中部電力:従量電灯B・C

中部電力

中部電力の最もベーシックな電気料金メニュー、時間帯区分を設けていない従量電灯B・Cの特徴と料金についてまとめました。

中部電力の従量電灯の種類
種類 契約(キロボルト)アンペア
従量電灯B 10~60アンペア
従量電灯C 6~50キロボルトアンペア

中部電力-従量電灯プランB・C


中部電力-従量電灯Bの特徴

  • 基本料金が契約アンペア数によって異なります。
  • 使用量に応じて、1kWhあたりの料金単価が3段階で変わります。
  • 1kWhあたりの料金単価は季節や時間帯によって変わりません。

中部電力-従量電灯Bの料金

基本料金

中部電力-従量電灯B-基本料金
契約アンペア数 基本料金(円)(税込)
10A  
15A  
20A  
30A  
40A  
50A  
60A  

電力量料金

中部電力-従量電灯B-電力量料金
電力消費量(kWh) 1kWhあたりの値段(円)(税込)
  -  kWh  
  -  kWh  
 kWh以上  

中部電力-従量電灯Cの特徴

  • 基本料金が、利用kVA数によって異なります。
  • 70A(アンペア)以上の契約が必要な場合におすすめです。
  • 使用量に応じて1kWhあたりの料金単価が3段階で変わります。
  • 1kWhあたりの料金単価は季節や時間帯によって変わらません。

中部電力-従量電灯Cの料金

基本料金

中部電力-従量電灯C-基本料金
契約kVA数 基本料金(円)(税込)
1kVAあたり  

電力量料金

中部電力-従量電灯C-電力量料金
電力消費量(kWh) 1kWhあたりの値段(円)(税込)
最初の kWhまで  
  -  kWh  
 kWh以上  

中部電力の従量電灯プランはこんな人におすすめ

時間帯や曜日を気にすることなく電気を使える中部電力従量電灯プランは、下記のような利用者に最適です。

  • 夜間より日中、電気を使うことが多い。
  • 家事を行ったり電気を使う時間帯が不規則。
  • 一人暮らしや人数の少ない世帯など、あまり電気を使わない。
  • 生活リズムが不規則。
  • 季節を気にせず電気を使用したい。