You are here

関西電力:はぴeタイム(関西エリア)

Kansai

関西電力の新しい電気料金メニュー、割安な時間帯に電気の使用を移行することで電気料金の節約ができる、はぴeタイムについてまとめました。

夜間割引時間帯料金週末祝日料金季節料金

関西電力の新電気料金メニュー・はぴeタイム(関西エリア)の特徴

  • 夜23時から翌朝7時までおトクな夜間料金が適用されるピークシフトプランです。   
  • 夏季(7-9月)とそれ以外でピーク料金であるデイタイム料金が料金が分かれます。
  • 土日祝日の日中は、割高なデイタイム料金がなく通常料金で過ごせます。
  • 夜型の生活のご家庭や、平日は家を空けることが多く、土日にまとめて家事をする、という家庭に向いています。
  • デイタイムの料金はかなり割高です。
  • eスマート10との違いは、ナイトタイムがeスマート10より短くデイタイムの時間が長く、夏季とそれ以外で分かれるのはデイタイ料金です。

関西電力の新電気料金メニュー・はぴeタイムの料金

基本料金

関西電力のはぴeタイムの基本料金
契約kVA 料金単価(税込)
最初の10kVAまで(1契約あたり)  
10kVAをこえる1kVAにつき(1kVAあたり)  

電力量料金

関西電力のはぴeタイムの電力量料金
時間帯 1kWhあたりの値段(税込)
デイタイム 夏季(7月1日から9月30日まで)  
その他の季節  
リビングタイム  
ナイトタイム  
  • デイタイムは、平日10時から17時までです。
  • リビングタイムは、平日7時から10時および17時から23時、または休日扱い日の7時から23時までです。
  • ナイトタイムは、毎日23時から翌日7時までです。
  • ※休日扱い日とは、土曜日、日曜日、「国民の祝日に関する法律」に規定する休日、1月2日、1月3日、4月30日、5月1日、5月2日、12月30日、2月31日です。
  • ※まったく電気をご使用されない(1ヶ月のご使用量が0kWh)場合、基本料金は半額です。

なお、関西電力はぴeタイムの季節区分、時間帯区分は下記の通りです。

季節区分 夏季 7月1日~9月30日
その他の季節 毎年10月1日~翌年6月30日

はぴeタイムの時間帯区分
時間帯区分 月~金曜日 土・日・祝日
デイタイム 10時~17時 無し
リビングタイム 7時~10時、17時~23時 7時~23時
ナイトタイム 23時~翌朝7時 23時~翌朝7時

関西電力の供給エリア

関西電力電気料金ニューの供給エリアは下記の通りです。

滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、和歌山県、兵庫県(一部を除く)、福井県の一部、岐阜県の一部および三重県の一部

 

はぴeタイムに付帯する割引

  • マイコン型・5時間型の電気給湯機を使用している利用者向けの通電機器割引があります。
  • 電化住宅に住んでいる利用者には、電気料金が10%割引かれる「オール電化住宅割引」があます。
  • 夜間蓄熱式機器などを使用しない場合でも「はぴeタイム」に加入できます。

オール電化向け割引は停止 平成28年4月1日以降、新規加入は停止となっています。

はぴeタイムには、オール電化住宅に住んでいる利用者向けのはぴeプラン(オール電化住宅割引)と、通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器、5時間型通電機器を使用している利用者向けの割引が付帯措置として設けられています。

はぴeプラン(オール電化住宅割引)の計算方法は以下の様になります。

はぴeプラン(オール電化住宅割引) オール電化住宅割引額=割引対象額(基本料金+電力量料金)x10%
※ 電化住宅割引額の上限は1カ月につき3,240.00円です。

はぴeプラン(オール電化住宅割引)の新規加入の停止についてはぴeプラン(オール電化住宅割引)の新規加入は平成27年3月31日をもって終了しました。ただし、同日時点で加入している利用者は、引っ越しなどによる契約変更が無い限り、引き続き割引を受けられます。

通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器割引、5時間型通電機器割引は、上記の料金単価表にあるように、1kVAにつき割引されます。