電話で電気・ガス切替相談

なぞなぞ - 料金の安いものを選んでも決して品質が落ちないものは?

答えは電気です!品質はそのままで、料金設定の安い電気料金プランを探してみませんか?エキスパートにご相談ください。
(受付時間:午前10時 - 午後9時)

電気料金・ガス料金の比較

電話で電気・ガスの切替相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります。今よりも安くなる電気・ガスをお探しの方は、オンライン比較エンジンをご利用ください。

簡単・詳しい - 電力自由化に関する基礎知識

電力の小売全面自由化は2016年4月からはじまりました。それ以降は地域によって電力会社が自動的に決まってしまうのではなく、自分で電力会社を選択することが可能になりました。電力自由化によってわたしたちの生活はどのように変化するのでしょうか?また、電力会社を切り替えることによってどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?素朴な疑問も含めてご紹介していきます。

電力自由化とは?

耳にする機会が多くなった電力自由化という言葉ですが、実はこれまでもすでに電力自由化は段階的に進行してきました。これまでとこれからの電力自由化の流れを確認しましょう。電力自由化には大きく分けて発電・小売り・送配電の3つの面が関係しています。

  • 発電の自由化
  • 小売りの自由化
  • 送配電の自由化

発電の自由化(1995年~)

1995年に電気事業法が改正され、旧一般電気事業者以外も発電することが可能になり独立系発電事業者(IPS=Independent Power Producers)が参入できるようになりました。この発電の自由化によって電力会社は電気を購入する選択肢が広がり、他の旧一般電気事業者以外にも新規参入の独立系発電事業者からも電気を購入することができるようになりました。

小売りの自由化(2000年~)

電力の小売り自由化とは、電力を消費する側が電力会社を選択できるようになることです。

電力の小売り自由化は2016年4月からと思われがちですが、実はすでに2000年から段階的に進められてきました。2000年には大規模な工場や商業施設など多くの電力を消費する特別高圧電力が自由化されました。その後2004年~2005年にかけて小規模な工場や中小ビル向けの高圧電力、そして2016年4月には一般家庭・商店向けの低圧電力が自由化されました。

2016年4月の低圧電力小売り自由化によって、電気の小売は完全自由化されることとなり、電力自由化が私たちの生活にもより身近に感じられるようになりました。

送配電の自由化(2020年~)

現在進行中の電力自由化において、今後予定されているのは送配電の自由化です。 送配電の自由化とは、すでに敷設されている送配電網を新規事業者も自由に使用できるようになることで、2020年4月に予定されています。

現在、新規電気事業者は電力を各家庭や商店へ届けるために既存の送配電網を使用しており、割高な使用料を支払わなければなりません。2020年4月に行われる発送電分離後は配送電網を持っている旧一般電気事業者の発電部門と送配電部門が切り離され、新規電気事業者も同じ条件で既存の送配電網を使用できるようになります。

電力自由化の背景

長年にわたりガスや電気などのエネルギー事業は特定の企業の独占市場となってきました。これはガスや電気が毎日の生活に欠かせないものであり、大きな基盤をもつ会社が供給しなければすぐにストップしたり災害などの緊急事態に対応できないからという理由でした。

しかし、エネルギー市場が広がっていく中でその供給網も発達し、安定してガスや電気を供給できるようになってきました。さらに発電方法についても火力や原子力といった大きな施設が必要となるものだけでなく、風力発電や太陽光発電など小規模施設でも発電が可能な技術も生まれてきました。

また、2011年3月11日に東日本大震災が起きたこともあり、国民全体の節電や電気供給への意識が高まってきたことも自由化に関係しています。クリーンエネルギーや各家庭での自家発電方法についてなど電力エネルギーについて考える機会が震災をきっかけにさらに増え、低圧電力を含めた電力自由化や発送電分離などの議論が行われるようになりました。

これらの経緯から、日本においても2016年4月から一般家庭のような低圧電力を使用する電力市場も自由化され、私たち消費者が電力会社を選択できるようになりました。これを電力小売市場全面自由化と言い、一般的に電力自由化と呼ばれています。

電力自由化で変わること

2016年4月の電力自由化前までは、住んでいる地域によって契約できる電力会社が決められていました。それまで独占的に電気供給を行っていた電力会社を旧一般電気事業者と言います。

