プロパンガスから都市ガスに切り替え:費用はどのくらい?切り替え条件は?

プロパンガスから都市ガスに切り替え:費用はどのくらい?切り替え条件は?

プロパンガス(LPガス)から都市ガスに切り替える際に、どのくらいの費用がかかるのかについて調べました。また、誰でも自由に都市ガスに切り替えられるわけではありません。切り替えが可能な方の条件についても確認しましょう。


プロパンガスから都市ガスに切り替えられる条件

一般的に、プロパンガスは都市ガスよりもガス代が高いと言われています。実際に、これら二つのガスでは供給方法が異なるため、供給にかかるコストはプロパンガスの方がどうしても高くなってしまいます。

そのため、「プロパンガスから都市ガスに切り替えたい」と考えている方も多いかもしれません。ただし、都市ガスを利用するためには以下の条件を満たしている必要があります。確認していきましょう。

  1. 戸建て、持ち家であること
  2. ガス導管が近くに通っていること
  3. ガス導管の設置工事が可能であること

 戸建て、持ち家であること

基本的に自分の好きな会社を自由に選べる電気とは違い、ガスはお住まいの場所によって選択肢があるかどうかが変わります。

戸建ての持ち家にお住まいの場合であれば、都市ガスを使うのも、プロパンガスを使うのも、自分の好きに選ぶことができます。

ただし、戸建てでも借家の場合や、アパートやマンションなどの集合住宅の場合、ガスを選ぶ権利を持っているのは大家さんや管理会社、または管理組合などです。ご自身がプロパンガスから都市ガスにしたいと思っていても、彼らの許可がなければ切り替えをすることができません。

 ガス導管が近くに通っていること

都市ガスは、「”都市”ガス」という名のあらわすとおり、比較的人口が密集している都市部を中心に供給されているガスです。

ガス会社がボンベを契約者宅まで届けて供給するプロパンガスとは違い、都市ガスは、地下に敷設されたガス導管を通じてガスの供給を行います。都市ガス会社がこのガス導管を敷設するには大きなコストがかかります。ある程度利用者がいる地域でなければ、ガス導管を引き込んでも、都市ガス会社はもとをとることができません。都市ガスが人口がある程度密集している地域でしか供給されていないのは、これが理由です。

そのため、たとえ戸建ての持ち家に住んでいたとしても、ガス導管が通っている地域にお住まいでない場合、残念ながら都市ガスを利用することはできません。ただし、ガス導管があまり離れていなければ、ガス導管の延長が可能かどうかを最寄りの都市ガス会社に問い合わせてみるのも良いでしょう。

なお、都市ガスのガス導管が敷設されている地域は、徐々に拡大していますが、現在は日本の国土面積のおよそ6%弱だと言われています。(消費エネルギー庁による)

したがって、都市ガスに切り替えたいと思ったら、まずはお住まいの地域で都市ガスが供給されているかどうかを確認する必要があります。

プロパンガス料金が高いと思ったら他の販売店から見積もりをとって、もっと安い料金プランを見つけましょう。一括見積りサービスをご活用ください!複数の販売店から速やかに見積もりを集めて提供します。
サービスは完全無料です。お気軽にご連絡ください。
 オンラインで見積もり依頼  0120-559-763
・対象: 持ち家戸建てにお住まいの方、アパート・マンションや店舗オーナー注意事項
・電話受付: 毎日 午前10時-午後9時 (年末年始を除く)

 ガス導管の設置工事が可能であること

家の近くにガス導管が通っていたとしても、公道から家の敷地内に到達するまでに、誰かの私道を通る必要がある場合は注意が必要です。

まれなケースではありますが、上記のケースに該当する場合、ガス導管の敷設をするために私道の所有者に許可をとらなくてはなりません。そしてもちろん、所有者の許可が得られない場合、ご自宅までガス導管を引き込むことができません。

住宅が密集している地域で起こりやすいケースですので、ご自宅が住宅に囲まれていたりする場合、この点についても確認する必要があるでしょう。

プロパンガスから都市ガスへの切り替えにかかる費用

プロパンガスから都市ガスに切り替えを行う場合、以下のような費用がかかると考えられます。

  1. ガス導管の引き込み費用
  2. ガス機器にかかる費用
  3. プロパンガスの解約費用

プロパンガスの簡単比較一括見積もりサービスなら、手軽に複数のプロパンガス(LPガス)販売店の見積もりを手に入れられます。持ち家戸建てにお住まいの方、賃貸住宅・店舗オーナーを対象とした無料サービス!ぜひご利用ください。
 オンラインで無料見積もり  0120-559-763
・対象:持ち家戸建てにお住まいの方、アパート・マンションや店舗オーナー ・注意事項
・電話受付時間:毎日 午前10-午後9時(年末年始を除く)

 ガス導管の設置にかかる費用

都市ガスを使うためには、ガス導管を家まで引き込む必要があります。一般的に、公道からガスを使う場所までの引き込み工事にかかる費用が契約者の負担となります。

ガス導管の引き込み費用には、平均で10万~15万円ほどかかることが多いようです。しかしこの費用はガス導管の通っている公道からガスを使用する自宅までの距離によって変動します。ガス導管の引き込み距離1mに対しておよそ1万円が相場と言われています。

