You are here

沖縄電力:電気料金メニュー

Okinawa-Denryoku

沖縄電力の電気料金メニューについてまとめました。

沖縄電力の新しい電気メニューは?

電力小売自由化に合わせて沖縄電力から新しい電気料金メニューがでるのか気になるところですが、いまのところそのような発表はまだありません。

沖縄電力の供給エリアへの参入が決まっている新電力もまだありません。

電気料金の計算のしかた

電気料金は、「基本料金」+「電気量料金(電気の使用量:kWh × 料金単価:1kWhあたりの値段)」で決まります。基本料金は契約するプランによって異なり、電気量料金も同様です。検針票には詳しく記載がない場合がありますが、一度電気料金を分解して計算してみればよく理解することができるます。詳しくは、電気料金の計算方法のページをご覧ください。

沖縄電力料金メニュー

現在沖縄電力で提供されている電気料金メニューは以下の通りです。

基本電気料金メニュー 適用範囲
従量電灯
  1. スタンダードな電気契約です。電気料金は使用する時間帯と関係なく、使用量によって3段階に設定されています。
Eeらいふ
  1. 量電灯の範囲内の使用で、1キロワット以上の夜間蓄熱型温水器などを使用し、電気使用時間帯を昼間時間以外へ移行可能または希望する利用者向けです。
  2. 料金単価が安い夜間に電気を使用するとお得になります。
時間帯別電灯
  1. 従量電灯の適用範囲内で、電気の使用を昼間から夜間へ移行可能な利用者向けです。

電力小売自由化以降の沖縄電力の電気料金メニュー

2016年4月の電力小売自由化がスタートし、今後沖縄電力電気料金メニューがリニューアルされる可能性があります。料金メニューが新しく登場する際には、お知らせします!


契約プランを変えた場合の電気代の見積り

沖縄電力HPの電気料金シュミレーションに必要な情報を入れるだけで、契約プランを変えた場合の見積りをとることができます。

  • 現在契約のメニューを選択します。(分からない場合は、お手元の「検針票」や「領収書」をチェックします。)
  • 使用しているキロワット数や容量を必要い応じて記入します。(例えば今時間帯別電灯を使用している場合は、昼間の電気使用料、夜間の電気使用量が分かります。いずれも「検針票」や「領収書」にて確認できます)
  • シュミレーション結果が出ます。

オール電化にした場合の電気代の見積り

オール電化を検討中の方は、沖縄電力HPのオール電化光熱費シュミレーションが便利です。必要な情報を入れるだけで、オール電化にした場合の光熱費の見積りをとることができます。

入力が必要な情報

  • 世帯人数(1から7人のうちから選べます。)
  • お住まいの市町村を選びます。
  • 現在調理に使用しているエネルギーを選びます。(選択肢:都市ガス、プロパンガス、電気)
  • 同じく、現在給油に使用しているエネルギーを選びます。(選択肢:都市ガス、プロパンガス、灯油、電気)
  • 過去の領収書を確認して、電気料金とガス料金を記入します。該当の月も合わせて記入します。
  • エコキュートとIHでオール電化にした場合と、電気温水器とIHでオール電化にした場合の見積りを見ることができます。
  • ※ 導入時の機器/工事費は含まれませんのでご注意ください。

さらに詳しく確認したい場合は沖縄電力コールセンターへの相談をおすすめします。