旧一般電気事業者北海道電力東北電力東京電力中部電力北陸電力関西電力四国電力中国電力九州電力沖縄電力の計10社

しかし、電力自由化によって電力事業にさまざまな企業が参入できるようになり、その中には特定規模電気事業者やガス会社、通信会社、自治体なども含まれ、これら新規参入の電気事業者をまとめて新電力事業者と呼びます。

特定規模電気事業者(PPS)旧一般電気事業者の送電網を使用して50kW以上の電力消費者に対して電力を販売してきた電気事業者。これまで企業向けに電力を販売してきた電気事業者と言えるが、2016年4月以降は一般家庭向けの電力供給も開始している。

そして、消費者としてのわたしたちから見れば、これらの旧一般電気事業者と新電力事業者の両方の中から自分に合った契約を選ぶことができることが電気自由化の最大の変化です。

これらの変化には、どの企業でも電力事業を始めることができ、消費者は自由に電力事業者を選ぶことができるという2つの自由化が関係していますが、電力の自由化はそれだけにはとどまりません。

電力自由化にはもうひとつの自由化、送配電の自由化も含まれています。 新電力事業者は発電設備は持っていても、各家庭に電気を送る送配電網は備えていません。そのため、送配電網の使用料を支払わなければならず、その使用料によって電気代が割高になってしまうという不公平が生じる可能性もあります。

そのため、2020年4月からは発送電分離が実施される予定で、この点でもさらに電力の自由化が進められることになります。

電力自由化で変わらないこと

電力の自由化に伴って最も気になるポイントは、これまで通りに電気が使えるかどうか?という点でしょう。

毎日使う電気は価格が安くなったからといって時々供給がストップしても仕方がないということにはなりませんし、災害などが起きた時にも電力会社によって復旧スピードが異なるようでは安心して電力会社を切り替えることはできません。

結論から述べると、電力の自由化によって電気の安定供給は変わることがありません。

まず、どの電気事業者と契約したとしても電気を送るための設備や電線はこれまでと変わらず、保守点検も旧一般電気事業者がこれまでと変わらずに行うためです。

また、特定の電気事業者の発電量が不足した場合にもその不足分は地域の電力会社がそれを補ってくれるため、特定の電力会社と契約した家庭のみが低い電圧になってしまうという事態は起こりません。

電力会社は新電力事業者を含め国が審査を行っていますので考えにくいことですが、万が一電力会社が倒産したとしても、電気の供給が止まらないようにそれぞれの地域の旧一般電気事業者には電気供給義務が課せられています。予期できない場合に備えて、地域の電気供給セーフティーネットも用意されているということです。

電力の自由化が進む中でも電力の安定供給という最重要ポイントが見落とされないようにさまざまな施策が取られているのです。

素朴な疑問Q&A

実際に電力事業者を切り替えようと考えると、自由化によって変わること変わらないことだけでなく、もっと身近な点での疑問もたくさん出てくるはずです。

ここでは、電力自由化に関係する5つの身近な疑問を取り上げます。

Q:マンションやアパートでも電力切り替えはできる?
A:切り替えることは可能です。

ただし、マンションやアパートの形態やオーナーの契約によって条件が異なったり、契約できない場合もあります。マンションの場合には管理組合等の合意を得ることが必要になる場合もあります。

Q:電力自由化以降は必ず電力会社を選択しなければいけない?
A:電力切り替えは任意ですので、切り替えなくても電気が使えなくなることはありません。

一緒に住んでいる家族の人数や使用している電気製品によっては電力切り替えによって電気代を節約することも可能です。電気事業者ごとの切り替えシミュレーションを使って比較検討することができます。

Q:電力会社を切り替えると電気工事が必要?
A:基本的には必要ありません。

インターネット回線を切り替える時のような開通工事は必要ありません。すでにスマートメーターが設置されている場合には簡単に切り替えが可能ですし、スマートメーターの設置が必要な場合でも設置工事は原則無料で、立ち合いなども原則必要ありません。

Q:電力会社を切り替えるとき電気が使えなくなる時間がある?
A:基本的には必要ありません。

すでにスマートメーターが設置されている場合には、切り替えの時に停電することはありません。スマートメーターを設置する場合でも停電する時間は5分程度と短い間だけです。

