LPガスの見積もりをとろう:見積もりを取るべき理由とガス料金のしくみを解説

LPガス(プロパンガス)の見積もりをとって、お得な料金の販売店を見つけましょう。見積もりの取り方、ガス料金のしくみをご紹介します。

LPガスの見積もりの取り方
LPガスの見積もりを取って、ガス料金を見直してみましょう。
  • LPガス料金は高めに設定されていることが多々あります。複数の販売店から見積もりをとらずに契約をした人は一度LPガス料金を見直してみてはいかがでしょうか。
  • LPガスの見積もりをもらうのは簡単。もちろん無料です。

プロパンガス料金が高いと思ったら他の販売店から見積もりをとって、もっと安い料金プランを見つけましょう。一括見積りサービスをご活用ください!複数の販売店から速やかに見積もりを集めて提供します。
サービスは完全無料です。お気軽にご連絡ください。
オンラインで見積もり依頼 0120-559-763
・対象: 持ち家戸建てにお住まいの方、アパート・マンションや店舗オーナー注意事項
・電話受付: 毎日 午前10時-午後9時 (年末年始を除く)

なぜLPガスの見積もりをとるべきか

現在LPガス(プロパンガス)を契約中の方も、これからお引越し等で新しくLPガスを使い始める方も、ぜひ複数のLPガス販売店から見積もりを取ることをおすすめします。

理由は次のとおりです。

LPガスは自由料金制だから

一つ目はまず、LPガス(プロパンガス)の料金は販売店によって異なる、という理由です。

LPガスは公共料金、つまり、水道料金のように、同じ地域に住む人がすべて同じ料金を払っている、というイメージを持っている方もいるようですが、それは間違いです。LPガスは、店が違えば料金も変わります。各販売店が独自に料金を設定できる自由料金制だからです。

LPガスの料金には法律の規制がなく、コストと利益を加味して各販売店が自由に料金を設定しているので、それぞれ契約者が選ぶLPガス会社によって料金が異なります。ですから、高いところもあれば安いところもある、というわけです。

賃貸・集合住宅の場合アパートやマンションのような賃貸・集合住宅において、LPガスの直接の契約者は物件のオーナー(大家さんや管理会社)です。そのため、入居者の方はご自身でガスを選ぶことができません。ガスを切り替えたい場合、まずはオーナーに相談する必要があります。

料金が高めに設定されていることが多いから

二つ目の理由ですが、残念ながら、LPガス(プロパンガス)の料金が高めに設定されていることが多いためです。

LPガス販売会社はたくさんありますので、当然、競争が生まれ、本来ならば料金は下がるはずです。ところが、実際は相場よりも高く料金を設定しており、それでも契約者を失うことなく商売を続けているLPガス販売者も多く存在します。

なぜこのようなことが起きているのでしょうか?

料金を公開する義務がない

実は、LPガスの料金は公開が義務ではありません。そのため、LPガス販売店のホームページを見ても料金が載っていない、というケースはまだ珍しいことではありません。
(ただし、平成29年の液石法省令等の一部改正に伴って料金透明化の動きが強まっており、公開している販売店も徐々に増えています。)

このような状況下では、仮に料金を高く設定していても、他の販売店と比較されづらいので、消費者に気づかれるリスクは低いですね。そのため、LPガス販売店の中には、LPガス料金を高め設定しているところもあるようです。

このため、LPガス料金を知るためには見積もりをとることが必要になるわけです。

消費者のLPガスに関する知識不足

LPガスの知識
消費者がLPガスについてきちんと理解することも大事です。

「LPガスが自由に選べるなんて知らなかった!」「LPガスは販売店によって料金が違うのを知らなかった!」そんな消費者もたくさんいらっしゃるでしょう。

消費者のLPガスに関する知識不足も、LPガス料金の高い料金設定を許してしまっている理由の一つです。

今、このページをお読みの方はもう「LPガス料金は比べて選ばなくてはいけない!」とお分かりと思いますが、知らない方もまだまだたくさん。特に今まで都市ガスを使用しており、初めてLPガスの契約をする人は勝手が分からず、一社の話だけ聞いてLPガス契約を決めてしまうことがあるようです。

LPガス業界の競争を促し、また料金を透明化するためにも、消費者それぞれがもっと積極的にLPガス会社に見積もりをとって比較するというアクションを起こしていくことが大切です。

LPガスの見積もりの取り方

LPガス(プロパンガス)の見積もりの取り方自体はシンプルです。

お住まいの地域で供給をしているガス販売店を探します(インターネットなどで簡単に見つけることができます)。気になるお店をいくつかピックアップしたら、電話やメールで見積もりを依頼するだけです。その時、販売店にもよりますが、使用しているガス機器の種類などを聞かれることもあるので、事前に確認しておくとスムーズでしょう。

