You are here

北陸電力:電気料金メニュー

hokuden

北陸電力の新しい電気料金メニューの特徴についてまとめました。

電力小売自由化がはじまり、北陸電力からも新しい電気料金メニューがスタートしています。電力小売自由化以前からある電気料金で引き続き契約することもできますし、これまでにない新しいタイプの電気料金も登場しています。北陸電力の新しい電気料金メニューをその特徴ごとに一覧にまとめてみました。

もちろん、これからは北陸電力以外の電力会社の電気料金を契約することも可能です。新電力による新しい電気料金も紹介していますので、ぜひ比較検討してみてください。

北陸電力の電気料金メニュー

夜間割引=夜間割引料金あり季節料金=季節料金あり週末祝日料金=週末祝日料金あり時間帯料金=時間帯料金あり

北陸電力の電気料金メニュー
主な電気料金
メニュー
概要
従量電灯B・C
  1. 電力小売自由化以前からあるスタンダードな電気料金メニューで、現在最も契約数の多いプランです。
  2. 電力量料金は、使用する時間帯と関係なく、使用量によって3段階に設定されています。
  3. 契約するアンペア数(10Aから60A)によって変わります。

くつろぎナイト12
夜間割引週末祝日料金時間帯料金
  1.  夜8時から翌朝8時までおトクな夜間料金が適用されるピークシフトプランです。2016年8月1日から開始です。
  2. エコキュートなどヒートポンプ式給湯器を使用していることが、加入条件です。
  3. 夜型の生活の家庭や、平日は家を空けることが多く、土日にまとめて家事をする、という家庭に向いています。
  4. 休日の昼間も従量電灯Bに比べて割安なので、他の電力会社のピークシフトプランに比べて割安です。

節電とくとく電灯
  1. 北陸電力が、「7月~9月の13時~16時」などと予め事前にメールで告知した日時に節電すると、その実績に応じて電気料金が割り引かれます。料金プランではなく、節電協力型(デマンドレスポンス)のメニューです。
  2. 「ほくリンク」の会員に加入しているのが条件です。
  3. 契約電流が60A又は契約容量が60kVAで、1日をとおして電気の使用量が多い利用者向けメニューです。
  4. 2016年4月1日より、実施・受け付け開始です。

節電とくとくプラン
  1. 北陸電力が、「7月~9月の13時~16時」などと予め事前にメールで告知した日時に節電すると、その実績に応じて電気料金が割り引かれます。料金プランではなく、節電協力型(デマンドレスポンス)のメニューです。
  2. 「ほくリンク」の会員、及び「くつろぎナイト12」に加入しているのが条件です。
  3. 2016年8月1日から開始です。

毎月の電気料金はだいたいいくらかかるか、あらかじめ把握できると便利です。北陸電力のホームページ(HP)上では必要情報を入力するだけで電気料金がシュミレーションできるようになっています。月々の電気料金の支出を前もって知りたいときはもちろん、契約メニューを再検討する際などには利用価値大です。電気料金シミュレーションの利用法について説明します。


問い合わせ連絡先

北陸電力では、電気の申し込みや問い合わせの連絡先として、内容別に2つの電話番号を用意しています。

もちろん、北陸電力ホームページからも申し込みが可能です。

困った時のお客様相談室

シミュレーション

シュミレーションの仕方はHP上で分かりやすく説明してありますが、不明な点がある場合、お客様サービスセンター(フリーダイヤル 0120-167540)に電話で問い合わせることが出来ます。受付時間は月~金曜日の9時から19時までとなっています。