kWh(キロワットアワー)とは?1kWhの電気代はどのくらい?

電気料金と関わりのある単位、kWh(キロワットアワー)についてご紹介します。電気料金がどうやって計算されているか、この機会に確認してみましょう。

kWhとは?
kWhが電気料金にどう関係しているか確認しましょう。
  • kWhは電気の消費量をあらわす単位
  • 1kWhあたりの料金は電力会社によってばらばら

kWh(キロワットアワー)とは

kWh(キロワットアワー)」は、どれだけの電気を使ったかということ、つまり消費電力量をあらわす単位です。

私たちは使用した電気の量に応じて電気料金を支払っていますから、kWhの値は毎月の電気料金を決める重要な要素です。電気の請求書や電気料金表に記載されているのもそのためですね。

消費電力量(kWh)はどうやって計算するの?

消費電力量(kWh)は、使用する電化製品の消費電力(kW)と、使用する時間(h)で決まります。以下のような計算で求められます。

消費電力量(kWh)の計算kWh(消費電力量)= kW(消費電力)× h(使用時間)

消費電力の大きさは、電化製品によってそれぞれ異なりますので、電化製品に記載されている数字を確認します。ちなみに、電化製品の消費電力の大きさは「W(ワット)」で表示されています。WはkWの1000倍(1W=1000kW)です。

例えば、消費電力が200Wの掃除機を2時間使用した場合、200WをkWに換算すると0.2kWですから、消費電力量は「0.2kW × 2h = 0.4kWh」となります。

一般的な家電の消費電力

家庭で使われる一般的な電化製品の消費電力をまとめました。

上で見たとおり、電化製品の消費電力の大きさがkWh(消費電力量)を決定します。ですから、エアコンやIHクッキングヒーターのような、消費電力の大きい電化製品の使い方を意識すると、節電・節約を効果的に行うことができるでしょう。

一般的な電化製品の消費電力
製品名 消費電力 製品名 消費電力
IHクッキングヒーター 1400~3000W エアコン 300~3000W
食器洗い機 1100~1300W 電子オーブンレンジ 1000~1400W
アイロン 1200~1300W 電気ポット 900~1400W
ドライヤー 600~1200W 掃除機 850~1000W
ホットカーペット 500~800W 温水洗浄便座 300~700W
こたつ 300~600W ファンヒーター 10~450W
洗濯機 200~400W 冷蔵庫 100~300W
ノートパソコン 50~100W デスクトップコンピューター 100~300W
炊飯器 100~300W テレビ 300~500W
インクジェットプリンター 10~30W 空気洗浄機 10~70W

正確な消費電力は、各製品の性能や型番によって異なりますので、本体もしくは取扱説明書でご確認ください。

電気料金の内訳

一般家庭向けの電気料金プランでは、電気を使った分だけ料金を支払うしくみ、従量料金制が採用されています。ですから、電気の使用量(kWh)は毎月の電気代を決定する重要な要素のひとつです。

kWhがどのように電気料金に反映されているのかを理解するため、電気料金の構成を具体的に見てみましょう。

電気料金は一般的に

  1. 基本料金
  2. 電力量料金
  3. 燃料費調整額
  4. 再生可能エネルギー促進賦課金

の4つで構成されています。

基本料金

基本料金は、電気の使用量に関わらず、毎月支払う定額料金です。

基本料金は通常、以下のどちらかのタイプに分かれます。

ただし、電力自由化以降は、Looopでんきのように「基本料金0円」のユニークな料金プランも登場しています。

電力量料金

電力量料金は、ひと月に使用した電気の量、kWhに応じてかかる料金です。1kWhあたり××円という風に単価がきまっています。

この電力量料金単価(円/kWh)は一律でなく、3段階に設定されていることが一般的です。具体例として、東京電力の従量電灯Bプランの電力量料金を見てみましょう。

東京電力 従量電灯B 電力量料金
電力消費量(kWh) 1kWhあたりの値段(円)
0~120kWhまで  
120kWhを超えて300kWhまで  
300kWhを超える  

このように、電力量料金は3段階制が一般的ではありますが、電力自由化以降は、わかりやすく電力量料金を一律に設定しているプランや、時間帯によって料金が異なるプランを提供する電力会社も出てきました。自分の電気の使用のニーズにぴったりなプランを見つけられる可能性が高くなった反面、プランの多様化によってそれぞれのプランを比較するのは今まで以上に難しくなっています。

Risparmia Internet con Selectra

電気料金プランの簡単比較

簡単シミュレーションで、自分に合ったお得な電気料金プランを探そう。

燃料費調整額

燃料費調整額とは、電気をつくるために必要な原料の価格変動を電気料金に反映させるための料金です。

「電気の原料」とは、火力発電の際に使う原油や液化天然ガス、石炭などです。調達を輸入に頼っていることもあり、輸出国の販売価格や為替レートの影響で価格が変動しやすい傾向があります。

この価格変動を電気料金に反映させるため、燃料費調整額も常に変動します。例えば、原料価格が値上がりした場合、燃料費調整額は「+××円」という風に設定され、電気料金を増額します。逆に、原料価格が下がれば燃料費調整額は「-××円」になり、電気料金を減額します。

ちなみに、燃料費調整額も電力量料金と同様に1kWhあたりの単価が設定されています。

再生可能エネルギー促進賦課金

再生可能エネルギー促進賦課金は、日本における再生可能エネルギーの利用割合を増やすために、電気の利用者が等しく負担する税金です。税金なので、すべての電力会社において同額が設定されています。

こちらも1kWhあたりの単価が設定されています。

1kWhあたりの電気代

電気料金の構成でも少し触れましたが、たくさんの電力会社が、色々なニーズに応えられるように様々な電気料金プランを提供しています。そのため、1kWhあたりの料金は電力会社によって違います

例として、関東地方で供給している電力会社の1kWhあたりの料金を比べてみましょう。

関東地方の電力会社の料金比較
基本料金(円/月)
契約アンペア数 東京電力
従量電灯B

東京電力
エルピオでんき
スタンダードS

エルピオでんき
東京ガス
ずっとも電気1

東京ガス
Looopでんき
おうちプラン

Looopでんき
10A   提供なし 提供なし 0円
15A  
20A  
30A    
40A      
50A      
60A      
電力量料金(円/kWh)
0~120kWhまで    円(40~50A)
 円(60A)
 
(0~140kWh)
 
120kWhを超えて300kWhまで      
(140~350kWh)
300kWhを超える      
(350kWh~)

このように多様な電気料金プランの中から、自分に合ったお得なプランを見つけるためには、自分の電気の使用傾向を把握したうえで、それぞれのプランをシミュレーションしてみることが大切です。

その際には、ぜひ電気料金比較シミュレーターをご利用ください。ご自身に合ったプランを手軽に見つけられますよ。

Updated on