電話で電気・ガス切替相談

在宅時間が増えた。電気代の値上がりが心配?

今より安い電気料金プランを探しませんか?セレクトラまでご相談くさだい。
セレクトラ・ジャパンコールセンター:午前9時-午後1時、午後2時-午後6時 (土日祝日・年末年始は休業)

冬のエアコンの電気代はどのくらい?

冬のエアコンの電気代は?

節電というとすぐに思い浮かぶのは夏の猛暑かもしれません。でも実は寒い冬にこそ節電を意識すると電気代の大きな節約になります。夏よりもさらに冬に電気代を意識することが大切な理由と、冬のエアコンの賢い選び方・使い方についても考えます。


冬のエアコンにかかる電気代はどれくらい?

寒い冬を快適に過ごすために欠かせないエアコンですが、猛暑の夏と比較すると冬のエアコンに掛かる電気代は実際どれくらいなのでしょうか?まずは夏と冬の電気代の違いを見ておきましょう。下の表は冬場(1月~3月)を含む1年間の電気代と消費電力量を示したものです。こうして見ると、冬場は1年を通してみても他の季節より電気代が高くなっていることが分かります。一方で夏の電気代は全体でそれほど多くはかかっておらず、1年間で最も電気代が安かった月は夏場の7月という結果になりました。

1世帯(2人以上)あたりの電気料金と消費電力量
電気料金(円) 消費電力量(kWh)
1月 13,857 561.2
2月 14,375 575.9
3月 14,051 560.6
4月 11,901 475.1
5月 10,364 396.6
6月 9,148 342.8
7月 9,056 332.3
8月 10,957 392.0
9月 10,891 391.8
10月 9,633 352.3
11月 9,312 349.1
12月 10,895 408.1
平均 11,203 円 428.2 kWh

(出典:総務省統計局)

ではこの内冬場のエアコンに掛かる電気代はどれくらいなのでしょうか?資源エネルギー庁の調査によると冬の夕方19時ごろに暖房器具として主にエアコンを使用している家庭では全電力消費量の30%がエアコンによる電力消費量でした。

もちろんこの割合は他の暖房器具との併用の割合や外気温、家の構造などによって変化しますが、それでも冬場の電力消費においてエアコンがかなりの割合を占めていることが分かります。では、冬のエアコンに掛かる電気代はどれくらいになるのでしょうか?単純にかつ正確に計算することは難しいですが、冬の夕方19時の電力消費量割合を参考にして仮に全電力消費量の30%がエアコンによって消費されていると考えます。年間で最も電気代が高額になる2月の電気代が14000円前後ですから、その30%(14000×0.3)は4200円となります。寒い冬にはエアコンだけでも約4200円の電気代がかかっているのです。

真夏の昼のエアコンの電気消費量は全体の58%とも言われますが、夏は冬よりも電気代自体が低いため、夏のエアコンと冬のエアコンの電気代にはそれほど大きな差はないと言えるでしょう。つまり、夏の猛暑日にフル活動しているエアコンと同じほど冬のエアコンの電気代にも注意を向ける必要があるのです。

冷房より暖房は高い?エアコンの電気代計算方法

冬のエアコンの電気代は割合で考えても金額で考えても大きな額になることが分かりましたが、部屋を暖める暖房自体が部屋を涼しくする冷房よりも電気代が高くなるようです。冬の暖房の電気代はどの様に計算すれば良いのでしょうか?簡単にできる電気代の計算方法について考えます。

暖房の電気代を計算する上でまず押さえておきたいのは、同じエアコンを使っていても暖房と冷房のために消費する電力は異なるという点です。一例を考えましょう。ある大手メーカーのエアコンでは冷房消費電力1150Wと書かれていますが、一方で暖房消費電力1300Wとも書かれています。これは、冷房と暖房では1時間当たり消費電力に150Wの差があり、暖房を付けている時の方が電気をたくさん消費して電気代が高くなるということを意味しています。同じエアコンでも暖房と冷房で消費電力に差が出る理由については後述しますので、まずは暖房にかかる電気代の計算方法を考えましょう。

では、このエアコンの場合電気代はいくらになるのでしょうか?計算するには以下の3ステップを押さえておく必要があります。

  1. エアコンの消費電力量をチェックする
  2. 1kWhあたりの電気代をチェックする
  3. WをkWに変換して、消費電力量×電気代単価を計算する

エアコンに限らず、家にある電気機器の電気代を調べるためにはこの3ステップだけでOKです。では、さっそく計算してみましょう。

1,エアコンの消費電力量をチェックする

先ほど例にあげたエアコンの暖房使用時の電力消費量は1300Wでした。これは、1時間当たり1300Wの電気を消費するということを意味しています。しかし、エアコンは室内温度や外気温度、フィルターの状態などによっても消費電力が大きく変化します。この消費電力量は最大値と考え、スイッチが入っている時には常にこの量の電気を消費しているわけではないことを覚えておきましょう。

