You are here

東京電力:スタンダードプランS・スタンダードプランL

東京電力

東京電力の新しい電気料金メニュー、スタンダードプランSスタンダードプランLについてまとめました。

現在の契約で基本料金が60Aまでで契約しているの場合は、スタンダードSプランでの契約が可能です。スタンダードLの契約(1kVAごとの契約)は、電気の使用量の多い家庭・商店向けプランとなっています。

スタンダードプランS・スタンダードプランL
の特徴

  • 基本料金が契約アンペア数ごとに段階性になっています。
  • 電力量料金(1kWhあたりの単価)は2段階制になっています。
  • スタンダートLは電気の使用量の多い家庭向けのメニューです。
  • 1kWhあたりの料金単価は季節や時間帯によって変わることはありません。

東京電力|スタンダードプランSの料金(関東エリア)

基本料金

東京電力|スタンダードS|基本料金(関東エリア)
契約アンペア数 基本料金(円)(税込)
10A  
15A  
20A  
30A  
40A  
50A  
60A  

電力量料金

東京電力|スタンダードS|電力量料金(関東エリア)
電力消費量(kWh) 1kWhあたりの値段(税込)
最初の300kWh  
300kWh以上  

最低月額料金

最低月額料金(1契約あたり) 231円55銭

東京電力|スタンダードプランLの料金(関東エリア)

基本料金

東京電力|スタンダードL|基本料金(関東エリア)
基本料金(1kVAあたり)
※1kVAは10Aに相当。
 

電力量料金

東京電力|スタンダードL|電力量料金(関東エリア)
電力消費量(kWh) 1kWhあたりの値段(円)(税込)
最初の300kWh  
300kWh以上  

東京電力の関東むけメニューの供給エリア

東京電力の関東むけ電気料金メニューの供給エリアは以下のようになっています。

栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都(島嶼地域を除く)、神奈川県、山梨県および静岡県(富士川以東)