便利な一括見積もりサービス

「いちいち販売店に連絡して見積もりをお願いするのは面倒だなあ」と思う方もいるでしょうし、引っ越しなどで時間のない方もいるでしょう。そんな方には、一括見積りサービスをおすすめします。お住まいの地域にある複数の販売店から無料で見積もりを集めてくれる、便利なサービスです。

もちろん、見積もりを取ったからといって、契約する義務はありませんので安心です。下記のオンラインフォーム、もしくはフリーダイヤルから簡単に見積もり依頼ができますので、お気軽にご利用くださいね。

プロパンガスの一括見積り

プロパンガスの見積もりを取って、料金のお得な販売店を見つけましょう。
複数の販売店から無料で見積りをお取り寄せします。ぜひご活用ください!

・対象: 持ち家戸建てにお住まいの方、アパート・マンションや店舗オーナー 注意事項
・電話受付: 毎日 午前10時-午後9時 (年末年始を除く)

LPガス料金のしくみ

さて、見積もりがそろったら、あとは中身を比べるだけです。内容を理解して正しく比較できるように、LPガス(プロパンガス)料金の内訳がどうなっているか、確認しましょう。

基本の料金体系:二部料金制

LPガスの料金は、一般的に「基本料金」と「従量料金」のふたつの要素で構成されています。これは二部料金制と呼ばれ、日本のおよそ95%以上のLPガス販売店で採用されている料金プランです。

二部料金制
基本料金 ガス供給のために必要な月々の固定費用です。ガスの使用の有無にかかわらず請求されます。具体的には供給設備や保安などに関する費用です。
従量料金 ガスの使用量に応じて発生する料金です。1㎥につき××円、という風に単価が決まっています(従量単価)。ガスの原料やボンベの配送に関する費用です。

したがって、ひと月のガス料金は「基本料金(円/月)+ひと月分のガス使用量(㎥)×従量単価(円/㎥)」という風に求められます。

三部料金制三部料金制とは、「基本料金」と「従量料金」、そして「設備利用料金」で構成される料金プランです。稀にこのプランを採用している販売店があります。
要素が増えるからと言って値段が上がるわけではなく、二部料金制で基本料金の中に含められていたガスメーターやガス管などの貸付設備使用料や、集中監視システム利用料、ストーブなどの機器の割賦代金などを、「設備利用料金」として別立てして徴収する仕組みです。

スライド制

スライド制とは、従量料金に関わるしくみです。

1㎥あたりの従量料金を、使用量の多い・少ないに関わらず一律で設定している販売店もあります。一方で、多くの販売店は、ガスの使用量が増えると1㎥あたりの従量料金が段階的に安くなるしくみ、「スライド制」を採用しています。

 
使用量(㎥) 単価(円/㎥)
1~5㎥ 580円
6~10㎥ 550円
11~15㎥ 520円
16㎥以上 500円

例えば、仮に従量単価が上の表のとおりで、一か月のガス使用量が17㎥だったとします。すると、その月の従量料金は

5×580+5×550+5×520+2×500=9,250

という風に求めることができます。

原料費調整制度

原料費調整制度も従量料金に関わるしくみです。

日本のLPガスは、原料の大半を中東諸国・アメリカからの輸入でまかなっています。そして、原料の売値は絶えず変化し、また、為替変動の影響も常に受けています。そのため、LPガスは小売価格を一定に保つのが難しい商品なのです。

この原料価格の変動を正しくガス料金に反映するために作られたしくみが「原料費調整制度」です。原料価格の変動にもとづいて、毎月の従量単価が計算しなおされます。つまり、原料価格が上がれば従量単価も上がり、逆に、原料価格が下がれば従量単価も下がるというしくみです。

一般的に、3か月間の原料価格の平均に基づいて、その2か月後の従量単価が決定されています。例えば、「1~3月の原料価格の平均→5月の従量単価、2~4月の原料価格の平均→6月の従量単価」といった具合です。

原料価格の増減が常に従量料金に反映されているため、透明度の高い料金設定であると言えます。

プロパンガスの簡単比較一括見積もりサービスなら、手軽に複数のプロパンガス(LPガス)販売店の見積もりを手に入れられます。持ち家戸建てにお住まいの方、賃貸住宅・店舗オーナーを対象とした無料サービス!ぜひご利用ください。
オンラインで無料見積もり 0120-559-763
・対象:持ち家戸建てにお住まいの方、アパート・マンションや店舗オーナー ・注意事項
・電話受付時間:毎日 午前10-午後9時(年末年始を除く)

Updated on