電話で電気・ガス切替相談

在宅時間が増えた。電気代の値上がりが心配?

今より安い電気料金プランを探しませんか?セレクトラまでご相談くさだい。
セレクトラ・ジャパンコールセンター:受付時間:9時-18時 ※年末年始は休業、お昼休憩13時-14時

北海道電力より安い電気料金プランはある?

北海道で北海道電力(ほくでん)より安い電気料金プランはあるのでしょうか?ほくでんのもっともスタンダードな従量電灯Bプランを基準に、これより安い料金設定の電気料金プランを探し、料金を比較してみました。


北海道電力よりも安い電気料金プランとは

北海道電力(ほくでん)と契約中で、今より安い電気料金プランをお探しですか?

「ほくでんより安い」と一口に言っても、電力自由化後は北海道電力も多様なプランを提供していますから、何を基準に比べるかを明確にする必要があるでしょう。この記事では、電力自由化前からあり、最もスタンダードで契約者の多いプランである「従量電灯B」を基準として、これよりも安い電気料金プランについて調べてみます。

北海道電力の従量電灯プラン

まずは北海道電力の従量電灯Bがどのような構成かを確認しておきましょう。

従量電灯Bの料金体系は「基本料金」と「電力量料金」の2つの要素で成り立っています。

基本料金は、電気の使用量に関わらず、毎月固定で支払う料金です。金額は契約アンペア容量の大きさによって決定されます。

電力量料金は、電気の使用量に応じて支払う料金です。電気の使用1kWhあたりの単価が決まっており、1か月の電気使用量にこの単価をかけることで金額を計算します。なお、ほくでんの電力量料金の単価は電気の使用量が増えるにつれて3段階で高くなる設定がされています。

北海道電力 従量電灯B(税込)
基本料金
契約アンペア容量 円/月
10A 341.00円
15A 511.50円
20A 682.00円
30A 1023.00円
40A 1364.00円
50A 1705.00円
60A 2046.00円
電力量料金
電力使用量 円/kWh
0kWhから120kWhまで 23.98円
120kWhを超えて280kWhまで 30.27円
280kWhを超える 33.99円

北海道電力VS新電力

続いては、北海道電力(ほくでん)の従量電灯Bと、それに相当する新電力の電気料金プランを比べてみましょう。以下は、ほくでんと、北海道で電気の販売を行っている新電力「Looopでんき」「リミックスでんき」「エネワンでんき」の比較表です。

電気料金プランを比較

料金プラン比較:北海道電力VS新電力3社(税込)
基本料金(円/月)
契約アンペア容量 北海道電力
従量電灯B
北海道電力
Looopでんき
おうちプラン
Looopでんき
リミックスでんき
従量電灯B
リミックスでんき
エネワンでんき
スタンダード
エネワンでんき
10A 341.00円 0円 提供なし 提供なし
15A 511.50円
20A 682.00円 641.06円
30A 1023.00円 971.85円 961.59円
40A 1364.00円 1295.80円 1282.12円
50A 1705.00円 1619.75円 1602.63円
60A 2046.00円 1943.70円 1923.16円
電力量料金(円/kWh)
電力使用量 北海道電力 Looopでんき リミックスでんき エネワンでんき
0kWhから120kWhまで 23.98円 29.50円 22.78円 23.86円(20A)
22.53円(30-60A)
120kWhを超えて280kWhまで 30.27円 28.75円 30.12円(20A)
28.45円(30-60A)
280kWhを超える 33.99円 32.29円 33.81円(20A)
31.94円(30-60A)

Looopでんき

Looopでんき

Looopでんきは基本料金0円、電力量料金が1段階と、電気代の計算がしやすいシンプルなプランです。電力量料金について他社と比較してみると、120kWhまでは割高なものの、120kWh以上だとほくでんよりも安く、280kWh以上だと表中のどの電力会社よりも安くなります。極端に電気使用量が少ない場合を除いて電気代を安く抑えられる料金設定です。電気を多く使う家庭ほど、お得度が高くなります。

北海道限定・Looopでんきの新プラン「再エネどんどん割Looopでんきは北海道限定で、電力量料金が20年間下がり続ける「再エネどんどん割」の発売を開始。再エネを使いながら電気代もお得にできるユニークなプラン。
 公式サイトで確認

リミックスでんき

リミックスでんき

リミックスでんきは、「大手電力会社の料金プランより5%安い」という明快な電気料金プランを提供しています。基本料金・電力量料金がすべて5%安く設定されていますから、電気の使用量にかかわらず、ほくでんからの切り替えで必ず電気代を安くすることができます。電気の使用量が少ない家庭におすすめしたいプランです。

エネワンでんき

エネワンでんきはアンペア容量が20Aから契約可能です。20Aの場合、割引率は小さくなりますが、基本料金・電力量料金とともにほくでんより安く設定されています。そのため、電気の使用量にかかわらず、ほくでんからの切り替えで必ず電気代が安くなります。また、30A以上の電力量料金は割引率が高く、280kWhまでは表中の他社と比べて一番安く設定されています。

なお、エネワンでんきはいちたかガスワン社のプロパンガスや灯油と組み合わせると「いちたかゴールド」「いちたかプラチナ」のプランが選べるようになり、電力量料金の割引率がさらに大きくなります。

どの電力会社がどのくらい安い?