2,1kWhあたりの電気代をチェックする

1kWhあたりの電気代は電気使用量によって一般的には3段階に分かれています。ここでは計算を分かりやすくするために大手電力会社の3段階の単価平均をとって、27円/1kWhとします。

電気料金は一般的に基本料金と従量料金の合計から求められていますが、基本料金は契約しているアンペア数などによって決まっていて電気使用量によって変動しません。一方で従量料金は電気使用量と1kWhあたりの電気代によって決まるので、ここでポイントになるのは従量料金についてです。電気代にはさらに燃料費調整額再生可能エネルギー促進賦課金などが含まれます。

3,WをkWに変換して、消費電力量×1kWhあたりの電気代を計算する

実際に計算をする前に、WをkWに変換しなければなりません。1000W=1kWですので、WをkWに変えるには1000で割る必要があります。例であげたエアコンでは消費電力量が1300Wでしたので、1300W ÷ 1000 = 1.3kWになります。

変換した1.3kWに電力単価27円をかけ算します。

1.3kW × 27円 = 35.1円

つまり、このエアコンは1時間当たり暖房を使用する場合には約35円かかることが分かりました。

では、冷房との差はどれくらいでしょうか?冷房の場合には消費電力量1000Wでしたので、これに電力単価をかけ算します。

1kW × 27円 = 27円

つまり、暖房と冷房の差は35.1円 − 27円 =約8円ということが分かります。

夏より冬に電気代が高くなる理由

では、同じエアコンを使用しているのに、夏の冷房よりもなぜ冬の暖房の方が消費電力量が多くなってしまうのでしょうか?

1つのポイントは温度差にあります。同じエアコンでも夏は35℃の空気を25℃まで冷やせばよい(差は10℃)のですが、冬は0℃の空気を20℃に温める(差は20℃)必要があります。この冷やさなくてはいけない、温めなくてはいけない温度差を見れば、冬に空調に必要な消費電力が多いことがお分かりいただけると思います。

このようなエアコンの冷房と暖房の消費電力量の違いの他にも、冬の間は日照時間が少なくなり暖房を使用する時間が増えることも理由の1つとして挙げられます。冬季は朝が冷え込みますし、夕方もすぐ暗くなって冷え込みもまた強くなります。事実、冷房と暖房の消費電力の差は約8円とわずかではありますが、使う時間も長くなれば電気代は高くなります。もちろんこの電気の消費量に関しては地域差がありますが、やはり暖房に使う電気の使用量が増える冬はやはり電気代が高くなります。

しかし、夏のエアコンに比べて冬のエアコンの電気代が高くなるということが分かれば、冬の間の電気代をうまくコントロールすることで、年間の電気代も大きく節約することが期待できます。

暖房向けエアコン選びのコツ

では、より冬を意識して暖房の電気代を節約できるエアコンはどのように選んだら良いのでしょうか?暖房向けのエアコン選びのコツをご紹介します。

期間電気代に注目する

エアコンの省エネ性能を比較するために期間電気代というものが表示されています。この期間電気代は簡単に言えば暖房と冷房を1年間平均的に使用した場合に掛かる電気代のことです。つまりこの期間電気代が安ければ、それだけ暖房費も抑えられることになります。

期間電気代期間消費電力量(東京をモデル地とし、冷房27度(5月23日~10月4日)暖房(11月8日~4月16日)冷房暖房共に6:00~24:00の1日18時間使用、1kWあたり27円の電気量単価で計算した場合の金額

オプション機能に注目する

最新のエアコンにはさまざまなオプション機能が搭載されており、上手に使いこなすことで電気代を節約することもできます。例えばエアコンフィルターの状態は消費電力に大きな影響を与えますが、フィルター自動洗浄機能を搭載したエアコンなら面倒なフィルター掃除の手間も省けて、電気代も節約できます。月に1,2回エアコンフィルターを清掃するだけで年間で31.95kWhの節電となり、約863円の節約になるという比較もあります。

また、気流調整機能が付いたエアコンならサーキュレーターを別に設置しなくても部屋の温度ムラを解消し、部屋の隅々まで暖気を届けてくれるので必要以上に設定温度を高くする必要がありません。結果としてこのオプション機能によっても電気代の節約が期待できます。

冬の電気代節約ポイント

1,エアコンの暖房の設定温度は20℃が目安

冬のエアコンによる暖房が夏の冷房よりも多く電気を消費するのは、屋内と屋外の温度差が冬はより大きくなるためです。冬のエアコン代を節約するには、設定温度を低めにして外気温との差をなるべく小さくすることが大切です。例えば、設定温度を21℃から20℃へ1℃変更するだけで年間18.78kWhの節電となり、約507円の節約になります。