つまり、ガス導管から家までの距離が近ければ費用が安く、遠ければ費用が高くなるということです。実際いくらかかるかについては、都市ガス会社に見積もりをとってもらい確認しましょう。

 ガス機器にかかる費用

ガス機器
都市ガスとプロパンガスではガス機器が異なります。

プロパンガス(LPガス)から都市ガスに切り替える場合、同じガス機器をそのまま使用することはできません。プロパンガスと都市ガスは性質の違うガスで、熱量が異なるためです。

そのため、切り替えの際には以下のどちらかを行ってガス機器を都市ガス用にする必要があります。

  • 今お使いのプロパンガス用ガス機器の部品を換えて、都市ガス用にする
  • 新しく都市ガス用のガス機器を買う

現在お使いのガス機器があまり古いものでなければ、製造メーカーが都市ガス対応の部品を扱っている可能性が高いため、部品の交換だけでガス機器を切り替えに備えられるでしょう。部品の交換にかかる費用について、ガスコンロであればおよそ1万円、給湯機であればおよそ3万円ほどかかると考えられます。

長い間使ってきたガス機器になると、部品交換が不可能だったり、またはガス機器自体が寿命を迎えていたりする可能性があります。この場合は、都市ガス対応のガス機器を新しく買いなおさなければなりません。ガス機器の購入費用は、どのガス機器を買うか、ガス会社がいくらで仕入れられるかによって変わるため、「だいたいこのくらい」というのは難しいのですが、10万~20万円程度は見積もった方が良いでしょう。場合によってはこれ以上かかることもあるかもしれません。(例えば、熱効率の良い最新の給湯器の定価は30万円ほどです)

このように、ガス機器を都市ガス対応にするためにも費用がかかります。都市ガス会社に連絡する際に、忘れずにこの点についても確認するようにしましょう。

プロパンガス料金が高いと思ったら他の販売店から見積もりをとって、もっと安い料金プランを見つけましょう。一括見積りサービスをご活用ください!複数の販売店から速やかに見積もりを集めて提供します。
サービスは完全無料です。お気軽にご連絡ください。
 オンラインで見積もり依頼  0120-559-763
・対象: 持ち家戸建てにお住まいの方、アパート・マンションや店舗オーナー注意事項
・電話受付: 毎日 午前10時-午後9時 (年末年始を除く)

 プロパンガスの解約にかかる費用

これはすべての方にあてはまる費用ではありませんが、プロパンガス(LPガス)を解約する際に費用がかかることがあります。解約金がかかるかどうかは、それぞれがプロパンガス会社と結んでいる契約によって違うため、契約書を確認しましょう。

解約金がかかる可能性が高いのは、プロパンガスの供給開始時に、ガス機器や設置工事にかかる費用をプロパンガス会社に負担してもらう「無償貸与契約」を結んでいる場合です。

「無償」という言葉がついていますが、実際にはガス機器・工事費用がタダになったわけではありません。実際には、契約者が毎月のガス代にこれらの費用を上乗せして少しずつプロパンガス会社に返済していくしくみになっています。

この契約を結んでいて、費用の完済前に解約する場合、残りの費用を一括で支払う必要が出てきます。時期によってはこの費用が高くつくこともあるでしょう。

そのため、切り替えをしたいと思ったら、プロパンガス会社との無償貸与契約の有無、そして解約の際の条件について事前に確認することが重要です。

プロパンガスのままでガス代を安くする方法

プロパンガスから都市ガスに切り替えるための費用について確認してきました。切り替えにはまとまった大きな費用がかかるため、ちょっと難しい、という方もいるでしょう。もしくは、そもそも都市ガスがお住まいの地域で供給されていない、ということもあるでしょう。

このような場合でも、ガス代を安くできない、というわけではありません。持ち家の戸建にお住まいの方であれば、プロパンガスの販売店を切り替えることでガス代を下げられる可能性が大きくあります。

プロパンガスは自由料金制で、販売店ごとの料金の差が大きい商品です。場合によっては、同じ地域にあっても2倍近く料金が違う販売店が存在するほどです。そのため、お得な料金でガスを提供している販売店を見つけて契約を切り替えることで、プロパンガスのままでもガス料金を下げることができます。

お得なプロパンガス販売会社を見つけるためには、一括見積りサービスの利用がおすすめです。お住まいの地域にある複数のガス会社から無料で見積もりを集めてくれる便利なサービスです。なお、見積もりをとったからといって契約の義務はないので、本当に納得できた時だけ契約に進めばOKです。

見積もりをご希望の方は、以下のオンラインフォームもしくはフリーダイヤルからお気軽にご連絡ください。

プロパンガスの一括見積り

プロパンガスの見積もりを取って、料金のお得な販売店を見つけましょう。
複数の販売店から無料で見積りをお取り寄せします。ぜひご活用ください!

・対象: 持ち家戸建てにお住まいの方、アパート・マンションや店舗オーナー 注意事項
・電話受付: 毎日 午前10時-午後9時 (年末年始を除く)

借家・アパート・マンションにお住まいの場合借家やアパート、マンションのような賃貸・集合住宅において、LPガスの直接の契約者は物件のオーナー(大家さん、管理会社など)です。入居者の方はご自身でガスを選ぶことができません。ガスを切り替えたい場合、まずはオーナーに相談する必要があります。

Updated on