東京電力:電気料金の支払いが遅れた場合どうなるの?

東京電力

電気料金の支払いを延滞した場合、どうなるか気になるところです。東京電力の電気料金の支払い期限や、延滞利息の解説を行います。

電気料金の支払い期限は?

電気料金の支払い義務は、検針日に発生します。東京電力の支払い期限は、検針日の翌日から30日後です。

口座振替クレジットカード支払いにしている場合は、銀行口座に残高がある限り自動的に支払いが完了しますが、払込用紙で支払う場合は、支払いを延滞しないように気をつける必要があります。

振込用紙を利用して支払っている場合は、支払い期限に注意が必要です。

延滞利息の解説!

検針日から30日後の支払い期限を過ぎた場合、延滞利息が発生します。利率は、1日あたり0.03%(年利10%)となります。電気代が1万円で、検針日から60日後に支払った場合、30日分の延滞利息が発生するため、延滞利息は以下のようになります。

1万円×(0.03%×30)=1万円×0.9%=90円

延滞利息を意外と安く感じてしまうかもしれませんが、あまりに長いあいだ滞納すると送電停止されます。(実際に電気を止められる前には督促状等、請求書が届きます。)

送電停止のタイミングは?

いつまでも東京電力の電気料金を滞納した場合、最終的には電気を止められてしまいます。東京電力の場合、送電停止は検針日から50日後に電気料金の支払いが済んでいないと送電停止される可能性がありますが、一般的には60日前後と言われています。

しかし、60日過ぎたら何も前触れなく送電停止されるわけではありません。送電停止の5日前に、「送電停止予告書」が送られてきます。これが家に届いた場合は、早急に電気料金を支払いましょう。

毎月の電気代を滞納しないために、以下に気をつけましょう。

  1. 支払い方法:払込用紙の場合は自分で料金を払いに行く必要があるのに対し、口座引き落としやクレジットカードは自動的に支払いが完了します。
  2. 口座残高:口座引き落としやクレジットカードによる支払いにしても、口座残高が足りない場合は支払いができず、電気料金の滞納をしてしまいます。