引っ越し先でも同じガス機器(ガスコンロ・ガスヒーター)は使えるの?-プロパンガスの場合

今の住居で使用しているプロパンガス(LPガス)のガスコンロは引っ越し先でも使えるのでしょうか?引っ越し前にきちんと確認しておきましょう。

  • 今のガスコンロ(プロパンガス)は、引っ越し先もプロパンガスなら使えます。
  • ただし、プロパンガスから都市ガスに引っ越すときは、買い替えまたは改造が必要です。

プロパンガス料金が高いと思ったら他の販売店から見積もりをとって、もっと安い料金プランを見つけましょう。一括見積りサービスをご活用ください!複数の販売店から速やかに見積もりを集めて提供します。
サービスは完全無料です。お気軽にご連絡ください。
 オンラインで見積もり依頼  0120-559-763
・対象: 持ち家戸建てにお住まいの方、アパート・マンションや店舗オーナー注意事項
・電話受付: 毎日 午前10時-午後9時 (年末年始を除く)

家庭におけるガスの種類

今ご自宅で使っているガスコンロは引っ越し先でも使えるかご存じですか?

日本の一般家庭で調理や給湯、暖房に使用されているガスには、都市ガスプロパンガス(LPガス)の2種類があります。

現在お使いのガスコンロが引っ越し先でも使えるかどうかは、引っ越し先のガスの種類によって異なります。まずは、それぞれのガスの特徴を確認しつつ、引っ越し先で同じガス機器が使えるかどうか見てみましょう。

都市ガス

都市ガスは、メタンなどを主成分とする天然ガスで、気体の状態で地下に埋められたガス導管を通り、各家庭へ供給されています。

都市ガスを供給するためのガス導管は人口の密集した都市部を中心として設置されているため、「都市ガス」の名前がついています。

都市ガス会社は、東京ガス大阪ガスなどの大手企業の他、200社ほどの中小都市ガス会社があります。ちなみに約2,900万世帯、日本の約65%の世帯が都市ガスを使っています。

2017年に都市ガスの小売市場は自由化され、消費者は自分の好きな都市ガス会社を自由に選べるようになりました。ただし、新規企業の参入は大都市部に集中しており、その他の地域ではまだあまり選択肢が広くないのも現状です。

プロパンガス(LPガス)

プロパンガスは、プロパンを主成分とした液化石油ガスです。プロパンガス会社は液化されたプロパンガスをボンベなどに充填して、それぞれの家庭に配送・設置することによって供給を行っています。

また、プロパンガスはLPガスとも呼ばれることがあります。「LPガス」とは液化石油ガスを英語にした「Liquefied Petroleum Gas」の略称です。つまり、プロパンガスもLPガスも同じものを指しているわけです。

プロパンガス(LPガス)は、ガスボンベさえ運べればどこでも供給が可能です。そのため、プロパンガスは主に、都市ガスの導管を通すことの出来ない地域で使われています。プロパンガスは日本の約2,400万世帯、約40%の世帯で利用されています。

プロパンガス(LPガス)は昔から自由化されていて、事業者の数は全国で2万弱ほどあります。都市ガスとは異なり、ずっと昔から料金規制がなかったため、同じプロパンガスでも料金設定が販売店によってばらばらです。そのため、選ぶ販売店によっては、毎月のガス代が大幅に変わることもあり得ます。

戸建ての持ち家にお住まいの方や、自分が直接の契約者となれる消費者は、プロパンガス会社を自由に選んで契約することができます。そのため、必ず複数のプロパンガス販売店から見積もりをもらって、比べたうえで、契約する販売店を選びましょう。

賃貸住宅や集合住宅の場合、大家さんや管理会社がプロパンガス販売店との契約を決めています。そのため、プロパンガス販売店に関する悩みはまずは大家さん・管理会社に相談する必要があります。

プロパンガスの簡単比較一括見積もりサービスなら、手軽に複数のプロパンガス(LPガス)販売店の見積もりを手に入れられます。持ち家戸建てにお住まいの方、賃貸住宅・店舗オーナーを対象とした無料サービス!ぜひご利用ください。
 オンラインで無料見積もり  0120-559-763
・対象:持ち家戸建てにお住まいの方、アパート・マンションや店舗オーナー ・注意事項
・電話受付時間:毎日 午前10-午後9時(年末年始を除く)

今のガスコンロ(プロパンガス)は引っ越し先でも使える?

