電気に関する知識

電化製品の電力消費量はどれくらい?

電気代がいくらになるかは、月に、もしくは年間に使用する電化製品のkWh(キロワットアワー)を把握することで簡単に計算することができます。ちなみに、日本の年間電気使用量は1世帯あたり平均で4,600kWhとなっています。実際自分の家庭がどのくらい消費をしているかは、月々の検針票で確認することが出来ます。

冷蔵庫の電力消費量と電気代

冷蔵庫電力消費量

夏と冬とでは設定温度の変更をこころがけてみましょう。

それでは、日本の電気使用量の内訳のうち、第一位となっているはどの電化製品でしょうか?それは、電気冷蔵庫で、14.2%(省エネルギー庁の資料より)を占めます。それでは、この電気冷蔵庫の年間の電力消費量とその電気代はだいたいいくらになるでしょうか。

各電機メーカーのカタログを見ると、冷蔵庫の年間消費量はだいたい200-300kWhになっています。またその電力料金を求める場合、各電機メーカーは、主要電力会社10社の平均電気料金で計算をしカタログに載せています。

何かと耳にするエネファームとは?

電力自由化エネファーム

エネファームとは?

エネファームとは一言で説明すると家庭用燃料電池の愛称(ニックネーム)です。燃料電池という言葉、よく聞く機会が増えてきていますが、実際どのようなものか把握している人は少ないのではないでしょうか?何かと耳にするエネファームという言葉、このページでは一つずつ分かりやすく説明していきます。

電気の周波数(ヘルツ:Hz)とは?

周波数や、周波数の単位に使用されるHzヘルツ)、よく耳にする言葉ですが、いざ何かと聞かれると専門家以外なかなか答えられない場合がほとんだと思います。

一方で周波数は私たちが毎日使用する電気に深く関わっています。このページでは周波数とは何か、まだ電力自由化とはどのような関わりがあるのか分かりやすく解説します。

Subscribe to 電気に関する知識