SBパワー(ソフトバンク):電気料金

ソフトバンクグループの子会社で、自然エネルギーによる発電、電力の供給・販売を行うSBパワーの電気料金について調べてみました。

ソフトバンク電力

SBパワーの親会社、ソフトバンク株式会社代表取締役社長の孫正義氏。

SBパワーの電気料金の内訳

新電力会社(PPS、特定規模電気事業者)であるSBパワー電気料金は、従来の大手電力会社と同じく以下の5つの要素の合算です。

  1. 基本料金
  2. 電力量料金
  3. 燃料費調整額
  4. 太陽光発電促進賦課金
  5. 再生可能エネルギー発電賦課金

この内、SBパワーでは従来の電気料金に比べて基本料金と電力量料金を割引することでより安く電気を提供することを特徴に掲げています。

さらに、現在の電力会社からSBパワーへ切替える時に初期投資などの自己負担は原則ありません。書類手続きだけで切替えることができ、万が一工事が必要な場合でも工事費や調査費はSBパワーが負担します。

一般家庭向けの電気料金

新電力SBパワーソフトバンク一般家庭

一般家庭がSBパワーの電力を購入することができるようになるのは、2016年4月の電力自由化以降です!

一般家庭で使用されている低圧電力(100-200V)の販売は、2015年現在まだ自由化されていません。そのため、新電力会社のSBパワーの電力を購入して自宅で使用することは残念ながらまだできません。よって、SBパワーの一般家庭向けの電気料金は不明です。

2016年4月の電力全面自由化以降、果たしてSBパワーが一般家庭向けにどのような料金設定でどのような料金メニューを用意するのかに注目が集まっています。親会社であるソフトバンクの携帯電話とのセット契約で電気料金がお得になるプランが登場するのでは?と期待されています。

需要家向けの電気料金

新電力SBパワーソフトバンク需要家

需要家はすでにSBパワーの電力を購入することができます!電気代の節約が実現するか、見積もりを依頼してみては?

ビル、デパート、工場などで使用している特別電圧と高圧はすでに電力が自由化されており、SBパワーでも2014年7月より需要家向けの電力販売が行われています。

ただしSBパワーでは需要家向けの電気料金は一般公開しておらず、それぞれの需要家の現在の電力や年間電気使用量などを参考に試算し、現在契約している電力会社の料金体系を基に電気料金を提案しています。

新電力会社で電気料金節約をしたい需要家の方は、SBパワーのホームページ内にある「電気を買いたいお客様」から問い合わせフォームを送信して見積もりを問い合わせることができます。