Q:電力会社を切り替えた後、再度他の会社に切り替えることはできる?
A:再度切り替えることも可能です。

ただし、電力切り替えの際に電気事業者によっては最低使用期間や契約解除料が設定されている場合があります。それらをしっかり確認してから再度切り替え手続きを始めることが大切です。

電力自由化のメリット

2016年4月に一般家庭向けにも門戸が広がった電気の自由化ですが、電力切り替えには具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?電気料金の面だけではない電力が自由化されるメリットを考えます。

発電方法を考える機会が増える

これまでの電力契約では自宅がある地域を管轄している旧一般電気事業者から電気が自動的に供給されており、火力・原子力・水力などその発電方法を選ぶことはできませんでした。

しかし、電力自由化によってさまざまな発電方法を採用する新電力事業者が参入してきました。事業者によっては太陽光発電やバイオマス発電、風力発電といったクリーンエネルギーを主な発電方法として採用している会社もありますます。

契約する電力会社を切り替えることによって自宅まで届く電気が変わるわけではありませんが、積極的にクリーンエネルギーを採用する電力会社と契約することは可能です。そうすることで取引上はクリーンエネルギーを選択することができ、そのような電力会社をバックアップすることができるようになります。

電気の自由化によって画一的なエネルギー供給ではなく、個人の思いや願いも反映できるエネルギー供給に変化してきているのです。これは電力自由化の大きなメリットといえるでしょう。

太陽光発電発電装置がパネル状でいろいろな場所に設置できるだけでなく、昼間の電力需要集中を緩和することが期待されています。

バイオマス発電バイオマスとは、生物を表すバイオと量を表すマスから成る言葉で、生物由来の燃料を用いてタービンを回し発電します。

風力発電環境要因に左右されるとはいえ、風力でタービンを回して発電するため、発電コストが低く抑えられます。

プランの選択肢が広がる

これまでの旧一般電気事業者に加えて、新電力事業者がすでにたくさん参入していますので、分かりやすいメリットとして私たちが選べる電力プランが大幅に増えました。

これまで電力供給は旧一般電気事業者の独占市場でしたが、私たち消費者がプランを選択できるため、電力会社もより魅力的なアピールポイントを用意してくれているのです。

たとえば料金体系について言えば、これまでは基本料金+従量料金(単位料金×電気使用量)という計算方法が多くの旧一般電気事業者で採用されていましたが、新電力事業者の提供するプランでは基本料金なしプランなど、分かりやすく計算しやすいプランも登場しています。

電気料金がお得になる

これまで提供されていた電気料金は総括原価方式(必要な原価に利益を加えて料金を設定する方法)により電気代を設定していました。(電気料金ガスの計算方法)一方、商社、通信企業などが電力小売り市場に参入した場合、各企業のすでに提供しているサービスとともに電力を販売するといったセット売りが可能になり、料金設定も柔軟に設定できる可能性があります。さらに競争が生まれますので、電気料金も下がることも大いに期待されます。

新電力事業者の中には大規模な発電施設や独自の燃料ルートをもつガス会社や石油会社だけでなく、通信会社や旅行会社、家電量販店グループなどさまざまバックグラウンドを持つ会社が含まれます。

たとえば、よく利用する家電量販店グループの割引が付いている電力プランを選択するということも可能ですし、そのような系列グループ内で使用できるポイントが貯まるプランも多く用意されていますので、賢く選べばお得に買い物ができるでしょう。

生活もシンプルに

電気、ガス、インターネットなど生活に欠かせないツールもこれまではバラバラに支払い、請求書や支払い方法が複雑になりがちでした。

しかし、電力自由化によって電気とガス、さらにはインターネット、携帯電話などの通信機器もまとめて契約することが可能となり、支払い方法や期日の点でもシンプルにすることができるようになりました。

