You are here

九州電力:電気料金メニュー

kansai denryoku

九州電力の電気料金メニューについてまとめました。

電力小売自由化がスタートし、九州電力からも新しい電気料金メニューが発表されています。電力小売自由化以前からある電気料金メニューから、これまでにない新たな電気料金メニューまで、九州電力の電気料金メニューをそれぞれの特徴とともにまとめて一覧にしました。

もちろん、電力小売自由化なのでこれからは九州電力以外の電力会社の電気料金を契約することも可能です。新電力などの電気料金と見比べて、一番お得な電気料金メニューを検討してください!

九州電力の電気料金メニュー

夜間割引=夜間割引料金あり季節料金=季節料金あり週末祝日料金=週末祝日料金あり時間帯料金=時間帯料金あり

九州電力の電気料金メニュー
主な電気料金 メニュー 概要
従量電灯B・C
  1. スタンダードな電気料金メニューです。 
  2. 電力小売自由化以前からある電気料金メニューで、現在最も契約数の多いプランです。
  3. 電力量料金は、使用する時間帯と関係なく、使用量によって3段階に設定されています。
  4. 基本料金は契約するアンペア数(10Aから60A)によって変わります。

スマートファミリー
プラン
  1. 従量電灯Bプランと同様に基本料金は契約するアンペア数(10Aから60A)によって変わります。
  2. 従量電灯Bと比べて、毎月のご使用量が350kWh以上(目安)の利用者の方にメリットがでる可能性があります。
  3. オプションとして、「2年契約割引」(年間540円)にご加入できます。

スマートビジネスプラン
  1. 従量電灯Cプランと同様に基本料金は契約するkVAごとによって変わります。
  2. 従量電灯Cと比べて、ご使用量が550kWh以上(目安)の利用者の方にメリットがでる可能性があります。

電化でナイト・セレクト21
夜間割引季節料金週末祝日料金
 
  1. オール電化等の利用者におすすめのプランで、夜間の電力量料金が昼間に比べて割安となっています。
  2. 昼間時間の料金は「平日」よりも「休日」が、「夏・冬」よりも「春・秋」が割安な料金となっています。
  3. お得な夜間時間帯は21時~翌7時:就寝時間が遅い等、夜型の生活の利用者の方におすすめです。
  4. 基本料金となる契約電力が、当月と過去11カ月における最大値を契約電力とする実量制(スマート契約)プランです。

電化でナイト・セレクト22
夜間割引季節料金週末祝日料金
  1. オール電化等の利用者におすすめのプランで、夜間の電力量料金が昼間に比べて割安となっています。
  2. 昼間時間の料金は「平日」よりも「休日」が、「夏・冬」よりも「春・秋」が割安な料金となっています。
  3. 22時~翌8時:従来から設定されている標準的な夜間時間帯の利用者の方におすすめです。
  4. 基本料金となる契約電力が、当月と過去11カ月における最大値を契約電力とする実量制(スマート契約)プランです。

電化でナイト・セレクト23
夜間割引季節料金週末祝日料金
  1. オール電化等の利用者におすすめのプランで、夜間の電力量料金が昼間に比べて割安となっています。
  2. 昼間時間の料金は「平日」よりも「休日」が、「夏・冬」よりも「春・秋」が割安な料金となっています。
  3.  23時~翌9時:朝に家事をされる等、朝型の生活の利用者の方におすすめです。
  4. 基本料金となる契約電力が、当月と過去11カ月における最大値を契約電力とする実量制(スマート契約)プランです。

電気の使用量を確認する方法

九州電力ではとても便利なサービスをユーザーの皆さんに提供しています。今月の電気料金と使用量はどのくらいになるか?オンラインで簡単に知る方法があります。九州電力の提供する「省エネ快適ライフクラブ」に会員登録をするだけで、インターネットで自分の電気の使用量を毎月確認することができます。

便利な「省エネ快適ライフクラブ」

  • 九電ホームページ、「省エネ快適ライフクラブ」のオンラインフォームに必要事項を記入するだけ。
  • 最大過去24ヶ月分の電気料金を見ることができる。(初めて登録した場合はその月からさかのぼって15ヶ月分)
  • 毎回紙の検針票を管理しなくてもよい。
  • 携帯電話での登録も可能です。

プラン変更した場合の電気料金を比較する方法

電気契約のプランを変更できるのはご存知でしたか?もしかしたら、プランを変更するともっと電気代を安く抑えることができるかもしれません。九州電力では現在契約メニューと他のメニューとの料金比較ができる便利なページが用意されています。必要事項を記入すれば、差額の見積りを一瞬で比較してくれます。その流れは以下の通りです。

  1. 九州電力の「ご契約メニュー比較シュミレーション」ページにいく
  2. 現在契約しているプランと比較したい新しいプランとを選ぶ
  3. 現在契約しているプランの電力の使用量(何kWhか)や契約容量(アンペア数)などを記入
  4. 見積りシュミレーション結果が現れる

現在の契約内容を記入する必要があります。シュミレーションでは現在の契約内容を記入しなければなりません。 内容は毎月投かんされる「検針票」(電気ご使用量のお知らせ)内で確認することができますので、「検針票」を手元に準備してください。