You are here

アンペア容量とは? - 契約アンペア数の変更方法

契約アンペアはほとんどの場合各契約者の希望によって選ぶことができます。契約アンペア変更するにはどうしたらよいのかについて説明します。またアンペア容量が良く分からない人のための解説も。

  • 契約アンペアは一度に使える電力量に関係します。容量が多ければそれだけ、「一度に」たくさんの電気を使用することができます。
  • 基本料金は契約アンペアによって変わります。(アンペア数に関係なく最低料金制のところがあります。)
  • 新電力の中には基本料金のない電力会社もあります。
denkyu

契約アンペア・アンペア容量とは?

アンペアは、とは電気の流れる量、つまり電流を表す単位で、その数値は一度に使える電気量を表しています。

つまり契約するアンペア容量が大きければ大きいほど一度にたくさんの電気を使え、逆に小さければ一度に使える電気の量も少なくなりますから、使える電化製品調整が必要になります。またアンペアは、「A」という単位で表されます。

電気料金の基本料金は、ご自身がが選ぶアンペア数によって決定されます。「自分の契約しているアンペア容量が分からない。」という方は毎月各電力会社から届けられる「検針票」で確認することができますよ。

アンペア容量を選ぶ電力会社とそうでない電力会社がある。

ちなみに、日本ではアンペア容量を選ばなくてはいけない電力会社とそうでない電力会社があります。

引っ越しで、今まで最低料金制だったところから、アンペア制のところに移った場合や逆の場合は少し戸惑うかもしれません。

電力自由化以降、特に新電力はこの制度に縛られず料金を設定できるのですが、現状はほとんどの新電力が同じ料金の構成を採用しています。

ただし、Looopでんきやソフトバンクの自然電気などは、このような仕組みを取らずに基本料金(最低料金)なし=ゼロ円という料金を提供しています。使った分だけの電気代を払うというスタイルですね。

電気料金:基本料金の種類
最低料金制 アンペア制 基本料金/最低料金がない
ある一定の電気の使用まで最低料金がかかる。 契約しているアンペア数によって基本料金が変わるタイプ。 基本料金がゼロ円。電力量料金のみ
関西電力中国電力四国電力沖縄電力が採用 北海道電力東北電力東京電力北陸電力中部電力九州電力が採用

Looopでんき・ソフトバンクの自然でんき

基本料金がゼロ円なのはどうして? Looopでんきの基本料金ゼロ円案は、「原則的には発電を行う設備の保持にかかる費用」である基本料金を、小売専門の新電力が徴収するのはおかしいというLooopでんきの考え方が反映されたものです。

ブレーカーが落ちる理由はアンペア容量に関係がある。

基本料金でアンペア制をとっている電力会社の場合、大抵10Aから60A(10A、15A、20A、30A,、40A、50A、60A)までで契約ができるようになっています。

自分でアンペア容量を選んだことがない、という人もいるかもしれません。通常、特に手続きをしない場合は、前に住んでいた人の契約していたアンペア数が基本的に踏襲されるようです。

この契約アンペア容量を超えて、電気を同時に使うとブレーカーが落ちるしくみになっています。ブレーカーが落ちるというのは、実際に自動的に電気の供給を遮断(ブレイク)することを意味します。

誰しも1度や2度はブレーカーが落ちて家中が真っ暗闇になったという経験をお持ちでしょう。

契約アンペアが各需要家の需要に合っているかどうかを知るポイントは、「同時に」どれだけの電力を使用するかです。どんなに沢山の電気を使っても、各電化製品をバラバラに時間をずらせて使用している限りにおいては、契約のアンペア容量の上限に達しないため、ブレーカーは落ちないからです。