契約をまとめることでセット割引を受けられるプランもありますので、生活がシンプルかつお得になれば大きなメリットです。

選べる新電力の例

以下に、新電力の電気料金プランの例をまとめました。電気の切り替えを考えている方は参考にご覧ください。

新電力の例
Looopでんき
Looopでんき Looopでんき基本料金ゼロ円、従量料金一段階のシンプルなプランを提供。極端に電気使用量が少ない方以外大手電力会社の従量電灯プランと比べて電気料金が安くなる。電気使用量が多いほどお得度が大きくなる。
・供給エリア: 全国(沖縄除く)
ソフトバンクでんき
ソフトバンクでんき ソフトバンクでんきの「おうちでんき」は、インタ―ネットやモバイルプランとセットにすることで割引になる。通信費が1回線につき100円割引(最初の2年)になり、電気料金が大手電力の従量電灯プランと比べて1%安くなる。再生可能エネルギーを多く使った「自然でんき」も提供。
・供給エリア: 全国(北陸除く)
リミックスでんき
リミックスでんき リミックスでんきは大手電力会社の従量電灯プランより電気料金が5%オフになるプランを提供。電気の使用量が少ない人でも必ず安くなる。
・供給エリア: 全国(沖縄除く)
エルピオでんき
エルピオでんき プロパンガス会社のエルピオが提供するエルピオでんき大手電力会社の従量電灯プランと比べて割安な料金設定のプランを提供。プラン設定は地域ごとに異なるため要確認。プロパンガスとのセット割を提供している地域もある。
・供給エリア: 東北・関東・中部・関西・中国・四国・九州
あしたでんき
あしたでんき あしたでんきの「標準プラン」は基本料金ゼロ円、従量料金一段階のシンプルプランで、電気使用量が多いほど大手電力会社の従量電灯プランと比べて割安になる。700kWh以上使用の方にお得な「たっぷりプラン」も用意。
・供給エリア: 東北・関東・中部・関西・中国・四国・九州
エネワンでんき
eneone プロパンガス会社のサイサンが手掛けるエネワンでんき。大手電力会社の従量電灯プランと比べて割安な料金設定のプランを提供。プラン設定は地域ごとに異なるため要確認。プロパンガスとセットで月200円割引になる。
・供給エリア: 北海道・東北・関東・中部・四国・九州
HTBエナジー(HISのでんき)
HTBエナジー(HISのでんき) HTBエナジー(HISのでんき)は、使用量が少なくてもお得になりやすいプランが充実。大手電力会社の従量電灯プランより最大8%お得になる。
・供給エリア: 全国
楽天でんき
楽天でんき 楽天でんきは基本料金ゼロ円、従量料金一段階のシンプルプラン。大手電力会社の従量電灯プランと比べて電気使用量が多いほどお得度になりやすい。電気の使用で楽天ポイントが貯まる
・供給エリア: 全国

電力自由化のデメリット

電気料金が高くなる可能性

電力切り替えによるメリットには電気料金がお得になるという項目がありましたが、それとは逆の電気料金が高くなってしまう可能性も実は捨てきれません。

これまでの電気供給は旧一般電気事業者の独占市場であり、価格競争は存在しませんでした。そのため価格は一定に保たれており、他社と比較してお得感を感じられるということもありませんでした。

しかし、この状態は電気料金が下がることを防ぐと同時に過度に上がってしまうことも防いでくれていました。

発電のために用いられる原油や天然ガスの供給価格が上昇した場合、その影響は電気料金にも及んでしまいます。少なくとも2020年まではこれまで旧一般電気事業者が提供していた規制料金プランが用意されてはいますが、その後はこれまでの電気料金が保証されてはいません。

2020年より後は発電にかかる費用が直接電気料金に反映されて、結果的に電力自由化前よりも電気料金が高くなってしまう可能性も捨てきれないのです。

選択肢が多すぎる

何でも選べるのは良いことですが、選択肢があまりに多いと逆に困ってしまうこともあります。

小売電気事業者の数は600社を超え、各社がそれぞれ多用なプランを用意していますので、その選択肢は多岐に渡ります。

電気工事や停電期間はほとんどなく電力を切り替えることができるとはいえ、切り替えのためにはやはり事前の手続きが必要です。

自分にとって最適なプランを選択するためには、自宅の電気使用状況を把握し、効率よく多くのプランを比較することが大切です。

セレクトラでは、電気料金のシミュレーションが簡単にできる電気料金比較ツールを提供しています。ぜひご活用ください。

  

Updated on