You are here

HISのでんき(HTBエナジー):東京大江戸プラン

HISのでんき(HTBエナジー)による東京大江戸プラン(関東エリア)はどれくらいおトクになるのでしょうか?その特徴と具体的な電気料金についてまとめました。

HISのでんきの電気料金・東京大江戸プラン

HISのでんき(HTBエナジー)の大江戸プラン(関東エリア)はどんな電気料金でしょうか?

  • HTBエナジーの東京大江戸プランは東京電力の従量電灯B・Cに相当するプランです。
  • 東京電力エリアにお住まいで、現在、従量電灯Bもしくは従量電灯Cの契約されている方に向いているプランです。
  • HTBエナジーの東京大江戸プランは東京電力の従量電灯B・Cよりも約5%安く設定されています。
  • HTBエナジーの東京大江戸プラン30A(アンペア)以上からの契約になっています。
HISのでんき(HTBエナジー)|東京大江戸プラン|基本料金
契約アンペア数 基本料金(円)(税込)
30A  
40A  
50A  
60A  
HISのでんき(HTBエナジー)|東京大江戸プラン|電力量料金
電力消費量(kWh) 1kWhあたりの値段(税込)
最初の120kWh  
120-300kWh以上  
300kWh以上  

東京電力の従量電灯Bとの料金比較

それでは、HISのでんきの東京大江戸プランと、関東エリアの大手電力会社である東京電力の最も一般的な電気料金プランである従量電灯Bを、比べてみましょう!

東京電力・従量電灯Bとの料金比較
契約アンペア数 基本料金(円)(税込)
東京電力
従量電灯B
東京電力
HISのでんき
東京大江戸プラン
HTBエナジー
10A   ×(該当プランなし)
15A   ×(該当プランなし)
20A   ×(該当プランなし)
30A    
40A    
50A    
60A    
電力消費量(kWh) 1kWhあたりの値段(税込)
東京電力
従量電灯B
東京電力
HISのでんき
東京大江戸プラン
HTBエナジー
最初の120kWh    
120-300kWh以上    
300kWh    

比べてみると、HISのでんきの東京大江戸プランの方が、どのアンペアでも電力消費量でも確実に安い事がわかります!

東京電力の従量電灯Cとの比較

次に、HISのでんきの東京大江戸プランCと、東京電力の商店向けの電気料金プランである従量電灯Cを、比べてみましょう。

東京電力・従量電灯Cとの料金比較
基本料金(税込)
1kVAあたり 東京電力
従量電灯C
東京電力
HISのでんき
東京大江戸プラン
HTBエナジー
   
電力量料金・1kWhあたりの値段(税込)
電力消費量(kWh) 東京電力
従量電灯C
東京電力
HISのでんき
東京大江戸プラン
HTBエナジー
最初の120kWh    
120-300kWh以上    
300kWh    

こちらも、HISのでんきの東京大江戸プランの方が、どの電力消費量でも確実に安い事がわかります!

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を

HISのでんき(HTBエナジー)の電気料金の特徴

東京大江戸プランの電気料金の特徴1 - 毎月の電気代が5%オフに

HISのでんき(HTBエナジー)の電気料金は、「基本料金」「従量料金(電力量料金)」とも大手電力よりもそれぞれ5%安く設定されています。

このため東京電力の従量電灯プランからHTBエナジー(HISのでんき)の大江戸プランに切り替えるだけで、東京電力の従量電灯プランよりも電気料金が5%安くなるということになります。

東京大江戸プランの電気料金の特徴2 - 契約アンペアは30A以上から

東京大江戸プラン(従量電灯B)は、30A(アンペア)以上からとなっています。そのため、現在、10A、15A、20Aで契約をしている場合は、ご注意ください。

東京大江戸プランの電気料金の特徴3 - 簡単な切り替え申し込み

HISのでんきへの申し込みは、ホームページから行う方法、お客様センターから行う方法、ハウステンボスで行う方法、そしてH.I.S.の店舗で行う方法があります。
電気料金の支払い方法は、クレジットカード払い(JCB/VISA/MASTER)かコンビニ払い(手数料がかかります。)

東京大江戸プランの電気料金の特徴4 - 最低契約期間は1年!

HISのでんきとの契約期間は電力供給開始日から1年間です。1年以内に解約すると2,000円の違約金がかかりますので、気をつけましょう。
ただし、1年以上利用した場合は、契約更新月に関係なく、違約金は一切請求されません。

HISのでんき(関東エリア)の供給エリア

HISのでんき(HTBエナジー)- 東京大江戸プラン(関東エリア)の電気料金供給エリアは下記の通りです。

栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都(島嶼地域を除く)、神奈川県、山梨県および静岡県(富士川以東)

HISのでんき(HTBエナジー)とは?

HISのでんきはハウステンボスが発信する新電力

HISのでんき:東京大江戸プラン

ハウステンボスは、次世代エネルギーパークに認定されています。

HISのでんきは、長崎県佐世保市にあるテーマパーク、ハウステンボス(Huis Ten Bosch=HTB)を運営するハウステンボス社が資本金の51,1%を出資する新電力(特定規模電気事業者・PPS)です。

2015年4月に新電力としての登録を済ませ、同年8月から、ハウステンボスに電力供給を開始し、2016年4月の電力小売全面自由化からは分かりやすい料金体系で、一般家庭など全国のあらゆる低圧需要家にも供給をはじめました。
ベース供給は九州電力ですが、自社発電施設としてハウステンボス敷地内にガスタービンによる発電も行っています。

現在では、同敷地内にガスエンジン発電機を導入するほか、温泉町として有名な大分県別府市の地熱発電所も開設。
将来的には関東や関西圏でも発電所を建設していきたい意向です。

ハウステンボス社はH.I.S.の子会社

HTBエナジーの出資者の筆頭であるハウステンボス社は、旅行会社H.I.Sの子会社(67%出資)です。このため、全国に約300を数えるH.I.Sの店舗でも電機の契約を受け付けています。

H.I.S以外のハウステンボス社の出資者は、九州電力西部ガスのほか、九州の電気設備工事事業最大手である九工電、さらにJR九州、西日本鉄道と、九州圏のエネルギーや旅客運輸系の主要企業が占めています。

また、HTBエナジーの出資者も、ハウステンボス社のほかに、再生可能エネルギー関連事業や環境ファイナンス、CO2・省エネ関連の事業を行っているスマートエナジー社、H.I.Sの社名の由来となった秀インターと、やはりエネルギー・旅客運輸系の会社が占めています。

これらの出資各社のノウハウが今後の事業発展に活かされることが期待されます。

ぜひ電気料金をチェックしてみてくださいね!