沖縄電力:電気料金の支払いが遅れたときの延滞利息は?

Okinawa-Denryoku

電気料金を期日通りにきちんと払うにこしたことはありませんが、うっかり支払い忘れてしまった場合、延滞利息はかかるのでしょうか?沖縄電力の場合をご紹介します。

沖縄電力の支払期日は?

検針日の翌日から数えて50日目が沖縄電力の支払期限です。一方、検針日の翌日から数えて20日(一部地域は30日)が早収期限日となり、早収料金で払うことができます。


支払い期限に遅れた場合延滞金はかかるの?

沖縄電力では「延滞金」という形はまだとっていません。検針日から20日までに支払った場合、早収料金にて支払うことができ、早収期限日以降の支払は早収料金+3%が支払金額になります。つまり、支払期限は検針日から50日までですが、早収期限日に払った方がお得ということなります。

早収期限日 検針日の翌日から20日目 早収料金に手支払える
支払期限日 検針日の翌日から50日目 早収料金に3%プラスされた料金

延滞利息制度に代わります

実は上記の制度は2016年4月から変わります。支払い期限に支払われない場合は年利10%(約0.003%/1日)の延滞利息がかかるようになります。ちなみに、この延滞利息制度は多くの他の電力会社でとられている制度です。

  • 「早収料金・遅収料金制度」→ 「延滞利息制度」に変わります。
  • 2016年4月(平成28年4月)から開始されます。
  • 支払期日 → 検針日の翌日から30日目
  • 支払い期限に支払われない場合は年利10%(約0.003%/1日)かかる
    <例>電気代が1万円の場合・・・1万円×(0.03%×30)=1万円×0.9%=90円
  • 延滞利息を意外と安く感じてしまうかもしれませんが、あまりに長いあいだ滞納すると、送電停止されます。

支払方法を変える
今どのような方法で支払いっていますか?沖縄電力では、口座振替払いクレジットカード払い、振込み用紙での支払いの中から支払うことができます。