You are here

四国電力

Shikoku Denryoku

四国電力は、四国4県(香川、愛媛、高山、徳島)を管轄とする一般電力事業者です。

四国電力は65箇所の発電所を保有し、その電気総出力は696億3,496万kWとなります。(2012年3月31日)。それぞれの発電量は下記のように分かれています:

  • 水力発電所 : 58箇所、114万1,496kW
  • 火力発電所 : 4箇所、379万7,000kW
  • 原子力発電所: 1箇所、202万2,000kW
  • 新エネルギー : 2箇所、2,342kW


契約口数 売上高 販売電力量 市場占有率
電灯: 2,499
電力: 373
合計: 2,872
5,022億円 電灯: 9,625百万kWh
電力: 17,785百万kWh
小計: 27,410百万kWh
その他: 1,027百万kWh(地帯間・他社販売)
合計: 28,437百万kWh
3.08%

四国電力の電気料金プラン一覧

夜間割引=夜間割引料金あり季節料金=季節料金あり週末祝日料金=週末祝日料金あり時間帯料金=時間帯料金あり

四国電力の電気料金メニュー
主な電気料金
メニュー
概要
従量電灯A
  1. 電力小売自由化以前からあるスタンダードな電気料金メニューで、現在最も契約数の多いプランです。
  2. 電力量料金は、使用する時間帯と関係なく、使用量によって3段階に設定されています。
  3. 基本料金がなく、ただ最初の11kWhまでの最低料金があります。
従量電灯B
  1. 電力小売自由化以前からあるスタンダードな電気料金メニューで、主にお店用のプランです。
  2. 電力量料金は、使用する時間帯と関係なく、使用量によって3段階に設定されています。
  3. 基本料金はKVA毎に変わります。

ホリデーeプラン
週末祝日料金
  1. 平日に比べ、休日の料金単価を割安に設定したメニューです。平日の料金はご使用量に応じて三段階に分かれます。
  2. 休日のご使用量の多い方におススメです。
  3. 週末に家事をまとめてしたり、たくさん電気を使用するという方にぴったりです。

スマートeプラン
[タイプL+]

夜間割引週末祝日料金時間帯料金
  1. 主にオール電化住宅にお住まいの方におススメです。 電気の使用を昼間時間から夜間時間や夕方時間にシフトすることなどにより、電気料金を節約できます。
  2. 1日を3つの時間帯(夜間・夕方・昼間)に分けて料金単価を設定したメニューです。 昼間時間と比べて、夜間時間と夕方時間の料金単価がお得です。

スマートeプラン
[タイプH+]

夜間割引時間帯料金
  1. オール電化住宅にお住まいで、かつ、在宅時間の長い方におススメです。
  2. タイプL+との違いは、休日料金があります。割安な料金単価の時間帯や休日にシフトすることなどにより、電気料金を節約いただけます。
  3.  平日の昼間に比べて夜間はかなりお得、休日の昼間と平日の夕方の料金単価もお得です。

四国電力の会社概要

四国電力の会社概要
社名 四国電力株式会社
英訳名 Shikoku Electric Power Company, Incorporated
本店所在地 〒760-8573 香川県高松市丸の内2番5号
TEL:052-951-8211(代表)
設立 1951年5月1日
資本金 1,455億円
株主数 89,062名
売上高 19,516億円
総資産額 1兆3,386億円
社員数 4,739名

(2015年3月末時点)

沿革

太平洋戦争終結後、1950年11月24日に連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)によって発令されたポツダム命令を受けて、日本で電気事業再編成令と公益事業令が公布。

翌1951年5月1日、松永安左エ門を委員長とする電気事業再編成審査委員会によるGHQへの説得が実り、日本発送電が全国9電力会社に分割・民営化された際に、四国配電日本発送電の共同出資で四国4県を管轄とする四国電力が設立されました。

2011年3月11日の東日本大震災と津波の影響により起きた福島第一原子力発電所事故以前までは、四国電力は発電量の4割近くを原子力発電に頼っており、低い発電コストおよび原油高の影響を受けにくいことが特徴の電力会社でした。

2015年現在は、四国電力の発電の主力は火力に移っており、火力発電に用いられる液化天然ガス(LNG)の資源価格の値上がりに伴い、2016年1月の電気料金の値上がりが予定されています。

事業内容

四国電力の電力供給

四国電力の電力供給事業内容
販売電力量 電灯 : 9,238百万kWh
電力 : 17,154百万kWh
小計 : 26,392百万kWh
その他 : 1,155百万kWh(地帯間・他社販売)
合計 : 27,547百万kWh
契約口数 電灯 : 2,527千口
電力 : 364千口
合計 : 2,891千口

