You are here

引越しの時LPガスの契約はどうすればいい?

お引越し先のガスがLPガス(プロパンガス)で契約する場合、どのようなガスの使用開始の手続きが必要なのでしょうか?LPガス特有の注意しておきたいポイントも合わせてご紹介します。

引越しの時LPガスの契約はどうすればいい?
  • 引越しの時、LPガス販売店は自由に選べます。複数社比べて契約しましょう。
  • 引越しの時のLPガスの契約時の注意点を詳しくご紹介します。

戸建てにお住まいの方LPガス料金払いすぎていませんか?簡単フォーム記入でLPガス一括無料見積もり。電話でもOK:050-3196-9297(無料相談)までお気軽にお電話ください(注意事項)

LPガスの開栓には立ち合いが必要 - 立ち合いって?

引越しの時LPガスの契約はどうすればいい?

慌ただしい引っ越しの時こそ注意したいLPガスの契約。

お引越しで初めてLPガスを使う場合の大前提・基礎知識をまずは抑えておきましょう。

LPガスを実際に使用する場合、LPガス販売店と契約を結んだあと、LPガス会社の作業員にきてもらって開栓の作業をしてもらう必要があります。

その時、ガスの開栓作業と同時に安全のチェックも行います。ガスの性質上、プロによるこの一連の作業は必須です。

都市ガスでもLPガスでも、ガスの場合は同様にこのような開栓作業が行われます。

室内に置かれたガス器具(ガスコンロ・給湯器)がきちんと作動するか合わせてチェックしますので、契約者であるご自身が作業員の作業に立ち会う必要があるわけです。(作業員が勝手に室内に入るわけにはいきませんね。)

LPガスの契約をして引っ越した後、自分でガス栓をひねれば、すぐにガスが使えるというわけではありませんので、ご注意ください。

LPガスの販売店は自由に選べます- 比べて・選びましょう。

とても重要なポイントがこれです。LPガスの販売店は自由に選べます。必ず複数社比べて契約するLPガス会社を選びましょう。

もし仮に、「不動産屋、建築会社、工務店等がLPガスの契約はこちらでお願いします。」もしくは、「このLPガス販売店としか契約できません。」と言っても、それは正しくありません。LPガス販売店はご自身で自由に選ぶことができます。

ほとんどの地域で複数のLPガス会社がプロパンガスの販売をしているので、可能な限り複数からLPガスの料金表(見積もり)はもらい、料金・条件をきちんと確認しましょう。

分からないところ、あいまいなところはきちんと確認をして納得をしてから、LPガスの契約をします。お引越しとなると、早くガスを使いたいため、LPガスの契約を急ぎがちですが、慌ててはいけません。

インターネットのフォームに記入するだけで、簡単にLPガスの一括無料見積もりが出来るサービスもありますのでぜひ利用してくださいね。

LPガス・実際の契約 - 料金を確認​

お住まいのエリアにガスの供給・販売を行っているLPガス販売店、複数見つかりましたか?新しい土地にお引越しとなると情報が手に入りにくいかもしれませんが、LPガス料金をホームページ上で公開をしているLPガス会社も少数ですが、存在しています。また、各県、各地域のLPガス料金の平均価格のデータも非常に参考になります。

また、LPガスの料金表(見積もり)も可能な限り複数からもらいましょう。比較・検討するためには、いくつか見積もりが手元にあることが理想的です。

実際にLPガスの契約の時に注意したいポイントは、この料金です。

LPガス料金のほとんどが、「基本料金」+「従量料金」でなりたっています。「基本料金」は毎月払う固定の料金です。そして「従量料金」は、ガスの使用1m3ごとの料金です。「従量料金」は、その月のトータルのガスの使用量 × ○○円/m3で計算されます。

料金表をもらったら、この「基本料金」と「従量料金」の両方を確認しましょう。実際のガス料金の計算方法が不明瞭な場合は納得がいくまで質問をして確認をしましょう。

なるべく安いLPガス(プロパンガス)料金のところと契約したいというのがすべての消費者に共通する願いですが、あまりに安いLPガス料金を設定しているところにも注意が必要です。最初は非常に安いLPガス料金を設定しておき、あとで値上げをするというケースもあるためです。相場より安すぎないかを知るためにも、やはり見積もりを複数のLPガス販売店からもらっておくのは重要ですね。

また、値上げの連絡についても確認が必要です。LPガス料金を値上げする場合は、どのように通知するかはっきりと契約書に記載があるか確認をしましょう。

LPガス・実際の契約 - 条件を確認

LPガスの料金自体の確認も必要ですが、値上げの連絡などについては、契約書をよく確認しなくてはいけないという点は上記でも触れた通りです。

契約書は、書面とも呼ばれ、「液石法」という法律により、LPガスの契約には書面を交付すること、そしてその書面には、以下の内容を明記することが決まっています。

契約書(書面)には以下の内容がきちんと記載されているかよく確認しましょう。もし内容に改訂があった時なども書面の再発行が必要になります。

1.LPガスの種類
2.LPガスの引き渡し方法
3.料金(A)料金の内訳、(B)料金に何が含まれるか
4.設備の所有権(ガス設備のうち、どらがLPガス販売店のもので、どれが契約者の所有なのか)
5.設備、変更、修繕およびに撤去に要する費用の負担方法
6.消費設備(ガス配管、給湯器、コンロなど)を販売店が所有している場合は、(A)利用料や支払い方法、(B)解約時に契約者が配管等を買い取る場合の金額や算定方法
7.保安上の責任

引越しの時LPガスの契約はどうすればいい?

LPガス設備の所有権、どこからどこまでが誰のものなのか、書面で必ず確認しましょう。ご自分の所有でないものはガスの解約時に費用を払う必要が出てきます。(参照:エルピーガス振興センター)

解約時のトラブルを避けるために

残念ながら、LPガスは契約を解除するときのトラブルが多く報告されています。よくあるトラブルとしては、ガス設備の所有権に関するものです。

例えば、解約をするならば室内の配管設備は、LPガス販売店のものなので、買い取ってもらうか、撤去費用が必要と言われるパターンです。

供給設備はLPガス(プロパンガス)販売店のもの、室内の消費設備は、契約者のものであるのが一般的ですが、書面(契約書)にそのように書かれていなければ意味がありません。契約書内で所有権の詳細を必ず確認することを忘れないようにしてください。

また、解約の条件、解約違約金がかかるのかも合わせて確認しておきましょう。

お引越しとなると、なるべく早くLPガスを使いたいため、契約をすぐに結んでしまいたくなるのが人間の心理です。ただし、解約時、またLPガス販売店を変更したいと思った時に思ってもみなかったトラブルになったりすることを避けるためにも、LPガス販売店はじっくり選ぶことが肝心です。

不安であれば、簡単にLPガスの一括無料見積もりが出来るサービスもありますので、ぜひ利用してみましょう。

LPガスのお見積もりをご希望のお客様

お引越しでLPガスの契約が必要になったり、うちのLPガス(プロパン)高いかも?もっとLPガス料金安くならないの?と思ったらお気軽にご相談ください。
一括見積りサービスで、今より安いプロパンガス料金を探してみませんか?

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を

「enepi(エネピ)」のページへ移動、また電話はenepi(エネピ)につながります。「プロパンガス料金見積もりサービスについての注意点」を確認の上、ご利用ください。

セレクトラ・ジャパンでは、エネルギー市場にまつわる有益な情報をウェブ上で提供しています。
ご不明な点があれば、ガス料金のプロ、セレクトラまでお問合せください!