You are here

東北エリアで安い電気料金プランを探しました。

東北で今より安い電気料金を探していますか?電気の使用が少ない人から、電気の使用量の多い大家族まで、今より確実に安くなる電気料金プランを探してみました。

東北で今より安い電気料金を探す
  • 東北電力より安い電気料金は色々あるんです!
  • 一人暮らしでも電力会社切り替えで電気料金は安くなる可能性は大!大家族ならなおさらです!

今どんな電気料金プランを契約している?

もし東北エリアで今より安い電気料金を探しているならば、まずは現在契約している電気料金プランは何かチェックしてみましょう。

普通の家庭において一般的な電気料金は「従量電灯プラン」です。東北に限らず、日本全国、最も契約件数の多い電気料金プランです。電気料金プランの中には、他にもオール電化向けのプランもあります。オール電化のご家庭の方は、オール電化向けのプランを契約する方がお得です。

はて、自分の契約している電気料金プランってなんだっけ?と思った方は、東北電力から届けられる紙媒体の「検針票」や「請求書」、もしオンライン上のアカウントを持っている場合(よりそうeねっと会員)はログインをして確認をすることが可能です。

東北電力の一般的なプラン - 従量電灯B

さて最も契約件数の多い電気料金プランは、「従量電灯プラン」だとご説明しました。では、どんな料金プランなのか簡単に分かりやすくご説明しましょう。

従量電灯Bの特徴:基本料金がアンペア制になっている

基本料金がアンペア制になっています。契約しているアンペア容量によって料金が異なるしくみで、アンペア容量が多くなると、対応して基本料金もあがるようになっています。

自分でアンペア値を選んだこと覚えがないという方もいるかもしれませんが、このアンペア値はご自分で選ぶことが可能です。必要非常に容量が多い場合はアンペア・ダウンも可能です。

東北電力:従量電灯B - 基本料金

アンペア容量 10A 15A 20A 30A 40A 50A 60A
料金              
従量電灯Bの特徴:電力量料金が3段階制になっている

続いて、電力量料金です。電力量料金は、従量料金とも呼ばれ、電気の使用量に応じて料金が加算されます。1kWh(キロワットアワー)の使用につきいくら、という感じです。電気使用する時間帯や曜日によってこの1kWhあたりの電気料金が変わることはありませんが、電気の使用量に応じて段階的に料金単価が設定されています。

実際に以下料金表をご覧ください。仮に毎月120kWhしか使用しなかった場合は、1kWh(キロワットアワー)あたりの電気料金は 円になるというわけです。

東北電力:従量電灯B - 電力量料金

電力消費量(kWh)   -  kWh   -  kWh  kWh以上
料金(円/kWh)      

東北電力エリアではどんな安い電気料金がある?

東北電力の一般的な電気料金である従量電灯Bがどんな電気料金かご紹介しました。それでは、この東北電力の電気料金に比べて、もっと安くなるような電気料金プランにはどのようなものがあるのでしょうか?

基本料金がゼロ円のプラン

基本料金がなんとゼロ円というプランが登場しています。

現在契約しているアンペア容量が高い人ならぐんと電気料金がお安くなりますね。仮に現在、東北電力と60A(アンペア)で契約しているならば、基本料金がゼロ円のプランに切り替えれば年間2万円以上安くなるということになりますね。

基本料金も電力量料金も東北電力より5%安いプラン

他には、「基本料金」も「電力量料金」も分りやすく東北電力よりも5%安く料金を設定しているという電気料金プランもあります。

このような料金プランも、お得感が実感しやすいので、人気があります。

他にもまだある東北で今より安くなる電気料金!

他にもLPガスとセットで電気料金が安くなるプランなど選ぶるプランは東北エリアにはまだあります。

ご自分の電気量の使用量とライフスタイルにあった電気料金を探してみましょう!

我が家でも電気料金安くなる?

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を。

電気がコンスタンスに毎月120kWh(キロワットアワー)使用がある人なら、今より電気料金が安くなる可能性は大です。

加えて、電気の使用量の多い大家族ならば、電気の使用量が少ない人に比べて安くなる度合いもさらに高くなります。もちろん、商店や事務所などで電気をよく使用する方でも同様です。

実際に電力会社を変えて、お得になるかならないかはあなた次第!まずはどんな電気料金プランが今東北で選べるのか?一体どのくらい安くなるのか?まずはチェックしてみませんか?