九州電力:従量電灯B・C

九州電力電気料金は、契約している料金メニューによって異なります。一般家庭向けのスタンダードなメニュー「従量電灯B・C」の詳細についてご案内します。

九州電力

従量電灯B・Cはこんな人におすすめ

九州電力の一番スタンダードな料金メニュー「従量電灯」は、一般家庭が九州電力に電気の契約を申し込んだ際、以下の条件に当てはまる、または特に料金メニューの指定をしなかった場合に提供されているプランです。契約アンペア数によって従量電灯B従量電灯Cの2種類が用意されています。電気料金は、基本料金(従量電灯Bは契約アンペア数ごとに設定、従量電灯Cは一律)と電気使用量によって3段階に設定されている電力量料金で決まります。

  • 夜間蓄熱型機器(エコキュートや電気温水器等)を持っていない
  • 日中に多く電気を使う
  • 一般家庭など
  • 契約アンペア数が10A以上60A以下 → 従量電灯B
  • 契約アンペア数が6kVA以上50kVA未満 → 従量電灯C

電気料金の節約になる!最適な契約アンペア数の選び方 従量電灯B基本料金は、契約アンペア数の大きさによって異なります。アンペアとは、同時に使用できる電気の量のこと。契約アンペア数が大きいほど多くの電力を同時に使用することができますが、基本料金は高くなります。実際に日常のどんなシーンでいくつの電気機器を使用しているかを改めて見直して、必要最小限の契約アンペア数に変更することができれば、電気代を安くすることができそうです!

電気容量の単位kVA(キロボルトアンペア)とは? 従量電灯Cの契約容量で使用されている単位「kVA(キロボルトアンペア)」はどんな数値のことがご存知ですか?kはkgと同じくキロ、つまり1000を表すので、1kVA=1000VA。VA(ボルトアンペア)とは電力を表す単位で、使用する装置に加えられる電圧(V)と、その装置に流れる電流(A)を掛け合わせた皮相電力の数値を示します。

VAとWの関係は? 一方、電気器具の消費電力などで多く使用されるW(ワット)は有効電力と呼ばれるもので、その装置が実際に消費する電力の数値を示しています。ただし、交流電気でモーターを動かすような場合には、有効電力W以外にも実際には仕事をしないムダな電流が生まれます。そこで、それらをトータルした電力を示すために用いられるのがVAという単位なのです。一般的に電熱器具のWとVAは同じ数値ですが、掃除機やエアコンなどモーターを動かす器具はWよりVAの数値が大きくなります。

電気料金単価表

従量電灯Bの電気料金単価表

基本料金

九州電力-従量電灯B-基本料金
契約アンペア数 基本料金(円)(税込)
10A  
15A  
20A  
30A  
40A  
50A  
60A  

電力量料金

九州電力-従量電灯B-電力量料金
電力消費量(kWh) 1kWhあたりの値段(円)(税込)
  -  kWh  
  -  kWh  
 kWh以上  

従量電灯Cの電気料金単価表

基本料金

九州電力-従量電灯C-基本料金
契約kVA数 基本料金(円)(税込)
1kVAあたり  <円

電力量料金

九州電力-従量電灯C-電力量料金
電力消費量(kWh) 1kWhあたりの値段(円)(税込)
  -  kWh  
  -  kWh  
 kWh以上  

※ 使用量が0kWhの場合の基本料金は半額となります。

九州電力の選べる料金メニュー

九州電力では従量電灯の他にも、電力量料金の単価を2季節と3時間帯別に設定した「季節別電灯」、昼を割高に夜を割安に設定した「時間帯別電灯」、電力使用量が増える夏季の夕方ピークを設定した「ピークシフト電灯」という3つのオフピークプランを用意しています。電力量料金が従量電灯よりも安く設定されているオフピークに電気の使用をシフトすることができれば、料金プランを変更するだけで電気代が大幅節約できるお得なプランです!

料金メニューを変更する方法

九州電力電話問い合わせ

九州電力の料金メニューを従量電灯から「季節別電灯」「時間帯別電灯」「ピークシフト電灯」に変更したい場合は、住んでいる地域の担当の営業所へ電話で申し込むことができます。電話番号はいずれもフリーダイヤルで、まずコールセンターへつながります。九州電力の営業所に電話をかける際は、以下の営業時間に気をつけましょう。電話窓口では、その他にも電気に関する各種問い合わせ、オール電化の相談、九州電力やホームページに対する意見などについても受け付けています。

九州電力の電話問い合わせ窓口営業時間 月曜〜金曜(祝日を除く)
09:00〜17:00