四国電力よりも安く料金を設定している電力会社はどこ?

四国にお住まいの方で、少しでも今より電気料金を下げたいという方のために、四国電力よりも電気料金の安いプランを探してみました。

そもそも四国電力以外の電力会社を選んでも問題ない?

「安物買いの銭失い」という言葉があります。これは、安い買い物をしたら、「品質が悪くて使い物にならなかった。(品質)」「実は他にも買わなければいけないものがあり、最終的にもっとお金がかかってしまった。(追加の費用)」そんな状況をいいます。

四国電力から他の電力会社にすることで、上記のような問題が起きないか考えてみましょう。また、なぜ電気料金が安くなるのかも考えてみましょう。

電気の品質やサポート

電気の購入先を、四国電力から他の電力会社にしても、発電しているのは四国電力です。新電力の中には自分の発電施設を所有しているところもありますが、その電気は四国電力等地元の電力会社等に販売する目的で行っており、その電気が契約者に提供されるわけではありません。つまり、電力会社を変えても同じ電気が利用でき、停電しやすくなるといったことは一切おきません。

また、送電・配電もすべて四国電力の送配電部門が担当します。つまり、変圧所の管理、発電所・変圧所そして各家庭をつなぐ電線の管理、そしてその電線をつなぐ電柱の管理、そして各契約者にのびる引き込み線から、電力メーターまですべてを今まで通り四国電力が管理します。

何か余計な費用はかからない?

電力会社の切り替えには手数料はかかりません。また、解約金などを設けているところはほとんどありません。稀に、解約手数料の設定のある新電力もありますが、簡単に確認ができますので、契約の前にちょっと確認すれば良いでしょう。

一方、新電力の場合、郵送による請求の送付はないケースが多いようです。必要な場合は自分でプリントアウトをする必要があります。

四国電力から新電力に切り替えても、電気や配送電などインフラはそのまま、電気の契約先(支払い先)が変わるだけということです。そしてもちろん電気料金は安くなります。

なぜ新電力の電気料金は安いのか?

新電力の電気料金が、四国電力が安く設定できているのか不可解という方もいるかもしれません。四国電力といった大手電力会社よりも料金が安いのは以下の通りです。

大電力会社は規制料金

四国電力のような大手電力会社、規制料金制です。総括原価方式という計算方式で計算した料金で販売しなければなりません。

仮に電気料金を下げれる余裕があっても、この方式で算出した方法でしか、電気の小売り価格でしか電気を貼売できないため、料金を下げることができないのです。

一方、他の電力会社は、自由に電気料金を設定することができます。当然、四国電力よりも低い料金設定をしているのです。

余分なコストを下げている

当然、大手電力会社よりもコストにシビアです。上記にも紹介した通り、新電力の多くは、ぺーバレス化で紙の請求書を送るなどのサービスを行っていません。この点だけ単純に考えても紙代や郵送費、その作業に関わる人件費などがかかっていないことが分かります。

四国電力よりも安い電力会社はどこ?

四国電力より電気料金を安く設定しているところは色々ありますが、具体的にどのように安いのか以下で確認してみます。

従量電灯プランの場合

四国電力より一律〇%安い

HISでんきやRemixでんきなどは、単純に最低料金も従量料金も四国電力よりも〇%安いというプランを提供しています。これなら、「本当に電気料金安くなっているのかしら?」の不安もなくお得度が分りやすいでしょう。

四国電力:従量電灯A(税込)
最低料金 四国電力公式サイト HISでんき公式サイト Remixでんき公式サイト
11kWhの使用まで      
電力量料金(1kWhあたりの料金単価) 四国電力公式サイト HISでんき公式サイト Remixでんき公式サイト
電力量消費量   -  kWh      
  -  kWh      
 kWh以上      

電気の使用量が多いなら - 使った分だけプラン

毎月の電気の使用量(kWh)が多い場合は、一律〇%安いというプランよりも、最低料金0円で従量料金が一律のプランでもっと電気料金が安くなります。

四国電力:従量電灯A(税込)
最低料金 四国電力公式サイト Looopでんき公式サイト 親指でんき公式サイト
11kWhの使用まで   0円 0円
電力量料金(1kWhあたりの料金単価) 四国電力公式サイト Looopでんき公式サイト 親指でんき公式サイト
電力量消費量   -  kWh      
  -  kWh  
 kWh以上  

オール電化の場合

四国は、全国でもオール電化が広く普及している地域です。四国電力の情報によると、3軒に1軒がオール電化ということです。

オール電化向けのプランでも四国電力よりも料金を安く設定している新電力はたくさんあります。

基本料金 四国電力公式サイト 出光昭和シェル電気公式サイト
(1契約につき最初の10kWまで)
※以下使用量を含む
  • 平日昼間の最初の70kWhまで
  • 夜間・休日の最初の240kWhまで
   
上記をこえる1kWにつき    
電力量料金 四国電力公式サイト 出光昭和シェル電気公式サイト
平日昼間 70kWhをこえる1kWhにつき    
夜間・休日 240kWhをこえる1kWhにつき    
  • 平日昼間:平日の午前9時から午後11時まで
  • 夜間・休日:休日の午前0時から翌日午前0時まで、平日の午前0時から午前9時まで、平日午後11時から翌日午前0時まで
  • 休日:土曜日、日曜日および祝日/1月2日、1月3日、4月30日、5月1日、5月2日、12月30日、12月31日

店舗や事務所の場合

店舗やオフィスなど法人の場合でも、今四国電力と契約のプランが「従量電灯A」、「従量電灯B」、もしくはオール電化向けのプラン、「でんかeプラン」や「でんかeプラン マンション」を契約中であれば、一般家庭の向けのプランと同じです。

比較方法や申し込み方法に違いはありません。

動力の場合

工場など、大型のモーター、機械、空調を利用している場合は、「動力プラン」を契約しています。

動力プランも新電力の多くで取り扱っています。一部を以下に紹介します。

動力プランのある電力会社(一例)
電力会社名   対象地域
Looopでんき シュミレーション 沖縄以外全国
香川電力 シュミレーション 関東・関西・中部 坊っちゃん電力 シュミレーション 関東・関西・中部

高圧・特別高圧の場合

高圧・特別高圧の場合は、トータルの使用量やピーク時の使用量により、料金が変わります。また、複数の電力会社に見積もり依頼をしてみることをおすすめします。

高圧・特別高圧の一括見積り 高圧・特別高圧プランの料金比較はこちらから、オンラインでの見積もりが可能です。(エネチェンジBizのページへ移動します。)

Updated on