東京電力 (TEPCO) | お引っ越しに伴う手続き - 申し込み・解約方法・連絡先

東京電力 引越し

東京電力の引っ越しの手続きについて、3つのタイプについて紹介しています。基本的に手続きは、引っ越し日の3日以上まであればオンラインでの手続きができます。引っ越し先の住所と入居日が分かっているならば早めに手続きをしておいた方が良いでしょう。


これから東京電力へお引っ越しの場合

東京電力は、 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、栃木県、群馬県、茨城県、山梨県、静岡県(富士川以東)を関東エリアとして電気を販売しています。転勤や進学などで、上記エリアに引っ越す場合、そして東京電力を申し込みたい場合の手続きについてご紹介します。

電気使用の申し込みのタイミング

引っ越し先と入居日が分かっていれば、東京電力の申し込みは簡単です。オンラインフォームで電気使用開始の申し込みができます。 引っ越し日より3日前であれば、オンラインで手続きができますが、それを過ぎると電話のみの受付となります。東京電力のコールセンター、引っ越し先の地区と問い合わせ内容によって番号がことなりますから、該当の東京電力問い合わせ電話番号を確認して電話をしましょう。

また、東京電力の都市ガスも一緒に申し込む場合は、電話番号0120-995-113に連絡をします。いずれの場合も、受付時間は、祝日を除く月曜から土曜までの9:00~17:00となっています。 引越しのシーズンは電話が混みあい、つながりにくいので、ある程度待つことができる時間帯を選んで電話をすることを推奨します。

電気の使用開始・停止には立ち合いは必要?電気の場合は、立ち合いは不要です。オンライン・もしくは電話での依頼で手続きは終了です。

料金プランの選び方

東京電力でもいくつかの電気料金プランが用意されています。昔からあるもっとも一般的なプランは従量電灯プランです。 従量電灯プランの場合、まず必要な容量(アンペア)を選び、あとは電気の使用量1kWh(キロワットアワー)ごとに料金がかかる請求方法となっています。

大きな特徴としては、電気の使用する時間で従量単価(1kWhあたりの料金)が変わることがない点があげられます。アンペア容量が分からない場合は、以前住んでいた人の契約容量を選んでおけば、まず問題はないでしょう。 その他引っ越し先が、オール電化住宅の場合は、東京電力のオール電化プランを選びます。

東京電力 引越し
東京電力の場合、お客様番号は検針票の下部に記載があります。(東京電力ホームページより転載)

東京電力の都市ガス

東京電力では、都市ガスの販売も行っています。ただし、電気とセット(都市ガス)での申し込みが条件です。東京電力の都市ガスのみの申し込みはできません。

ただし、都市ガスの申し込みが有効になる電気料金プランがいくつか限定されている点に注意をしましょう。(従量電灯プランは含まれません。) 東京ガスの都市ガスプランおよび、新料金プランについて電話で問い合わせたい場合は、専用の番号:0120-995-333を利用しましょう。受付時間:(平日)9:00~20:00 / (土・日・休・祝日)9:00~17:00となっています。

引っ越し前に電気の申し込みを忘れたら? 引っ越し先が賃貸住宅の場合は、引っ越し前に電気の申し込みを忘れても、ブレーカーを入れれば大抵の場合電気が使えます。引っ越し先がスマートメーターに切り替わっている場合、電気の契約をしないと電気はつきませんので気をつけてください。

東京電力エリア内での引っ越し

引き続き東京電力を利用する

今現在東京電力と電気契約をしており、引っ越し先でも同じく東京電力を申し込みたい場合は、 オンラインでの手続きが可能です。 引越しの3日前であれば、電気の使用停止も使用開始も同じフォームで一度に手続きができます。 間に合わない場合は、東京電力のコールセンターに電話をかける必要があります。 東京電力での引っ越しの手続きには以下の情報が必要になります。

  • 現在の住所
  • 契約者の氏名
  • お客様番号(電話で解約手続きをする場合は、分からなくても大丈夫。)
  • 電気契約の停止希望日/お引越し日
  • 支払い方法

引っ越し先でのブレーカーの入れ方

  1. まず、アンペアブレーカーのつまみを「入」にする。
  2. 次に、漏電遮断器のつまみを「入」にする。
  3. 最後に、配線用遮断器のつまみを「入」にする(安全器の場合はふたをしめる)。

万が一、上記の操作をしても電気がつかないときは、東京電力カスタマーセンターへ電話しましょう。

他社の電気料金プランにする場合

引越しを機に東京電力以外の電気料金プランに申し込むことも可能です。東京電力の電気料金は規制料金です。原価総括方式に則ってしか料金が設定できません。よって自由料金制により電気料金を低く設定しているところを みつけて申し込んだ方が、毎月の電気代は安くなります。

電気代は、毎月の使用量(kWh)の多い人ほど安くなる額も大きくなります。引っ越しにより家族が増えるという方は引っ越しの際に新電力に変更してみても良いでしょう。

関東の新電力(一例)
会社名 主な特徴 問い合わせ
Looopでんき
       
  • 基本料金が0円のプラン。1kWhあたりの料金が一段階のみ。
  • 都市ガスの提供もあり。

       

公式サイト

ENEOSでんき

       
  • 車に乗る人にはガソリンの割引など特典がある
  • 電気の使用量が多いほど安くなる

       

公式サイト
東京ガスのでんき
       
  • ずっとも電気の申し込みが可能
  • もちろん都市ガスのみの申し込みも可能
公式サイト
HTBエナジー(HISのでんき)
      
  • 電気の使用量が少ない人でも安くなりやすい
  • 単身世帯や共働きのカップルに向いている
公式サイト
エネワンでんき(サイサン)
       
  • LPガスとのセットで電気料金が安くなる
公式サイト
ニチガス
       
  • LPガスとのセットで電気料金が安くなる
公式サイト

東京電力エリア外へのお引っ越し

関東エリア外に引っ越す場合はどうすれば良いでしょうか?東京電力は、電力自由化以降、首都圏以外にも電気料金プランの提供を行っていますから、東京電力を引き続き選ぶことも可能です。

引き続き東京電力の利用を希望する場合

東京電力では、関東エリア以外にも、中部、関西、東北、九州エリアに電気料金プランを提供しています。 ただし、従量電灯プランではなく、新しい料金のスタンダードプランかプレミアムプランのみの提供です。料金に関しても、地域が異なると料金単価も変わります。関東での料金よりも高くなる場合もありますし、安くなる場合もありえます。 こちらも、引っ越し先の住所と入居日が分かっていれば、東京電力公式サイト上のオンラインフォームで簡単に手続きができます。

他社の電気料金プランにする場合

日本全国において、かつての大手電力会社との電気契約に加え、新電力の電気料金プランも選ぶことができるようになっています。 大手電力会社は規制料金を提供している一方、新電力はより魅力的な料金設定を行っています。選ぶのが面倒な気もしますが、電気の場合は、インターネットやスマホの契約のような解約金などがないことがほとんどですから、一度シュミレーションをしてみて、安くなったところに申し込んでみても良いでしょう。

もちろん、関西エリアへの引っ越しならば関西電力、中部エリアへの引っ越しなら中部電力と大手電力会社を選んでも何も問題ありません。

引っ越し日した月の電気料金

最後の検針日から引っ越し日までに使用した電気使用量が日割りで計算されます。退去日がいつなのか電力会社への連絡を忘れずにしましょう。 退去日に係員に来てもらいその場で精算することも大手電力会社なら可能です。事前の連絡が必要ですので、早めに東京電力に連絡をしましょう。