それでは、今現在プロパンガス(LPガス)のガスコンロを使用している場合、果たして引っ越し先でも同じガス機器を使うことはできるのでしょうか?

まだ買ったばかりのガスコンロや高価なプロパンガスヒーターなど、できればガス機器達も一緒に引っ越ししたいですよね。

引っ越し先もプロパンガスの場合

もし、引っ越し先もプロパンガス(LPガス)の場合、答えはYESです。引っ越し先もプロパンガスなら、今と同じガス機器を使用することができます

ガスストーブやガス給湯器など、すべてのプロパンガスの家庭用ガス機器が引っ越し先でも使えます。

ガス機器の側面や裏などにあるラベルに「プロパンガス用」もしくは「LPガス用」と記載されているものであれば、問題なく使用が可能です。

お引っ越しはプロパンガス料金の見直しのチャンス

プロパンガス(LPガス)は地域に密着した事業者が多いため、引っ越しするとプロパンガス会社を変えなければいけなくなる事が多いと言えます。

前述のようにプロパンガス料金は販売店によって異なりますから、引っ越しでプロパンガス会社を変えるのを機に、ガス料金を見直してみてはいかがでしょうか?

引っ越し先の地域で供給を行っている複数のプロパンガス会社から料金表(見積もり)をもらい、料金・条件をしっかり比較してから契約する事をおすすめします。

インターネットのフォームに記入するだけで、簡単に複数のプロパンガス販売店から見積もりがもらえるサービスもあるので利用すると良いでしょう。

プロパンガスの一括見積り

プロパンガスの見積もりを取って、料金のお得な販売店を見つけましょう。
複数の販売店から無料で見積りをお取り寄せします。ぜひご活用ください!

・対象: 持ち家戸建てにお住まいの方、アパート・マンションや店舗オーナー 注意事項
・電話受付: 毎日 午前10時-午後9時 (年末年始を除く)

プロパンガスの使用開始では開栓作業とガス機器の点検が必要引っ越し先では必ず最初にプロパンガス(LPガス)会社によるガスの開栓作業(所要時間30分程度)が行われます。これをしないとガスの使用が開始出来ません。また、LPガスからLPガスへの引っ越しでも、まれに同じガス機器が使えないこともありますので、ガス機器が使えるかどうかもあわせてガス会社に確認してもらいましょう。

プロパンガスから都市ガスに引っ越す場合

では、今プロパンガス(LPガス)を使用していて引っ越し先で都市ガスを契約する場合、今のガス機器を引っ越し先で使うことはできるのでしょうか?答えは、残念ながらNOです。

「ガスの種類」のところで触れましたが、プロパンガス(LPガス)と都市ガスは成分が違います。同じ体積のガスを燃やすために必要な酸素の量も熱量も、プロパンガスと都市ガスでは異なります。

そのため、プロパンガス(LPガス)と都市ガスのガス機器では仕様が異なり、プロパンガスから都市ガスに引っ越すときは同じガス機器を使用することは出来ないのです。

もしプロパンガス(LPガス)のガスコンロを都市ガスで無理やり使用したりすると、不完全燃焼による一酸化炭素が発生したり、大きな炎が上がったりする可能性があり、大変危険です。これは、ガスコンロだけでなく、ガスストーブやガス給湯器など、すべてのプロパンガスの家庭用ガス機器に当てはまります。

プロパンガス(LPガス)のガスコンロなどのガス機器を引っ越しの時にそのまま都市ガスで使用することはできませんが、ガス機器のメーカーやガス会社によっては、ガス機器の部品を交換して引っ越し先のガスでも使えるようにしてくれるケースもあります。ガス機器の部品交換にかかる予算は、ガスコンロで5,000円~7,000円くらいです。

引っ越し先でもお気に入りのガスコンロや高価なガス機器を使い続けたいときには、部品交換ができるかどうか、ガス会社に問い合わせてみると良いでしょう。

電気料金も見直しのチャンスお引っ越しをするなら、ガスだけでなく電気料金も見直しのチャンスです。ガス代よりも電気代の方が家庭の光熱費に占める割合が大きいため、光熱費削減には電気料金の見直しが大切です。電気料金比較のシュミレーションなどを活用して、お得な電気料金プランを見つけてくださいね。

Updated on