料金プランが見つかります。