四国電力の発電事業

四国電力は、事業地域内に火力、原子力、水力、太陽光による発電所を構えて発電事業を行っています。

2014年度 四国電力の発電事業内容
総出力 64ヵ所、696万7千kW
電源構成比 火力発電所 4ヵ所、379万7千kW
原子力発電所 1ヵ所、202万2千kW
水力発電所 58ヵ所、114万6千kW
太陽光発電所 1ヵ所、2千kW

四国電力の送電・変電・配電設備

2014年度 四国電力の送電・変電・配電設備
送電設備 送電線(回線延長):6,382km
変電設備 変電所:208ヵ所 2,107万kVA
配電設備 配電線(電線延長):166,893km

問い合わせ連絡先

四国電力では、電気の手続きをホームページでや電話でも受付をしています。

いずれの方法で四国電力に電気の申し込みをする場合にも、下記の情報が必要です。

  • 四国電力の電気の申し込みに必要な情報
  • 13桁のお客さま番号(すでに四国電力の電気を使用している場合)
  • 住所、氏名、電話番号
  • 電気の使用開始日と時間
hikkoshi

引越しの手続き

引越し先の住所と日程が決まったら、四国電力のコールセンターに電話か、あるいは四国電力のサイト上からお知らせ下さい。但し、インターネットのでの申し込み希望のお客様は、引越し日の3日前までに申し込む必要があります。

「四国電力電気の使用廃止

引越し先の住所と日程が決まったら、下記の情報を四国電力に事前通知して下さい。

  1. お客様番号(「検針票」/「電気ご使用のお知らせ」に記載されています。)
  2. 電気使用廃止日の支払方法(クレジットカード、口座振替、振込用紙)
  3. 引っ越し先の住所
  4. 連絡先

引き払う時は、分電盤内のブレーカーを「切」にして退去しましょう。

「電気の使用開始」

電気の使用開始の申し込みは、下記の情報を四国電力を事前に通知して下さい。

  1. お客様番号(玄関やメーター近くに貼ってある「お客様番号シール」をチェックします。)
  2. 四国電力への支払方法(クレジットカード口座振替、振込用紙)
  3. 住所
  4. 連絡先

電気料金の仕組み

四国電力電気料金は下記のように構成されています。

  1. 基本料金
  2. 電力量料金
  3. 燃料費調整単価
  4. 再生可能エネルギー発電促進賦課金

内訳として:

  • 電力量料金 =(電力量料金単価*x1か月の使用電力量)+/- (燃料費調整単価*x1か月の使用電力量)
  • 再生可能エネルギー発電促進賦課金 = 再生可能エネルギー発電促進賦課金単価*x1か月の使用電力量

2012年より再生可能エネルギーで作られた電気を、各電気事業者は国が定めた 価格そして期間内において購入を義務付けられました。(再生可能エネルギーの固定価格買収制度)そして再生可能エネルギーを推進するため、その購入に関する費用等は賦課金として電気料金に上乗せされるようになりました。

suuji

電気料金の支払方法

四国電力では、口座振替クレジットカードまたは振込用紙を使用しての電気料金の支払方法を選ぶことができます。

口座振替

口座振替を希望する場合は、まず「口座振替申込書」を手に入れ、それに必要事項を記入する必要があります。「口座振替申込書」は以下にて提供されています。

  1. 四国電力の事業所の窓口
  2. 所定の金融機関窓口
  3. 四国電力のウェブサイトから送付依頼する。
  4. 四国電力のお客様センターに電話で送付依頼する。

「口座振替申込書」に記入を済ませたら、四国電力に郵送します。取扱金融機関への届出印が必要ですのでお忘れなく。

引越し先の新しい住所が四国電力の管轄内にある場合は、四国電力に電話するだけで同じ預金口座から振替をする事ができます。

メーターの検針日に届けられる「電気ご使用量のお知らせ」に電気料金の振替日が記載してあります。

クレジットカード

四国電力ではクレジットカードでも支払が可能です。口座振り込みの申し込みと同様に、「申込書」に必要事項を記入して提出する必要があります。「クレジットカード払い申し込み用紙」は以下の方法で入手することができます。

  1. 各クレジットカード会社のホームページから依頼する。
  2. 四国電力のサイト(資料請求フォーム)からリクエストする。
  3. 四国電力のコールセンターに電話で依頼する。

振込み

現金での振込みを希望する場合は、届けられた振込用紙を持って四国電力指定の金融機関、四国電力窓口またはコンビニで料金を払います。

支払い期限と延滞利息について

支払い期限は、検針日の翌日から30日目です。期限をすぎてしまいますと、期限から1日あたり約0.03%の延滞利息を払うことになります。

口座振替の場合は、検針日の翌日から10日目から30日目の間の中から、希望の日にちで振替日を希望することができます。