引っ越しで電気を申し込む

お引っ越しで新規に電気の申し込みが必要ですか?

電話で申し込みを受け付けています。電気料金のエキスパート、セレクトラにご相談ください。
☎ セレクトラ・ジャパンコールセンター:受付時間:9時-18時 ※年末年始は休業、お昼休憩13時-14時

引っ越しで電気の解約を忘れてしまったら?引っ越し前に電気の契約を忘れたらどうなる?

電気を解約しないで引っ越してしまったらどうなる?また、引っ越し前に新居の電気契約を忘れたらどうなる?電気の引っ越しにまつわる疑問にお答えします。

電気の申し込みを忘れたら
引っ越しで電気の契約・解約手続きを忘れてしまった場合の対処法を確認しましょう。
  • 電気の解約をせずに退去してしまったら、速やかに電力会社に連絡を。
  • 引っ越し前に電気の申し込みを忘れると、引っ越し当日電気がつかないかもしれません。
  • 引っ越しを機に電力会社を切り替えて、電気代を節約してみてはいかがでしょうか。

引っ越しに伴う電気の解約

まずは、電気の解約手続きをしないまま引っ越しをしてしまった場合について見ていきましょう。

電気の解約をせずに引っ越ししてしまったら?

電気の解約を忘れてしまったら、気づいた時点で速やかに電力会社に連絡してください。なぜなら、基本的に電気の解約において解約日をさかのぼることはできないからです。

電力会社の約款を見てみると、解約日は「解約手続きをした日」、「供給修了措置が終わった日」などと規定されていることがほとんどです。ですから、例えば「1週間前に引っ越して、それ以来その家で電気を使っていない」という場合でも、解約日を1週間前に設定することはできない、ということになります。

仮に、アパート等で解約を忘れたまま退去してしまい、次の入居者が万が一契約をしないままに電気を使い始めてしまえば、その分の電気代はあなたに請求がいくことになってしまうでしょう。

そして、電気を解約する場合、電気代は、前回の検針日から利用停止日までを日割りして計算されます。毎月固定で払っている基本料金も日割りになりますから、たとえ電気を使っていないとしても、手続きが遅れれば遅れるほど支払う金額が増えて損になってしまいますね。ですので、解約忘れは気づいた時点で速やかに電力会社に連絡することが重要です。

電気の解約手続きの流れ

電気の解約は、通常であればオンラインもしくは電話で受付をしています。しかし、退去後に解約の手続きをする場合は電話での手続きとなるケースが多いようです。詳しくは以前の住居で契約していた電力会社のホームページ等で確認し、その指示に従ってください。

解約手続きにおいて、「お客様番号」があると手続きがスムーズに行えますので、事前に検針票を見て確認しておくとよいでしょう。なお、書類などを求められることは特にありません。一般的なケースであれば、オンラインフォームへの記入、もしくは電話一本で手続きが完了します。

上でも触れたとおり、解約月の電気料金は、前回の検針日から利用停止日までを日割りして精算されます。精算は、口座振替やカード払いのほか、新居に請求書を送ってもらうなどの方法から選べます。

引っ越しに伴う電気の契約

続いて、引っ越し前に電気の使用開始申し込みをしなかった場合について確認しましょう。

引っ越し前に電気の契約を忘れてしまったら?

電力メーター
左・アナログ式メーター、右・デジタル式スマートメーター

引っ越し前に電気の契約を忘れた場合、電気が使えるかどうかは新居の電力メーターの種類にかかっています。

従来型のアナログ式メーターであれば契約を忘れても電気がすぐに使えます。ちなみに、くるくる回る円盤のようなものがついていれば、それが従来型の電力メーターです。

一方、デジタル式のスマートメーターが設置されている場合、契約手続きをしない限り電気が使えない可能性が高いでしょう。

スマートメーターとは?2024年に普及100%を目標に、従来型からの取替がすすめられている新型のデジタル式電力メーター。遠隔操作が可能なため、電気の解約の連絡を受けた後すぐに、時間差なしで電力供給を停止することができる

契約を忘れた場合の電気の使用開始方法

それでは電力メーターの種類に合わせた対処法を見ていきましょう。

従来型の電力メーターの場合

新居のメーターがアナログ式のものであれば、分電盤を開き、ブレーカーのスイッチを入れればすぐに電気が使えるようになります。

分電盤のブレーカーを「入」にする方法分電盤のブレーカーは、1)アンペアブレーカー、2)漏電遮断器 、3)配線用遮断器の順番で「入」にすると電気がつきます。万が一、分電盤のブレーカーを「入」にして電気がつかない場合は、すぐに地域の大手電力会社へ電話しましょう。

この場合の電気は新居のある地域の大手電力会社から供給されています。ですから、速やかにその電力会社に連絡をして、契約手続きを行いましょう。ちなみに、この契約手続きをしなくてもしばらく電気は使えますが、そのまま放っておくと催促の後に供給停止が行われることになります。契約手続きは必須です。

入居先に備え付けてられている「電気使用開始手続書」に契約者の名前、使用開始日などを書記入してその電力会社へ郵送、もしくはオンライン、電話で申し込みをします。

スマートメーターの場合

電力メーターがデジタル式のスマートメーターの場合、電気の供給自体が止まっている可能性が高いので、そうであればブレーカーを上げても電気はつきません。

すぐに電気を使えるようにするためには、地域の大手電力会社に電話連絡をし、使用開始の申し込みを行いましょう

なお、引っ越し後初めての電気料金は、電気使用を開始した日から最初の検針日の前日までの使用量で日割りして請求されます。

電力会社の変更は引っ越し前に

うっかり引っ越し前に電気使用開始の申し込みを忘れてしまった場合、引っ越し当日に電気がつかない可能性があることがわかりました。

そして、その場合は新電力への切り替えを希望していても、電力会社は選べなくなってしまいます。すぐに電気を使うためには、地域の大手電力会社と契約する必要があります。

電気の使用開始の申し込みは必須の手続きですから、なるべく引っ越し前に余裕を持って準備するようにしましょう。そうすることで、入居先で電気がつかないトラブルを回避するだけでなく、自分の生活スタイルにあった電気料金プランを提案している電力会社を選んで契約することができます。

引っ越しを機に電力会社を変えたい場合は?

全国でたくさんの電力会社が工夫を凝らした様々な電気料金プランを提案している今、引っ越しをきっかけに電気の切り替えを考えている方も多いのではないでしょうか。

上で触れたとおり、新電力は引っ越し直前の手続きを受け付けていない場合がほとんどですので、新電力に切り替えたいとお考えの方は、引っ越し日の2週間前ぐらいまでに電力会社を比較して、プランを選択しておくことをおすすめします。
・参考記事「引っ越しと同時に安い電気料金プランに切り替える方法

なお、新電力の中には、引っ越しと同時の契約を受け付けていない会社(入居後一定期間経ってからでないと契約できない会社)もあります。電力会社選びの際にはこの点にも注意しましょう。

Updated on