東北電力:従量電灯B・C

東北電力

東北電力は主な電灯契約として数種の料金メニューを設定しています。主に一般家庭で電気を使用する利用者向けメニューである従量電灯B、そして主に商店や事務所などで電気を使用する利用者向けのメニューである従量電灯Cについて、詳しく説明します。

従量電灯Bの特徴と電気料金単価表

従量電灯

東北電力従量電灯Bは、主として一般家庭で電気を使用する利用者向けメニューです。契約電流は、使用される電気機器の容量や使い方に合わせて、10アンペア、15アンペア、20アンペア、30アンペア、40アンペア、50アンペア、60アンペアの中から選ぶことが出来ます。料金単価は以下のようになります。

基本料金

東北電力-従量電灯B-基本料金
契約アンペア数 基本料金(円)(税込)
10A  
15A  
20A  
30A  
40A  
50A  
60A  

電力量料金

東北電力-従量電灯B-電力量料金
電力消費量(kWh) 1kWhあたりの値段(円)(税込)
  -  kWh  
  -  kWh  
 kWh以上  

従量電灯Cの特徴と電気料金単価表

東北電力従量電灯Cは、主に商店や事務所などで電気を使用する利用者向けメニューです。契約容量が6キロボルトアンペア(kVA)から50kVA未満の利用者が対象です。料金単価は以下の通りです。

基本料金

東北電力-従量電灯C-基本料金
契約kVA数 基本料金(円)(税込)
1kVAあたり  

電力量料金

東北電力-従量電灯C-電力量料金
電力消費量(kWh) 1kWhあたりの値段(円)(税込)
  -  kWh  
  -  kWh  
 kWh以上  

契約容量・契約電力の決定方法

契約容量および契約電力を決定する方法として、「負荷設備契約」「主開閉器契約」のふたつの算定方法があります。利用者が使用する電気機器(契約負荷設備)の内容や、使用状況に応じて、契約容量および契約電力の決定方法を選ぶことが出来ます。

負荷設備契約とは?使用する電気機器(契約負荷設備)の総容量(kW)に一定の係数を乗じて契約容量・契約電力を算定する方法です。 契約負荷設備(電灯・小型機器)の総容量x換算率で計算されます。

主開閉器契約とは?契約主開閉器(ブレーカー)の定格電流にもとづいて算定する方法です。 計算方法は、契約容量(kVA)=契約主開閉器の定格電流(A)x電圧(V)×1/1000となります。