引っ越しに伴うプロパンガスの契約ガイド

引っ越しに伴って、新居でプロパンガス(LPガス)を契約する時に気をつけたいポイントをご紹介します。使用開始時の開栓作業の流れや、プロパンガス販売店の選び方についてもまとめています。

引っ越しに伴うプロパンガスの契約
引っ越しでプロパンガス(LPガス)の契約をする時の注意点を確認しましょう。
  • 持ち家の場合は自分で納得できるプロパンガス販売店を見つけて契約
  • 賃貸・集合住宅の場合は大家さんや不動産会社の指定したプロパンガス販売店と契約

引っ越し先のプロパンガス契約における注意

引っ越しに伴うプロパンガス(LPガス)契約で気を付けるべき点は、居住形態によって異なります。

  1. 持ち家戸建てに引っ越す場合
    ・新築した家に引っ越す場合
    ・中古物件を購入して引っ越す場合
  2. 集合住宅・賃貸住宅に引っ越す場合

のそれぞれのケースについて見ていきましょう。

持ち家戸建てに引っ越す場合

引っ越し
持ち家戸建てに引っ越す場合、プロパンガスは自由に選べます。

持ち家で戸建ての物件に引っ越す場合であれば、基本的にプロパンガスを自由に選ぶことができます

プロパンガス(LPガス)は、数年前に料金規制がなくなった電気や都市ガスとは違い、ずっと昔から料金規制のない自由料金制です。つまり、ずっと昔からそれぞれのお店が自由にガス料金を決定してきました。ですから、店ごとに料金はばらばらで、価格の幅も電気や都市ガスと比べて広い傾向にあります。プロパンガスにおいては、「同じ地域でも、店が違うと料金が2倍近く違う」ということも起こり得るのです。

したがって、プロパンガスが選べる持ち家戸建てに引っ越す場合、一番大切なのは、積極的にプロパンガス販売店の料金や契約条件を調べて選ぶことです。

新築する場合

 注意ポイント:建築会社まかせにせず、自分でプロパンガス販売店を探す

新築の場合、家を建てる時にガス管の設置工事が行われます。この作業は建築会社とプロパンガス販売店の協力のもと行われるため、この時点でプロパンガス販売店を決める必要があります。

このとき、建築会社から提携先のプロパンガス販売店を紹介されることがありますが、その販売店と安易に契約してしまうのは禁物です。

もちろん、紹介された販売店が優良である可能性もあります。ですが、必ずしも建築会社が「あなたにとって優良な会社かどうか」を考慮したうえで紹介してくれているわけではありません。ただ仲介料をもらっているから紹介しているだけの場合も多くあります。

やみくもに契約してしまい、あとで「他の会社より高かった!」となってしまっては悔しいですよね。ですから、自分で地域にあるプロパンガス販売店の料金・条件を調べた上で決めることが重要です。家を建てることが決まった段階で、建築会社に自分でプロパンガスを選びたい旨を伝えておくのが良いでしょう。

販売店を選んだら、販売店と建築会社の両方に連絡をして、お互いで調整しながら工事を進めてもらうかたちになります。

中古物件を購入する場合

 注意ポイント:残されたガス設備の所有会社とやみくもに契約しない

中古物件の場合、前に住んでいた人が使っていたプロパンガス販売店のガスメーターやボンベがそのまま残っていることが少なくないようです。そして、中古物件購入者の中には、これらの設備を見て、その所有元であるガス会社とそのまま契約してしまっている方もたくさんいるようです。

設備がすでにあるので、手続きが手軽で良いかもしれませんが、そうしてしまうとそのガス会社が優良かどうかの判断はできません。割高な料金設定をしている可能性もゼロではありませんね。

ですから、仮に設備が残っていたとしても、他のプロパンガス会社の料金・条件を調べて比べたうえで、どの会社と契約するかを決めるのが良いでしょう。

比較した上で前に住んでいた人が契約していた会社が良い、となれば、連絡して使用開始の申し込みをします。反対に、違う会社が良い、となった場合は、元入居者のガス会社には設備撤去の依頼を行い、自分で選んだ会社に使用開始の申し込みを行いましょう。

新築であれば工事段階でプロパンガスの話が出るのに対して、中古物件では工事の必要がないので、うっかり忘れて手続きがギリギリになってしまうことも多いようです。引っ越し当日にガスを使い始められるように、入居する2週間前ごろまでにはガス会社を選んで連絡しておくことをおすすめします。

集合住宅・賃貸住宅に引っ越す場合

 注意ポイント:入居者は自由にプロパンガスを選べない

アパートやマンションなどの集合住宅や賃貸住宅の場合は、ご自身でプロパンガス販売店を選ぶことはできません。大家さんや不動産会社など、建物の所有者が直接の契約者となりますので、彼らが選んだガス会社と契約をします。

