You are here

電力メーターの正しい見方とその種類

電力メーターとは使用電力を積算して計量する機器のことで、使用電力を数値化することができます。この数値をもとに、エネルギー管理や電気料金の支払いを行います。電力メーターの正しい見方とその種類について調べました。

電力メーターの正しい見方 読み方
  • 毎月の電気の使用量を測定しているのが電力メーターです。
  • 従来型は機械式電力メーターです。そしてスマートメーターへの切り替えが進んでいます。
  • 今後、全世帯に普及されるスマートメーター。見方もご紹介します。

どんな電力メーターがあるの?

各家庭の月々の電気の使用量を測定してくれているのは電力メーターです。戦前は、電力メーターが存在していなかったため、使用量に関わらず電気代は一定だったようですが、現代は、電力メーターが各契約者の電気の使用量を読み取り、それに基づいて電気代が請求されます。

ご存知の通り、電気の消費量にはkWh(キロワットアワー)という単位が使用されます。電気料金もkWhあたりいくらで設定されていますね。

そして、電力メーターが読み取った数字を検針員と呼ばれる係員が、確認し、「検針票」もしくは「電気ご使用のお知らせ」を発行し電気料金を各家庭に知らせています。

電力メーターをよく見たことはありますか?あまり意識してみたことがあるという人は少数派ではないでしょうか。電力メーターにはいくつか種類があります。現在、大まかにいって「機械式電力メーター」と「スマートメーター」が存在しています。

ここではこちらでは普段あまり意識していない電力メーターの正しい見方とその種類について詳しくまとめました。

機械式電力メーター

電力自由化・電力メーター・スマートメーター

おなじみの電力メーター。円盤が回り、電力消費量(kWh)を測定。ダイヤル式で数値が表示される。

機械式電力メーターは表面が透明で中をみることができます。中にはCDの円盤のようなものがあり、電気を使用するとこの円盤が回るようになっています。

計器の内部には電力に応じて回転する円盤があり、その回転数をもとに使用電力量を表示します。最小桁(5桁目)の右に目盛りが付いており、6桁目まで見ることができます。

さらによくメーターについているプレートを見ると、「○○rev/kWh」と書いてあるのが確認できます。これは「円盤が○○回転するごとに1kWh(キロワットアワー)使用したとして測定します」という意味になります。

昔から一般的に広く用いられていて、住宅の外壁に備え付けられているのをよく目にすると思います。

電力メーターの見方

従来型の電力メーターは円盤の回転数で電力の使用量を測定する。

この電力メーターには7桁の番号が付いており、電気代請求書に記載されている下3桁の番号と照らし合わせることで、自宅の計器を識別できるようになっています。

ただし、このような「電力メーター」も実は、「スマートメーター」と呼ばれる新しいタイプで電力メーターへの取り換えがすすめられています。電力会社を切り替える場合も、まずは、スマートメーターの交換が必要です。

もちろんすでに電力メーターがスマートメーターに切り替わっている家庭もたくさんあるはずです。

機械式電力メーターの欠点

  • 円盤が回転するという構造上、振動・衝撃・傾斜等に弱く、正確な計測が難しい。
  • 検針員が電力消費量をチェックするコストがかかる。

スマートメーター

電力自由化・電力メーター・スマートメーター

電気の使用量が30分ごとに把握できるのがスマートメーター

現在スマートメーターと呼ばれる新しいメーターも順次進められています。各電力会社が無料で従来のメーターからこのスマートメーターに取り換えを行っているので、すでに今家にあるメーターがスマートメーターになっているかもしれません。

スマートメーターは、デジタル式で電気の使用量を測定します。くるくる回る円盤はもうスマートメーターの中にはありません。スマートメーターにした場合は、検針員による一戸一戸のメーターチェックの作業が必要なくなり、遠隔で電気の使用量を把握できるようになります。さらに電気の使用量が細かく把握できるようになるので、電気の使用量のコントロールがしやすくなりというメリットがあります。

スマートメーターのメリット

  • 今までは1か月に1回しか把握できなかった電気料金や使用量が、30分ごとに把握できるようになります。
  • 検針員によるメーターのチェックが不要になります。
  • 電力会社にとっても電気の使用量が把握しやすく、コストや業務の負担軽減に役立ちます。
  • オール電化住宅の場合はHEMS(ヘムス)と連動させて、電気を「見える化」そしてより簡単に電気を「制御」することができるようになります。

スマートメーターのデメリット

  • メーター本体にカウンターがないので、故障したら測定が読めなくなる。
  • スマートメーターが取得したデーターを盗まれた場合、家庭の状況が遠隔地からも分かってしまう。何時に電気を使っているかなど。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を

電気の使用量の確認方法

むかしから使用されている機械式電力メーターにしても、スマートメーターにしても、各家庭の電気の使用量を測定するという機能には相違はありません。それではそれぞれどのように電気の使用量を確認するのでしょうか?

機械式電力メーターの見方

電力メーターの見方

電力メーターに表示される小数点以下はカウントされません。

機械式電力メーターは電気の使用量がダイヤル式で表示されます。ちなみに、電気の使用量がkWh(キロワットアワー)という単位でカウントされます。電力メーターにも、電気の使用量のお知らせをみても必ずkWh(キロワットアワー)の表示があります。

そして実際の使用量に関しては、今月の表示数から先月の表示数をマイナスすることで=今月の使用量を出すことが可能です。

例えば、今月、5108.3(kWh)と表示されており、先月が4788.2(kWh)だった場合は、5108.3-4788.2=320.1(kWh)となります。また、小数点以下は読み取りませんので、今月の消費電力量は320kWh(キロワットアワー)となります。

このように電力メーターに表示される電気の使用量を各電力会社の検針員が読み取り、請求書を発行しているのが従来の電力メーターです。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を

スマートメーターの見方

それではスマートメーターの場合はどのように電気の使用量を把握すれば良いのでしょうか?もちろん、スマートメーターでも電気の使用量を測るのにはkWh(キロワットアワー)が使用されます。

スマートメーターの場合、電気の使用量と、太陽光パネル等再生可能エネルギーを所有し、売電をしている人場合はその売電量が交互に表示されるようになっています。

その表示が10秒ごとに切り替わる仕組みとなっており、矢印マークがついているのが売電量、矢印マークがついていないのが電力の使用量です。

電力メーターの見方

スマートメーターの場合、矢印なしと矢印付きに表示が切り替わります。

さらにスマートメーターが従来型の電力メーターと違う点は、小数点も読み取るという点です。

例えば、今月、5108.1(kWh)と表示されており、先月が4788.8(kWh)だった場合は、5108.1-4788.8=319.3(kWh)となります。そして小数点も計算した上で、実際の電気料金の請求には四捨五入された数字が使用されます。

ただし、スマートメーターも画面に表示される数字は、今まで使用した電力量(kWh)の積算量です。そのため今月の電力消費量を把握したい場合は、先月のトータルの電力消費量をマイナスする必要があります。

HEMS(ヘムス)のような、家電や電気設備とつないで、電気やガスなどの使用量をモニター画面などでみれるようなシステムを導入すれば、家庭内で、簡単に電気の使用量を把握することができます。

スマートメーターの見方

  • スマートメーターに表示される数字は、「電気の使用量」と太陽光を売電している場合はその電気「売電量」の両方です。
  • 「使用量」と「売電量」の数値が10秒ごとに切り替わるようになっています。
  • 矢印マークがついているのが売電量、矢印マークがついていないのが電力の使用量です。
  • 表示される数字は月ごとの電力使用量(kWh)ではなく、いままで使用した電気の積算量です。