You are here

東京に引っ越す場合の電気の手続き完全ガイド(東京電力エリア)

東京に引っ越しが決まったら、電気の引っ越し手続きもお忘れなく!引っ越し先で東京電力の電気を使用する際に必要な手続きについてまとめました。

東京に引っ越す場合の電気の手続き完全ガイド(東京電力エリア)
  • 東京(東京電力エリア)に引っ越す場合の電気の手続き
  • 東京電力の引っ越し手続きには「電気の使用開始・停止」があります。
  • 東京電力の引っ越し手続きの申し込みはインターネットが便利です!

STEP1:東京電力の電気料金プランを選ぶ

東京および東京電力の供給エリアに引っ越し東京電力の電気を使用するなら、まずは契約したい東京電力の電気料金プランを選びましょう。

どの電気料金プランがおトクかわからない?そんなときは、現在の電気の使用状況などから料金プランの比較ができるシミュレーションが便利です!

電力自由化で東京電力以外の電気も選べるように! 2016年4月の電力自由化以前は住んでいる地域ごとに電力会社が決められており、東京では東京電力の電気しか契約できませんでした。しかし、現在は一般家庭も好きな電気を自由に選べるようになっています!東京引っ越しをする際は、東京電力エリアで選べるその他の電力会社の電気料金プランもぜひ比較検討してみてはいかがでしょうか?

STEP2:東京電力の電気の使用開始・停止の申し込み

東京電力で契約したい電気料金プランが決まったら、引っ越しまでに「電気の使用開始」の手続きを申し込みましょう。

東京電力エリア内で引っ越しする場合には、新居の「電気の使用開始」の手続きと合わせて現住居の「電気の使用停止」の手続きもお忘れずに!

東京電力への引っ越し手続きの申し込みは、24時間手続き可能で便利なホームページ、東京電力電話カスタマーセンター、FAX(ただし電力自由化以前の電気料金プランの契約のみ)で行うことができます。

電気の使用開始

引っ越し東京電力へ「電気の使用開始」の手続きをするには、下記の情報が必要です。

  • 電気の使用を開始したい引っ越し先の住所
  • 契約名義(契約者の名前)
  • 契約する電気料金プラン
  • 使用開始希望日
  • 契約容量(アンペア数
  • 電気料金の支払い方法(口座振替/クレジットカード/振込用紙での支払い)

東京電力のホームページから申し込む場合は、電気の使用開始日を「申し込み当日の前後一か月」に指定することができます。(ただし、電力自由化以前からある電気料金プランを契約する場合には「申し込み当日から2営業日以降~30営業日未満」)

電気の使用停止

東京電力エリア内の引っ越しで、現在の住居でも東京電力を契約している場合には引っ越し前に「電気の使用停止」の手続きも申し込みましょう。

万が一、手続きを忘れてしまうと、引っ越し後も電気料金が発生してしまうので要注意です!

東京電力の「電気の使用停止」の手続きには、下記の情報が必要です。

  • 電気の使用を停止したい現在の住所
  • 契約者の名前(契約名義)
  • お客さま番号(「検針票」「領収書」などに記載)
  • 引っ越し日(退去日)
  • 引っ越し先の住所
  • 電気料金の支払方法(口座振替/クレジットカード/振込用紙での支払い)
東京電力引っ越しお客様番号

お客様番号は「電気使用のお知らせ(検針票)」のこちらにに書いてあります。(東京電力HPより転用)

STEP3:引っ越し先で電気の使用を開始する

東京電力で電気の引っ越し手続きが完了したら、新居ではじめて電気を使う前に分電盤のブレーカーを下記の順序で操作してください。

  1. まず、アンペアブレーカーのつまみを「入」にする。
  2. 次に、漏電遮断器のつまみを「入」にする。
  3. 最後に、配線用遮断器のつまみを「入」にする(安全器の場合はふたをしめる)。

万が一、上記の操作をしても電気がつかないときは、東京電力カスタマーセンターへ電話しましょう。