自分の好きな店を選べないのは残念ですが、反対に、自分で店を探したり、料金を調べたりする手間はかかりません。

引っ越し先が決まったら、大家さんもしくは不動産会社の指定する販売店に連絡をし、使用開始の申し込みをします。

どうしてもガス会社を変更したい場合契約の変更は大家さん・不動産会社しか行えません。まずは彼らにガス会社を変えたい旨を相談してみましょう。

プロパンガスを使うには開栓作業が必要

プロパンガス(LPガス)は、自分でガス栓をひねればすぐにガスが使えるわけではありません。プロパンガスを使い始めるためには、プロパンガス会社の作業員の方に来てもらい、開栓作業をしてもらう必要があります。開栓作業は30分程度で、立ち会いが必要です。

申し込みが引っ越し直前になってしまうと、希望する日時に開栓作業に来てもらえないリスクがあります。引っ越し当日からガスを使えるようにするためには、余裕をもって引っ越しの2週間~10日前ごろまでにガス会社に使用開始の申し込みを行っておくことをおすすめします。とりわけ、引っ越しシーズンの3~4月はガス会社も忙しいため注意が必要です。

また、開栓作業をするとき、これから使用するガス機器が正しく作動するかのチェックも行います。使用する予定のガスコンロや給湯器などをそろえておきましょう。

都市ガスとプロパンガスはガス機器が違う都市ガスとプロパンガス(LPガス)ではガス機器の仕様が異なります。都市ガス用のガス機器をプロパンガスで使うことはできません。もし前の住居で都市ガスを使っていた場合、ガス機器の部品を変える、もしくはガス機器自体を買い替える必要があります。

どうやってプロパンガス会社を選べばいい?

続いて、プロパンガス会社を選ぶ時のポイントをご紹介します。

まずは、新居のある地域で供給しているプロパンガス会社を探します。そして、これらの店のガス料金設定を比べてみましょう。

料金を比較する際にチェックするのは基本料金従量料金です。

基本料金は毎月固定の料金で、従量料金はガス使用に応じてかかる料金です。従量料金は1㎥あたりいくら、という風に単価が設定されていて、ここにひと月のガス使用量を掛け算して金額が決まります。

日本の95%以上の販売店において、「基本料金+従量料金」の二部料金制を採用しているため、これらの金額を比べることで、どの販売店が一番安いか見極めることができます。

ただし、料金が安いことは良いのですが、極端に安い料金を提示している場合は注意が必要です。顧客獲得のために最初だけ金額を安くして、徐々に値上げをして利益を得ているガス会社が存在するからです。

このようなガス会社を避けるためには、料金の変更に関する条件を確認することが大切です。どのような場合に値段が変更されるのか、値段変更の際にはどのように通知されるのか、などの規則を明確に説明してくれる会社であれば安心できると言えます。

この他に、契約期間や解約時の違約金の有無についてもきちんと確認しましょう。

一括見積もりサービスの活用

プロパンガスは、料金の公開が義務ではないため、中にはホームページを見ても料金がわからない販売店もあります。こんな場合は、販売店に連絡して料金表もしくは見積もりを取り寄せる必要があります。

ただ、自分で店に連絡して料金表・見積もりを依頼するのはなかなかの手間ですよね。そんなときには一括見積りサービスの活用がおすすめです。複数の販売店から見積もりを集めてくれるので、自分で調べる手間を省くことができます。サービスは無料で、どこかの販売店と契約しなければならない義務もないので、お気軽にご利用くださいね。

LPガスの無料見積もりLPガスの見積もりをとって、ガス料金がお得な販売店を見つけましょう。無料一括見積りサービスをぜひご活用ください!持ち家戸建てにお住まいの方、賃貸物件や店舗のオーナーが対象です。
オンラインで無料見積もり 電話で無料見積もり
電話受付時間:年末年始を除く毎日10-21時 (注意事項

LPガスのお見積もりをご希望のお客様

お引越しでLPガスの契約が必要になったり、うちのLPガス(プロパンガス)って高いかも?もっと安くならないかな?と思ったら、ご相談ください。
一括見積りサービスで、今より安いプロパンガスを探してみませんか?

ガスを今より安く

LPガスが高いかも?と思ったら

他の販売店と比べて、ガス料金の見直しをしてみませんか?
複数の販売店から無料で見積もりを集めてくれる、便利な一括見積もりサービスをご活用ください。持ち家戸建てにお住まいの方、賃貸物件や店舗のオーナーが対象です。
電話受付:年末年始除く毎日10-21時(注意事項

セレクトラ・ジャパンでは、エネルギー市場にまつわる有益な情報をウェブ上で提供しています。
ご不明な点があれば、ガス料金のプロ、セレクトラまでお問合せください!