必要なアンペアの計算方法

それでは自分はどれだけの容量(アンペア)を必要とするか調べてみましょう。調べるにはもちろんご自身が利用されている電化製品が何かを把握する必要があります。

「一度に」どれだけの電化製品を使うかがポイントです。それらの電化製品の必要とするアンペア(A)の合計から、必要になるアンペア容量を知ることができます。

使用している電化製品のアンペア(A)の計算は、以下の方法で行います。

アンペアの計算方法アンペア(A)= その電解製品の消費電力(W)÷ 電圧(V)
例:800W(ワット)のドライヤーを使った場合のアンペア(A)は、800ワット ÷ 100ボルト(日本の電圧は100Vです)で、8アンペア(A)になります。

それでは、「4人家族が、冬の夕食前にキッチン料理でしながら家族は居間でテレビを見ている」場合を仮定してアンペア数の計算してみましょう。

アンペア数の計算例 エアコン暖房660W + 冷蔵庫250W + 照明計200W + 電子レンジ1500W + IHジャー炊飯器1300W + プラスマ42型テレビ360W = 4270W = 42.7A  → 契約容量は50Aが必要です。

一般家庭でよく使われる家電の電力消費電力は以下のようになっています。ここに載っていないものは、実際に製品についているラベルをみて計算をしてみてください。最大限電気を使う季節や時間帯を考慮に入れてやはり少し多めに見積もっておくのがよいでしょう。

地域にもよりますが、一般的に、冬が一番電気を使う季節となっています。

よく使われる家電の消費電力
電化製品 電力消費量
ノートパソコン 50W~120W
IH調理器 3000W
電子レンジ 1300W
炊飯器 350W~1200W
冷蔵庫 150W~500W
掃除機 1000W~1100W
こたつ 600W~800W
エアコン 440W~1040W

契約アンペアを変える訳

アンペア容量が足らず、しょっちゅうブレーカーが落ちてしまう場合。

契約アンペアを変える場合の理由には主として2つあります。まずは頻繁にブレーカーが落ちる場合。これはよく同時に使用する電化製品のアンペア数の合計が契約アンペアを超えていることが多いことを示しています。

ブレーカーが落ちることで作業が中断されるため、非常に不便です。このような状態を避けるためにはアンペア値をあげる必要があります。

アンペア容量に余裕がある場合。アンペア値を下げることにより基本料金の節約ができる。

もう一つは家族の人数が減ったなどの理由で、同時に使用する電化製品のアンペア合計が恒常的に契約のアンペア数以下になっている場合です。

契約するアンペア容量によって基本料金は変わり、多くなるとその分基本料金が高くなります。以下に実際の料金表を載せています。

電気料金削減のためにもアンペア数を減らすメリットはあります。例えば、北海道電力の契約アンペア数を50アンペアから40アンペアに下げる場合は、電気料金は一年に4.017円ほどお得になります。

東京電力:従量電灯Bの基本料金
10A 15A 20A 30A 40A 50A 60A
             
北海道電力:従量電灯Bの基本料金
10A 15A 20A 30A 40A 50A 60A
             
中部電力:従量電灯Bの基本料金
10A 15A 20A 30A 40A 50A 60A
             
九州電力:従量電灯Bの基本料金
10A 15A 20A 30A 40A 50A 60A
             

基本料金がゼロの電気料金もある! 新電力の中には、基本料金が0円というプランもあります。⇒ Looopでんきの公式サイトで料金を見てみる。

契約アンペアの変更方法

契約アンペアの変更をすると決めたならば、その手続きはいたってシンプルです。

契約アンペアは各地域の大手電力会社のコールセンターに連絡するか、インターネットかFAXでも申し込みが可能です。実際には、ブレーカーの取り換え作業が必要になりますので、作業員に来てもらう日時を決定します。ちなみに取り換えの作業は無料です。

また、もしご自宅の電力メーターがすでにスマートメーターになっている場合は、遠隔作業でアンペア容量の変更をしてもらえますので、よりスピーディーです。

ただし一度変更すると基本的に1年は変更ができませんのでその点は注意が必要です。皆さんも、契約アンペアはしっかり考えて選んでくださいね。