引っ越し見積もり:見積もり方法、タイミング、安い見積もりをもらうコツ

引っ越し見積もり:見積もり方法、タイミング、安い見積もりをもらうコツ

引っ越し業者に見積もりを取る時に役立つ情報をまとめたページです。正確な見積もりを出してもらうための注意点、安い見積もりをもらうためのコツをご確認いただけます。

引っ越しで見積もりは必要?

ご自宅の引っ越し作業を引っ越し業者に依頼する場合、まず引っ越し業者に引っ越し費用の見積もりを出してもらう必要があります。

引っ越しの見積もりでは、荷物の多さや引っ越しの距離、住居の設備や周辺状況などを把握します。そのうえで、作業にどのくらいの時間や人員、機材が必要になるかを計算し、引っ越し費用を決定します。

ここでは、スムーズに引っ越し見積もりをもらうため、そして安い見積もりをもらうために知っておくべき情報をご紹介します。

引越しを機会に電気・ガス料金を削減したい?セレクトラのらくらく窓口までご相談ください。引っ越し先で申し込めるお得な料金プランをお探しします。
セレクトラのらくらく窓口 ☎ 営業時間:9時-19時 (年末年始除く)
 電話する(0120-710-473)

引っ越しの見積もりを取る方法

引っ越し見積もりを取るには、「訪問見積もり」「オンライン見積もり」「電話見積もり」の3つのうちどれかの方法で行います。

引っ越し業者に見積もりを出してもらうこと自体は基本的に無料です。万が一料金が発生するのであれば事前に連絡があります。

 訪問見積もり

引っ越し見積もりのうちもっともスタンダードな方法が訪問見積もりです。引っ越し業者の担当者が現住居を訪問して見積もりを行います。

 メリット
・実際に自宅で状況確認をしてもらうので、正確な荷物量がわかる
 デメリット
・自宅訪問してもらうための準備が面倒。その場で契約の話になるため、冷静な判断がしづらい・断りづらいリスクがある

 オンライン見積もり

ここ数年でサービス提供が増えてきているのがオンライン見積もりです。LINEなどのアプリや、ビデオ会議用のツールを用いて、ビデオで自宅を映しながらリモートで見積もりを行います。

 メリット
・直接訪問よりも手軽。映像を通じて正確な荷物量を把握してもらえる
 デメリット
・オンライン見積もりのサービスを行っている引っ越し業者はまだ少ない

 電話見積もり

荷物量や住宅の状況を電話で伝えることで見積もりを取ってもらう方法です。ただし、この方法が取れるのは、基本的に単身での引っ越しなど、荷物の少ない方の引っ越しに限られています。

 メリット
・電話一本で見積もりを出してもらえて手軽
 デメリット
・引っ越し業者が実際に目で荷物の量を確認できないため、正確な見積もりがでない可能性がある

引っ越し見積もりを取るのに必要な情報

正確な見積もりを作ってもらうためには、以下の情報を事前に準備しておきましょう。

 新居の情報

住所はもちろん、建物の階数やエレベーターの有無、周辺の道幅やトラックを留められる場所の有無などを確認しておきましょう。これによって引っ越し業者が人員の数やトラックの大きさなどを決めます。

また、訪問見積もりでない場合は、現住所についての同様の情報も準備しておきましょう。

 運んでもらう荷物の量

運んでもらう荷物が段ボールでおよそ何個分になるのかを確認しておくと良いでしょう。大きな家具や電化製品は、訪問見積もりであればその場で担当者が確認してくれますが、そうでない場合は、自分で大きさをはかっておく必要があります。

 特殊な荷物の有無

ピアノや貴重品、美術品などは、通常のプランでは運んでもらえないケースがほとんどです。このような特殊な荷物がある場合、見積もりの際に、オプションをつければ運んでもらえるのか、それとも自分で別に手配を行う必要があるのかを確認しましょう。

 どの程度まで作業を依頼するか

依頼する作業によって、見積もり額も変わります。引っ越し業者に依頼する作業、自分でする作業について事前に決めましょう。

  • 現住居での荷造り・梱包は?
  • 新住居での開封・設置は?
  • 不用品の処分は?

また、ハウスクリーニングやエアコンの設置など、オプションサービスを提供している引っ越し業者も多くあります。こういった特別なサービスが必要かどうかも確認しておきましょう。

引っ越し見積もりのタイミングは?

自分が希望する日に引っ越しをするためには、早めに見積もりを依頼して、引っ越し業者の作業日を確保しておくのが重要です。

  • 目安:見積もりのタイミング
  • 一人暮らし:2週間前まで
  • 家族:1か月前まで

目安としては、一人暮らしであれば2週間前まで、ご家族では1か月前までに、引っ越し業者に見積もり依頼の連絡することをおすすめします。

荷物が多ければ多いほど、荷物の整理などに時間がかかりますから、引っ越し業者を早めに決定して、落ち着いて準備できるようにするのが良いでしょう。

安い引っ越し見積もりをもらうコツ

見積もりの金額をなるべく安くしてもらうためのコツをご紹介します。

 引っ越し日時を調整する

引っ越しの依頼は、土日や祝日に集中します。そのため、平日よりも見積もり金額が高くなりがちです。また、六曜でもっとも良い日とされる「大安」にも引っ越し依頼が増える傾向があります。

そのため、可能であれば、平日・大安以外の日に引っ越し日を指定する方が、見積もり金額が安く抑えられます。

また、引っ越しの作業開始時間を指定しない場合(指定するのは日にちのみ、作業開始時間は業者の都合で決める)、料金が安くなるプランを提供している引っ越し業者も多くあります。

 複数の引っ越し業者から見積もりをもらう

引っ越しの見積もり価格には定価がありません。同じ条件で依頼をしても、引っ越し業者によって金額が異なります。場合によっては、見積もり価格が2倍以上違うケースも起こり得ます。

そのため、引っ越しにかかる費用をなるべく安く抑えたい、と思ったら、複数の引っ越し業者から見積もりをもらって比較するのがおすすめです。

この際、「一括見積もりサービス」を使うと、オンラインで複数の引っ越し業者に対してまとめて見積もり依頼を行うことができます。

 本命の引っ越し業者は最後に依頼

引っ越し業者は1件でも多く契約を取りたいため、すでに他社から提示されている見積もり価格よりも安い価格を提示する傾向があります。仮に前の業者が底値を提示していたとしても、何かしらサービスを付けてくれることもあるようです。

そのため、「できればこの引っ越し業者にお願いしたい」という希望の業者がある場合、その会社から見積もりをもらうのは一番最後にすることをおすすめします。

引っ越し先の電気・ガスの簡単申込セレクトラのらくらく窓口では、最短5分で最適プランをご紹介。引越し直前でも大丈夫!今から新規加入できるプランをご案内します。
セレクトラのらくらく窓口 ☎ 営業時間:9時-19時 (年末年始除く)
 電話する(0120-710-473)

更新日