You are here

auでんき:電気料金(関西エリア) 

auでんき:

auによる電気料金プラン、auでんきについてご紹介します。すでにauで携帯の申し込みをしている場合は要チェックですね。

関西電力の電気を使用している場合は、auでんきの関西エリアで契約ができます。

auでんきMプラン(関西エリア)

auでんきMプラン(関西エリア)の特徴

  • 関西電力の従量電灯Aに相当する電気料金プランです。  
  • auとスマホの契約している場合は電気料金に応じてキャッシュバックされるauでんきセット割があります。
  • 1年未満に解約する場合は、解約違約金(2000円)がかかりますのでご注ください。

auでんきMプラン(関西エリア)の電気料金

基本料金
1契約あたり (税込)
最初の15kWhまで  
電力量料金
電力消費量 (税込)
15kWh-120kWh   1kWhあたり
120-300kWh   1kWhあたり
300kWh以上   1kWhあたり

auでんきとは?

auでんき」とは、の電力小売り自由化に伴い、新電力(PPS)として一般家庭向け電力小売事業へ参入した、大手通信事業者KDDIのブランドです。

KDDIはすでに2014年から、au エナジーサプライのサービス名で集合住宅向けに高圧電力を「マンション一括受電」というかたちで供給していました。4月からの小売全面自由化では、一般家庭などの低圧需要家向けサービスを、auでんきとして開始しました。

電力小売完全自由化では、NTTドコモやソフトバンクといった通信大手が次々に電力小売市場に参入しています。そのなかで、auでんきは、全国の約2,500店あるauショップを活用して、約4400万人ほどいるとされる携帯電話サービス「au」のユーザーを対象に、携帯電話と電気料金のセットで最大5%割引になるサービスを提供しています。

KDDI会社概要

KDDI株式会社概要
会社名 KDDI株式会社
住所 〒102-8460
東京都千代田区飯田橋3丁目10番10号ガーデンエアタワー
設立年月日 1984年6月1日
事業内容 電気通信事業
資本金 1,418億5,100万円
主要株主
  1. 京セラ株式会社 12.76%
  2. トヨタ自動車 11.09%
  3. 日本郵政共済組合 1.2%
保有しているメガソーラー
  1. KDDI小山ネットワークセンター(栃木県小山市)3,500kW
  2. KDDI八俣送信所(茨城県古河市)3,300kW
  3. 旧北浦受信所跡地(茨城県行方市)2,000kW

auでんきの特徴

auでんきの料金プランの特徴

auでんきの料金プランは、大手電力会社10社の従量電灯と同等です。唯一の違いは、auの携帯電話サービスとauでんきのセット割によって、電気代の1~5%がau WALLETにキャッシュバックされることです。つまりあらかじめauのユーザーであることが想定された料金プランです。

なお、基本料金が加算されるのは北海道電力東京電力東北電力中部電力北陸電力九州電力エリアのみとなっています。

関西電力中国電力四国電力エリアでは、基本料金がありません(ただし一定使用量以下の場合には、最低料金がかかります)。

auでんきの供給エリア

auでんき沖縄電力エリアおよび一部離島をのぞく日本全域で電力供給サービスを行います。全国に約2,500店あるauショップやインターネットでお問い合わせ・お申し込みを受け付けています。

auでんきのサービス

auでんきでは、以下のサービスで魅力をアピールしています。

  1. auでんきセット割 → 毎月の電気料金の最大で5%相当がau WALLETプリペイドカードへキャッシュバックされる。
  2. 専用アプリで電気使用量を見える化 → 見える化だけでなく、電気の使用状況からユーザーにピッタリの省エネ法をおすすめ。
  3. 電気代もau料金にまとめて請求 → 携帯電話やその他のauサービスとまとめて支払いができる。