引っ越しで電気を申し込む

お引っ越しで新規に電気の申し込みが必要ですか?

電話で申し込みを受け付けています。電気料金のエキスパート、セレクトラにご相談ください。
☎ セレクトラ・ジャパンコールセンター:受付時間:9時-18時 ※年末年始は休業、お昼休憩13時-14時

沖縄電力 | 電気料金一覧・問い合わせ先・おきでん基本情報

沖縄電力で用意されている電気料金プランの一覧とそれぞれの「基本料金」+「従量料金(1kWhあたりの料金単価)」を掲載しています。会社情報およびおきでんの連絡先も掲載しています。おきでんがよく分かる総合案内所的ページです。


沖縄電力の電力プラン一覧とその料金

電気料金
メニュー
特徴 対象になる場合
従量電灯
  • 契約数の最も多い、一般的なプラン。
  • オール電化でない限り、ほとんどの場合このプランを契約している。
  • 電灯、小型機器を使用かつその総容量が50キロワットの場合。
  • ほとんどの一般家庭が受領電灯プランの対象。
グッドバリュー
プラン
  • 従量電灯の従量料金のうち、2段階目と3段階目の1kWhあたりの料金が従量電灯より安くなっている。      
  • 条件あり:紙ではなく、WEB上の明細に変わる。支払い方法が口座振替もしくはクレジットカードのいずれかになる。
  • 従量電灯プランを契約している人。
Eeホームホリデー
  • 時間帯、平日か週末かによって1kWhあたりの料金単価が変わる。
  • 夏季かその他の季節かでも1kWhあたりの料金が変わる。
  • オール電化住宅。
  • 昼間の電気使用を夜にシフトできる人。
Eeホームフラット
  • 1kWhあたりの料金単価が昼間の時間帯か夜の時間帯かで2つに分かれている。
  • 昼間の電気使用を夜にシフトできる人。
  • オール電化住宅。
  • 昼間の電気使用を夜にシフトできる人。
時間帯別電灯
  • 1kWhあたりの料金単価が昼間の時間帯か夜の時間帯かで2つに分かれている。
  • 昼間の電気使用を夜にシフトできる人。
  • 電気温水器を利用している場合。
  • 昼間の電気使用を夜にシフトできる人。

IHクッキングヒーターをご使用なら-ちゅらクック割引 IHヒーターのような電圧200ボルトの電磁調理器を使用している場合は、従量電灯もしくは電気帯別電灯の契約に合わせて「ちゅらクック割引」を申し込むことができます。割引対象額 × 3パーセントの割引が受けられます。
※割引対象額は、「基本料金」と「電力量料金」の合計額
※ちゅらクック割引上限額は月額550円(税込)

沖縄電力 - プラン別の最低料金/基本料金

各プランごとに基本料金が異なりますので、注意してください。消費税込みの単価(円)になっています。

従量電灯 - 最低料金
1契約、最初の10キロワットまで 402.40円
グッドバリュープラン - 最低料金
1契約、最初の10キロワットまで 402.40 円
Eeホームホリデー - 基本料金
1契約につき 1650.00円
Eeホームフラット - 基本料金
1契約につき 1650.00円
時間帯別電灯 - 基本料金
1契約につき 858.00 円

沖縄電力 - プラン別電力量料金( 1kWhあたりの料金単価)

従量電灯 - 電力量料金(税込)
10 - 120kWh 22.95円
120 - 300kWh 28.49円
300kWh以上 30.47円
グッドバリュープラン - 電力量料金(税込)
10 - 120kWh 22.95円
120 - 300kWh 28.01円
300kWh以上 29.34円
Eeホームホリデー  -  電力量料金(税込)
昼間時間 夏季 39.37円
その他季節 35.88円
生活時間 27.20円
夜間時間 11.18円
※ 夏季・・・7月1日から9月30日まで
※ 昼間時間・・・月曜から土曜日:午前10時から午後17時までの時間帯
※ 生活時間・・・月曜から土曜日:午前7時から午前10時まで、午後17時から午後23時の時間帯、休日:午前7時から午後23時の時間帯
※ 夜間時間・・・「昼間時間」と「生活時間」以外
Eeホームフラット - 電力量料金(税込)
昼間時間(毎日7ː00 - 23ː00) 最初の90kWhまで 26.59円
90 - 230 kWh 33.02円
230 kWh以上 35.31円
夜間時間(昼間時間以外) 12.05円
時間帯別電灯 - 電力量料金(税込)
生活時間 29.15円
夜間時間 11.18円

