ガスの元栓の開け方と閉め方とガスの使用開始方法

ガスの元栓の開け方・ガスの使用開始方法

ガスの開け方、使用開始方法についてまとめました。ガスの元栓がちゃんと閉まっているか確認するためには?ガスが使えなくなった場合の対処方法についてもご紹介します。

ガスの元栓の開け方・閉め方

ガスの元栓の開け方・ガスの使用開始方法
ガスの元栓はつまみの位置(タテ・ヨコ)で開閉することができます。

ガスの元栓にはいくつか種類があります。しかしながら、つまみをひねって開閉をするタイプのものであれば、つまみをガスの出る口(蛇口のような部分)と並行(タテ向き)にするとガスが出て、逆に垂直(ヨコ向き)するとガスを閉めることができるようなしくみとなっています。

しばらくガスを使用していなかった場合にはガス栓を開ける必要があります。また長期的に旅行で家をあける場合は、ガス栓を閉じておくのが安心です。

万が一ガスくさいと感じる場合は、このつまみを横向きにしてガスの元栓を閉めます。

ガスくさいと思ったら ガスくさい、ガス漏れかもと思ったら、ガスの元栓をしめて窓をあけ、ガス会社に連絡をします。その間、電気のスイッチなどはいじらないようにしましょう。もちろん、タバコやライターの使用は厳禁です。

ガスの元栓 - 閉める・開ける
ガスの元栓を開ける つまみをタテにする。(ガスの出る口とつまみを平行にする)
ガスの元栓を閉める つまみをヨコにする。

ガスが使えなくなった時の対処法

ガスの元栓の開け方・ガスの使用開始方法
ガスメーターには通常キャップのかぶされた復帰ボタンがあります。ガスの復帰(使用再開)する場合、このボタンを押し3分待ちます。

今まで使えていたガスが急に使えなくなった場合は、以下のような原因が考えれます。

ガス機器の故障?

ガスコンロやガス小型給湯器など乾電池を入れて使用しているものは電池の消耗が原因で使えなくなっているだけかもしれません。修理を呼ぶ前に、取説がすぐ手元にあるる場合、取説にある故障かどうかのチェックポイントを確認しましょう。それでも直らないない場合はガス会社に連絡をして修理を依頼しましょう。

ガスメーターの自動ストップ機能

他に考えられる理由として、ガスメーターの自動ストップ機能があります。ガスメーターには、異常を関知した場合自動でストップする賢い機能があります。この機能がなんらかの理由で作動し、ガスがストップしたのかもしれません。

ガスメーターといえば、基本的には各家庭のガス使用量を測定し、ガスの請求をするためのものですが、地震があった場合や、ガス機器が長時間使用されていた場合には安全対策のため自動的に止まるようなしくみになっています。(地震の場合、だいたい震度5度でガスメーターが自動に止まるようになっています。)

ガスが使えない場合は、ガスメーターが自動で止まってしまったことが原因かもしれません。ガスメーターをみつけて、メーターについている復帰ボタンをおしましょう。復帰ボタンを押してから約3分後に再度ガスが使用できるようになります。

ガス料金の延滞

実際のところ、ガスの支払いが多少遅れてもガスの供給はすぐには止めらることはありません。しかしながら、当然ながら何度も督促状が来ても料金を支払わなかった場合、ガスの供給は止められてしまいます。

万が一、ガス料金の未払いでガスが止められてしまった場合はガス料金をまず支払ってから、契約中のガス会社に連絡をしてガスの供給を再開してもらいます。各ガス会社ではガス供給再開用の専門の電話番号が用意されています。

  • ガスが使えなくなったら・・・?
  • ガス機器の故障?ガス機器の説明書を読んで確認項目をチェックします。
  • ガスメーターの安全装置が作動し、ガスが止まっているのかもしれません。復旧ボタンをおします。
  • ガス料金の滞納?すぐに支払って、契約をしているガス会社に連絡をしましょう。

お引越しで初めてガスの使用を開始する

お引越しなどで新しくアパート・マンションに引っ越してきた場合、ガスの使用開始には、ガス会社の作業員による開栓作業が必要になります。

都市ガスでもLPガスでも、ガスの開始には、ガス会社の人によるガス開栓作業(安全チェックなど)がないとガスの使用はできません。つまり引越しですぐにガスを使用したい場合は、事前にガス会社に連絡をして申し込みをしなければなりません。

引っ越しシーズンなどの繁忙期は、希望する日にちに開栓作業の予約を場合もあります。開栓作業には家主もしくは代理人の立ち合いが必要です。時間の調整が難しい方は、引っ越しが決まり次第、早めにガス会社に連絡をしてガスの使用開始(開栓手続き)を依頼しておきましょう。

ガスの開栓作業には必ず立ち会わないといけないの?電気とは異なりガスは作業員が室内に入り、ガスの元栓、ガスコンロ、給湯器(ガスを使用している場合)の安全確認をする必要があります。ガス会社の作業員が家主のいない家に勝手に入ることはできません。必ず契約者もしくは代理人の立ち合いが必要です。

係員によるガスの開栓作業までにガス機器の準備を

ガスの使用開始(開栓)の際には、ガス機器が異常なく使えるかもチェックします。ガス機器の準備がないとチェックができませんので、使用するガス機器は事前に用意しておきましょう。ガスの元栓の開閉やガスメーターなどガスを安全に使用するための説明もあります。

ガス器具に関する注意(都市ガス⇔LPガス)

ガスの元栓の開け方・ガスの使用開始方法
都市ガス⇔LPガスでは、ガス機器に互換性がないので同じ機器は使えません。

お引越しでガスの使用開始(開栓)が必要な場合は、ご使用になるガス機器にも注意が必要です。今まで、都市ガスを使用しておりLPガスになった場合、もしくは逆の場合でも、同じガス器具・ガス機器は使用できないので注意しましょう。

都市ガスとLPガスとでは、熱量が大きく異なります。プロパンガス(LPガス)は都市ガスの2倍以上の熱量があるため、都市ガス用のガス器具の方がガスが多く出る作りとなっていますから、都市ガス用のガスコンロをLPガスに利用すると火の勢いが異常に強くなったりといった問題がおきます。他にも一酸化炭素中毒のようなリスクも伴います。

ガス機器の部品の付け替えなので同じガス機器が使用できる場合もありますが、そうでなければ買い替えが必要です。

引っ越しに必要な作業

引っ越し先でスムーズに新生活を始めるために余裕を持って準備をしておきたいライフラインの一覧です。

ガス
ガス元栓
      
  • ガス会社の係員による作業が必要。家主か代理人の立ち合いが必要。    
  • 事前のガス会社への申し込みが必要。     

      

電話/インターネットで連絡
電気
ガス元栓
  • ブレーカーのスイッチを「入」にすると電気がすぐに使える可能性が高い。    
  • ただし、引っ越し先の電力メーターがスマートメーターになっている場合は、申し込みをしていないと電気が使えない。
  • ガスと同様にお引越し前の電気契約の申し込みを推奨。      
電話/インターネットで連絡
水道
ガス元栓
  • 蛇口をひねれば基本的に水道はすぐに使える場合がほとんど。その後使用開始の連絡をする。
  • 水が出ない場合は元栓をチェック。それでも水が出ない場合は水道局に連絡する。
電話/インターネットで連絡
インターネット
ガス元栓
  • インターネットの開通には時間がかかる。(光回線は工事が必要。)
  • 引越し前に申し込むのが理想的。
電話/インターネットで連絡