2,エアコンの暖房は“自動運転モード”で

エアコンは室内を設定温度にするまでの間にもっとも電力を消費します。自動運転モードなら、設定温度まで一気に温度を上げてその後は自動で送風運転に切り替わるため一番の節約になります。風量の調整に必要な電力はわずかですので、設定温度は20度で保ち、風量で暖かさを感じるのも良い方法です。

3,窓の断熱対策をする

せっかく暖めた室内の温度が外へ逃げていってしまうのが、ガラスとアルミサッシの窓。カーテン、断熱シート、2重窓などで断熱対策をすると、暖房にかかる電気代を節約できます。またコタツを使用している場合は、かけ布団を二重にし、さらに敷布団を二重にするととても効果的です。

4,数種類の暖房器具を使い分ける

暖房器具は広い空間を暖めるのに最適なエアコン、狭い場所を暖めるのに最適なオイルヒーター、一箇所を集中的に暖めるのに最適な電気ストーブなど、目的によって使い分けるとムダな電力の消費を防ぐことができます。暖房器具を使うタイミングも重要です。エアコンは寒い部屋を暖めるのに時間がかかり多くの電気を消費しますので、帰宅したらまずは速暖性に優れた石油ストーブなどで部屋を暖め、暖まったところでそれをキープするのが得意なエアコンで保温するなどの工夫が大切です。

5,電力会社を変えてみる

エアコンの電気代も計算しましたが、すべての電化製品は電力消費量に電気代単価を掛けて電気代が決まります。つまり、自分にとって最適な電気料金プランを選んで電気単価を下げることができれば、電気代の節約につながるわけです。電力自由化によって大手電力会社よりもお得な電気料金プランも登場していますので、電力会社の切り替えを検討するのも電気代節約の良い方法です。以下にお得なプランを提供している新電力の例を掲載します。電力会社の切り替えをお考えの方は参考にご覧ください。

また、セレクトラの電気料金比較ツールなら、簡単に電気料金プランの比較が行えます。

新電力の例
Looopでんき
Looopでんき Looopでんき基本料金ゼロ円、従量料金一段階のシンプルなプランを提供。極端に電気使用量が少ない方以外大手電力会社の従量電灯プランと比べて電気料金が安くなる。電気使用量が多いほどお得度が大きくなる。
・供給エリア: 全国(沖縄除く)
ソフトバンクでんき
ソフトバンクでんき ソフトバンクでんきの「おうちでんき」は、インタ―ネットやモバイルプランとセットにすることで割引になる。通信費が1回線につき100円割引(最初の2年)になり、電気料金が大手電力の従量電灯プランと比べて1%安くなる。再生可能エネルギーを多く使った「自然でんき」も提供。
・供給エリア: 全国(北陸除く)
リミックスでんき
リミックスでんき リミックスでんきは大手電力会社の従量電灯プランより電気料金が5%オフになるプランを提供。電気の使用量が少ない人でも必ず安くなる。
・供給エリア: 全国(沖縄除く)
エルピオでんき
エルピオでんき プロパンガス会社のエルピオが提供するエルピオでんき大手電力会社の従量電灯プランと比べて割安な料金設定のプランを提供。プラン設定は地域ごとに異なるため要確認。プロパンガスとのセット割を提供している地域もある。
・供給エリア: 東北・関東・中部・関西・中国・四国・九州
あしたでんき
あしたでんき あしたでんきの「標準プラン」は基本料金ゼロ円、従量料金一段階のシンプルプランで、電気使用量が多いほど大手電力会社の従量電灯プランと比べて割安になる。700kWh以上使用の方にお得な「たっぷりプラン」も用意。
・供給エリア: 東北・関東・中部・関西・中国・四国・九州
エネワンでんき
eneone プロパンガス会社のサイサンが手掛けるエネワンでんき。大手電力会社の従量電灯プランと比べて割安な料金設定のプランを提供。プラン設定は地域ごとに異なるため要確認。プロパンガスとセットで月200円割引になる。
・供給エリア: 北海道・東北・関東・中部・四国・九州
HTBエナジー(HISのでんき)
HTBエナジー(HISのでんき) HTBエナジー(HISのでんき)は、使用量が少なくてもお得になりやすいプランが充実。大手電力会社の従量電灯プランより最大8%お得になる。
・供給エリア: 全国
楽天でんき
楽天でんき 楽天でんきは基本料金ゼロ円、従量料金一段階のシンプルプラン。大手電力会社の従量電灯プランと比べて電気使用量が多いほどお得度になりやすい。電気の使用で楽天ポイントが貯まる
・供給エリア: 全国
Updated on