おきでんの電気料金プランの選び方

おきでんの電気料金プランは、最も一般的なプラン「従量電灯」とオール電化や電気でお湯を沸かすタイプの給湯器を利用している人を対象としたプランに分かれています。

従量電灯プランは、1kWhあたりの料金がトータルの電気使用量ごとに3段階になっている昔からある料金プランです。電気を使う時間帯や季節で料金単価が変わることはありません。給湯やキッチンでは、ガスを利用している家庭ならば、この従量電灯プランを申し込んでいます。(現在、沖縄電力と契約している電気料金プランが分からない場合は、検針票を確認してみましょう。)

電力自由化以降に登場した「グッドバリュープラン」は、同じ従量電灯と同じ構成の料金プランですが、2段回目、3段階目の1kWhあたりの料金が少し安くなっています。電気を多めに使う家庭(120kWh以上)であれば、おきでんの「従量電灯」から「グッドバリュープラン」にプランを変更することで電気料金が安くなります。ただし、このプランに申し込んだ場合は、毎月の電気料金の確認はおきんでんのサイトにログインして確認する必要があります。つまり、紙媒体での検針票(電気の使用量のお知らせ)の提供はなくなります。このバリュープランに関する問い合わせは、 0120-586-025で受け付けています。おきでんのサイトでも直接申し込むことが可能です。

一方、オール電化の家庭向けには、「Eeホームホリデー」プランと「Eeホームフラット」の提供があります。これらのプランはお湯を沸かす夜中の時間帯には1kWhあたりの料金(電力量料金)が安く設定されています。また、オール電化の家庭では、Eeプラン割引(全電化割引)という特別な割引も提供されており、割引対象額(基本料金と電力量料金の合計)の10パーセント分を値引いてくれます。

オール電化向け「Eeホームホリデー」と「Eeホームフラット」の申し込みに対する問い合わせは、沖縄電力コールセンター:0120-586-391で受付を行っています。

電気料金プランを変える際には電力メーターが新しいメーターになります。全国規模でスマートメーターと呼ばれる新しい電力メーターの切り替えがすすめられています。沖縄電力圏内でも同様にこの次世代型のスマートメーターの普及がすすめられており、電気料金プランを変更する際にはあわせてスマートメーターへの切り替えが行われます。スマートメーターの大きなメリットとしては遠隔地で電気の使用量が確認できるといった点があげられます。

その他、給湯に電気を使用している方を対象とした「時間帯別電灯」といったプランも用意されています。

おきでんの法人向けプラン

沖縄電力では、法人向けのプランでも、個人同様に従量電灯プランおよびグッドバリュープランを契約することが可能です。法人向けのオール電化プランとしてEeビジネスが用意されています。さらに大量に電気を必要とする大型の施設に対しては、高圧受電、特別高圧といったプランがあります。

沖縄電力では、個人も法人も問合せの番号が共通していますので、申し込みや料金についての照会などは以下のコールセンターにコンタクトとることになります。

沖縄電力に問い合わせる(コールセンター番号)

引越しで電気の使用開始・使用停止が必要な場合は、沖縄電力コールセンター:0120-586-390に連絡をしましょう。名義変更も同様の番号で受け付けています。営業時間は、月曜日から土曜日:8時30分から午後5時までとなっています。電気の引っ越しに関する手続きであればインターネットでの申し込みも可能です。

その他、バリュープランに関する問い合わせは、0120-586-025へ、オール電化向けの電気料金プランに関しては、0120-586-391で受付を行っています。

もし、上記フリーダイヤルに電話がかからない場合は、IP電話専用の番号:098-993-7777(有料)を利用しましょう。

おきでんコールセンターが混みあう時間帯平日の朝(9:00~10:00)およびコールセンターの終了時間前の1時間(16:00~17:00)は電話が集中し、つながりにくい時間帯です。また、休日明けの平日午前中、月末や月初めも混みあいます。あらかじめ理解しておきましょう。ま引越しのシーズン(3-4月)も同様です。

おきでんの会社概要と発電

沖縄電力は、かつて地域独占で電気の販売を行っていた大手電力会社の1つです。発電規模としては10社の中で最小です。

沖縄電力は原子力発電を有さず、発電のほとんどを火力に頼っています。火力発電には、重油や石炭、天然ガスが使用されるため、原料の価格に影響されやすいという一面があります。また、火力発電の場合は二酸化炭素の排出も最近は懸念されがちです。

発電量はごくわずかですが、大宜味などに沖縄電力の風力発電施設もあります。沖縄電力のグループ会社(プログレッシブエナジー)はトンガにも5基の風力発電を納入しています。おきでんの電源多様化において風力発電の担う役割は大きいと言えるでしょう。

沖縄電力の発電設備
種類 発電所数 可最大出力(kW)
汽力 5 1,629,000
ガスタービン 5 326,000
内燃力 13 189,860
新エネ 5 2,315
28 2,147,175