東京電力:契約アンペアの変更方法

東京電力:契約アンペアの変更方法

東京電力では契約アンペアの変更をすることが可能です。どのような時アンペア変更が必要か、注意点にふれつつ、東京電力でのアンペア契約の変更方法について解説します。

  • 東京電力でのアンペア契約の変更は、東京電力のコールセンターで受け付けています。
  • ブレーカーが頻繁に落ちる場合は"アンペアアップ"が必要です。
  • 必要以上の契約アンペアの場合は、アンペア値を下げることで電気代の節約になります!

そもそも契約アンペアって何?

アンペア(A)は、あなたが家庭で使える電気の容量を決めるものです。一度にどれだけ電気を同時に使用するか、これをもとに契約容量(A:アンペア)を選びます。

パワーという言葉に置き換えて考えてみると分かりやすいでしょう。同時にどれだけの電化製品を使用するためにどれだけのパワーが必要なのか?

つまり、どれだけのアンペア値がわが家で必要なのか?イコールどこのくらいのパワーの大きさが我が家で必要なのか?と置き換えてみてください。

一般家庭の場合家族が多ければ、当然同時に電気を使う時間帯も重なります。そのような場合は、アンペア数もそれなりに増やさなければなりません。もし頻繁にブレーカーが落ちるならば、それはアンペア容量が足りないということです。

東京電力:契約アンペアの変更方法

一度にたくさんの電化製品(電気)を使うならパワー(アンペアの容量)も大きいものが必要。

東京電力の電気料金(従量電灯プラン)は、基本料金+電力量料金で構成されています。この基本料金は契約するアンペア数によって変わります。

当然アンペア数をあげると基本料金もあがります。ブレーカーがあがってもなんらかの電化製品の使用を一時的にやめることでまた電気の使用を開始できるならば、契約アンペアの変更はしなくていいかもしれません。

また、逆に世帯人数が減ったなどの理由で、同時に使う電気機器、家電が減った場合には現在契約しているアンペア数を下げることにより、基本料金も下がります。

東京電力では簡単にアンペア数の変更を行うことが出来ますので、ライフスタイルや家族のメンバーが変わったときは契約アンペアを見直してみると良いでしょう。

いま東京電力で契約しているアンペア容量の確認方法

引越し

東京電力と契約しているアンペア値は?分電盤のアンペアブレーカーに現在契約中のアンペア数が記載されています。

東京電力の最も一般的なプラン、従量電灯プランの場合、基本料金が契約アンペア数ごとに変わります。

え?そんなこと知らなかった、じゃあ自分の現在の東京電力の契約アンペアってどのくらいなんだろう?と気になったら、さっそく確認をしてみましょう。

現在の契約アンペア数は、ブレーカーを直接見るか、毎月東京電力から届けられる検針票で確認することができます。

ブレーカーをみて契約アンペアを確認する。

東京電力では、分電盤についているアンペアブレーカーの色や数字を確認することで契約アンペア数を確認できます。詳しくは色と契約アンペア数の対応表をご覧ください。

万が一ブレーカーに色も数字もなく契約アンペアが分からなかった場合は、東京電力:カスタマーセンターに電話で確認をすることもできます。

アンペアブレーカーの色 ピンク
契約アンペア数 10A 15A 20A 30A 40A 50A 60A

検針票(請求書)をみて契約アンペアを確認する。

お手元に東京電力の検針票(電気使用量のお知らせ)があるなら、そちらで契約アンペアをチェックすることも可能です。ブレーカーを見るよりも簡単ですね。

検針票(電気使用量のお知らせ)は、いわゆる請求書です。毎月、使用した電気量と一緒に、契約アンペア数が記載されています。検針票の右側に、「ご契約種別」の下に「ご契約」という項目がありますが、ここに契約アンペア数が記載されています。

東京電力が提供するインターネットサービス「でんき家計簿」からも、契約アンペア数を確認できます。

基本料金はアンペア容量によって異なる

契約アンペアによって電気料金(基本料金)は異なりますが、どのくらい違うのかご存知でしょうか?

以下の料金表からも分かるように、選ぶアンペアによって結構金額が違うことが分かりますね。

東京電力:従量電灯Bの基本料金
アンペア
容量
10A 15A 20A 30A 40A 50A 60A
基本料金              

ちなみに、電力自由化以降、この基本料金がゼロ円という料金プラン(Looopでんき)という電気料金も登場しています。

このような電気料金に切り替えると、アンペア容量が多い家庭ほど、この部分がゼロ円になりますから、ぐっと電気料金を安くすることができることが分かります。30A以上のご家庭は確実に安くなります。

基本料金がゼロ円なのはどうして? 基本料金ゼロ円案は、「原則的には発電を行う設備の保持にかかる費用」である基本料金を、小売専門の新電力が徴収するのはおかしいというLooopでんきの考え方が反映されたものです。確かにLooopでんきは大手電力会社のように発電施設は所有していません。説明の通り、固定の負担は少ないと言えます。ただし、同じように発電施設を持たない新電力でも「基本料金」を設けている会社はたくさんありますので、基本料金がゼロなのはLooopでんきの企業努力によるものと解釈できるでしょう。
⇒ Looopでんきの公式サイトで電気料金を比較してみる。

契約アンペア数の変更方法

東京電力の契約アンペア数(10アンペアから60アンペア)はご自分で選んで契約することができます。変更ももちろん自由です。

ちなみに、賃貸住宅にお住まいの方で、自分で特に契約アンペアを選んだ記憶がない方もいるかもしれません。契約アンペアは特にしてしない限り、前住んでいた人の契約アンペアが踏襲されます。

契約アンペア数の変更は、カスタマーセンター、インターネット、ファックスで申し込めます。東京電力カスタマーセンターの電話番号は、住んでいる都道府県によって異なるため、確認してから電話をかけましょう。

インターネットからの申し込みは、東京電力HPから行えますが、「でんき家計簿」にまず登録する必要があります。

アンペアの変更には工事が必要ですので、その時間帯はご自宅にいる必要があります。また、すでにご自宅のスマートメーターがすでに設置されている場合は、遠隔での操作が可能なので、立ち合いは不要です。

  • 東京電力で契約アンペア数を変更する際の注意点
  • 契約アンペア数の変更に伴い、アンペアブレーカーを取り替える場合があります。10アンペアから60アンペアの範囲内の場合、工事費は発生しません。60アンペア以上に変更したい場合は、カスタマーセンターに連絡して下さい。
  • 契約アンペア数の変更に伴う電気契約の基本料金の変化には、日割り計算が適用されます。
  • 電気の契約は年間契約となります。エアコンを多く使う夏と冬だけ契約アンペア数を変更する、等の変更はできません。

他の家庭ではどのくらいの契約アンペアを選んでる? 家庭ごとの契約アンペア数は、前にも記載ように電気使用量によって異なります。当然、一人暮らしのほうが契約アンペア数は小さくて済みますし、大家族のほうが一度により多くの電気を使います。なお、東京電力:従量電灯プランに加入している家庭で一番多いアンペア数は30Aとのことです。