続いて、実際に使った場合どのくらい料金に差がでるのかを知るために、以下のとおりに契約アンペア容量とひと月の 電気使用量を仮定して、料金を計算してみました。

電気代シミュレーション・比較表
契約アンペア容量・電気使用量 北海道電力
従量電灯B
北海道電力
Looopでんき
おうちプラン
Looopでんき
リミックスでんき
従量電灯B
リミックスでんき
エネワンでんき
スタンダード
エネワンでんき
30A・150kWh 4988円 4425円 4567円 4518円
30A・200kWh 6502円 5900円 6005円 5941円
40A・300kWh 9764円 8850円 9277円 9176円
40A・400kWh 13163円 11800円 12516円 12370円

金額は基本料金と電力量料金の合計。小数点以下は切捨て。

上記の条件下において、どの新電力を選んでも北海道電力(ほくでん)より確実に電気代が安くなることがわかりました。なかでもLooopでんきが一番割安で、40Aで400kWh使用する場合には一か月でほくでんよりおよそ1300円もお得にすることができます。

ただし、ひと月の電気使用量が150kWhよりも少ない場合、Looopでんき以外の会社が安くなる可能性もありますから、一人暮らしで家を空ける時間が長い方など、電気使用量が極端に少ない方は注意が必要です。

また、エネワンでんきでプロパンガスや灯油をセットにした場合、電力量料金の割引率が大きくなるため、いくつかのパターンにおいてはエネワンでんきが一番安くなることが予想されます。

それぞれのご家庭の電気の使用状況や、付帯サービスの利用状況などによってどの電気料金プランが一番お得なのかが違ってきます。これらを考慮に入れたうえで、自分の家に一番合った電力会社・電気料金プランを選ぶことが大切です。

Looopでんき

北海道エリアで選べる新電力

ここまでで3つの新電力をピックアップしてご紹介しましたが、それ以外にも選択肢は多くあります。以下に例を掲載しますので、電気の切り替えを考えている方はぜひ参考になさってください。

また、セレクトラの電気料金シミュレーションツールなら、月の使用量に合わせたお得な電気料金プランをランキング形式でご確認いただけます。ぜひご活用ください。

                        
北海道エリアで供給している新電力の例
Looopでんき
Looopでんき Looopでんき基本料金ゼロ円、従量料金一段階のシンプルなプランを提供。極端に電気使用量が少ない方以外、北海道電力の従量電灯プランと比べて電気料金が安くなる。電気使用量が多いほどお得度が大きくなる。
リミックスでんき
リミックスでんき リミックスでんき北海道電力の従量電灯プランより電気料金が5%オフになるプランを提供。電気の使用量が少ない人でも必ず安くなる。
ソフトバンクでんき
ソフトバンクでんき ソフトバンクでんきの「おうちでんき」は、インタ―ネットやモバイルプランとセットにすることで割引になる。通信費が1回線につき100円割引(最初の2年)になり、電気料金が北海道電力の従量電灯プランと比べて1%安くなる。再生可能エネルギーを多く使った「自然でんき」も提供。
親指でんき
親指でんき 親指でんきの「いいねプラン」は基本料金ゼロ円、従量料金一段階のシンプルな構成で、電気使用量が多いほど北海道電力の従量電灯プランと比べてお得になる。他にもペットがいる家庭向け、ゲーマー向けプランなど、ユニークなプランを提供。
HTBエナジー(HISのでんき)
HTBエナジー(HISのでんき) HTBエナジー(HISのでんき)は、北海道電力の従量電灯プランより電気料金が2~8%安くなる「ウルトラ20・30・40」や、使用量が多い家庭がお得になりやすい「プライム50・60」など、多様なプランがある。
エネワンでんき
eneone プロパンガス会社サイサンが手掛けるエネワンでんき。電気使用量に関わらず、北海道電力の従量電灯プランと比べて電気料金が安いプランを提供。プロパンガスとセットにすると割引率がさらに上がる
楽天でんき
楽天でんき 楽天でんきは基本料金ゼロ円、従量料金一段階のシンプルプラン。北海道電力の従量電灯プランと比べて電気使用量が多いほどお得になりやすい。電気の使用で楽天ポイントが貯まる

電力会社を切り替えるには?

北海道には北海道電力(ほくでん)よりも安い新電力がいろいろあることがわかりました。

電気の切り替え、というと手続きがたくさんあって大変そうなイメージがあるかもしれませんが、実はそんなことありません。電気の切り替えは以下の流れで行うことができます。

 切り替えを希望する電力会社のホームページで申し込みを行います。北海道電力の検針票を手元に用意してから手続きしましょう。 北海道電力への解約手続きは新しい電力会社が代行してくれますので、自身で北海道電力に連絡する必要はありません。(引っ越しの場合は連絡が必要)

 電力メーターがスマートメーターに切り替わっていない場合、大手電力会社からスマートメーターへの切り替えについて連絡があります。切り替え作業の際に立ち合いは不要です。

 次の検針日から、新しい電力会社に切り替わり、電気料金の請求がスタートします。

全国で電気代が一番高いと言われている北海道ですが、電力会社の切り替えで電気代を節約することは可能です。高い光熱費にお悩みの方は、ぜひこの機会に電気料金の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

Updated on