You are here

原子力を使っていない電力会社は?

電力自由化により電気料金プランが自由に選べるようになりました。それでは発電の種類で電気料金メニューを選ぶこともできるのでしょうか?原発フリーの電気選びについて検討してみます。

原発を使っていない電力会社は?
  • 現状、完全に原発フリーの電気料金は選ぶことはできません。
  • 私たちが支払っている再生賦課金は日本の再エネの普及に使用されているのをご存知ですか?

原発を使っていない電力会社は?

さていきなりですが、原発を使用していない電力会社は、今現在あるのでしょうか?ずばり、大手電力会社の中で原発を所有していないのが、唯一沖縄電力です。

沖縄電力は電力自由化以降、新たに新電力とよばれる電力会社が電力自由化以降も登場しなかったことも特徴的です。沖縄では、沖縄電力以外選べる電力会社もありませんが、原子力発電所もない、というわけです。

それ以外の電力会社は、現在、ほとんどの電力会社の原発が停止はしているものの、全て原子力発電所を所有しています。

つまり沖縄電力以外の大手電力会社を利用している限り完全に原発フリーの電気を使うのは難しいといえます。

新電力で原発を使用していないところは?

再生可能エネルギーによる発電に力を入れている新電力はたくさんあります。

ただし、ほとんどの再生可能エネルギーは、そのエネルギー源を自然に頼っているために、発電量や発電時間を制御することができません。そのため、卸電力取引市場から電気を購入したり、非常時のバックアップとして大手電力会社と契約をしています。つまり新電力でも完全に原発フリーの電力会社をみつけるの残念ながら無理といえます。

再生可能エネルギーを多く使用しているとうたっている電気料金プランもいくつかありますが、いずれも「計画値」にとどまっています。

電気料金プラン選びそのもので、なるべく環境に貢献したいという気持ちを実現するのは難しいですが、その電力会社のポリシーなどで電気料金を選ぶことは可能です。

どうやって原発を使っていない電力会社を選ぶのか?

原発を使っていない電力会社

原発フリーの電力会社ことはできないけど、自然にやさしいプランを探すことはできる。

完全に原発フリーの電力会社を選ぶことを難しいことが分かりました。それでもなるべく環境にやさしい電気を使いたいと考えた場合、どのような基準で電力料金を選べば良いでしょうか?

電源構成を基準に選んでみるのも1つの方法です。発電している電気のうち、再生可能エネルギーをエネルギーを使っている割合がどのくらいか分かれば、それだけ「環境にやさしい」と判断することができるでしょう。(ただし、表示されてている数値は計画値の場合がほとんどです。)

ただし電源構成に関しては、今のところ開示は義務付けられていないため、まずは自ら積極的に電源構成を開示ている電力会社(電気小売り会社)を探す必要があるのが現状です。

加えて、電源構成を完全に公開している会社でも火力発電の割合が多ければ、今度は地球温暖化の原因とされる「CO2」についても意識しないわけにはいきませんね。

さらに、福島第一原子力発電所事故の一件以降、どうしても東京電力を含む大手電力会社にどうしても不信感を感じてしまう、という方は大手電力会社の傘下にない電力会社や、大手電力会社と資本関係にないところを選ぶという方法も選べるかもしれん。

環境に貢献できる電気料金プラン

原発フリーとは直接関係はありませんが、自然貢献できる電気料金プランもありますので、電気の使用を通して少しでも環境に貢献したい人にはおすすめです。

ソフトバンク:自然でんき

FIT(フィット)電気の割合50パーセントを目指している電気料金プラン。1契約につき50円、森林支援プロジェクトに募金されるから、エコ重視の方におすすめ。

丸紅新電力:プランG

丸紅新電力はプランSという通常の電気料金に加えて、プランGというプランも提供しています。

このプランの売り上げは、トトロの森ナショナルトラスト(公益財団法人トトロのふるさと基金)の使用に活用されます。

自然を愛するジブリファンにはうってつけの電気料金プランです。

私たちが払っている再エネ賦課金を知っていますか?

原発を使っていない電力会社は?

電気を使用しているすべての人は、「再生可能エネルギー発電促進賦課金」を支払いっています。

「クリーンな電気の普及に貢献したい。」と思っている方は、原子力を使用していない電気を選ぶことはできないと分かりがっかりしているかもしれません。

しかしながら、我々は「再生可能エネルギー発電促進賦課金」という税金を支払うことにより、日本での再生可能エネルギーによる発電の増加に貢献をしているのをご存知でしょうか?

電力会社からもらう請求書や検針票(電気使用のお知らせ)をよく見てみると「再エネ発電賦課金」という項目があることが分かります。この「再エネ発電賦課金」はその月に使用した電力量(kWh)に応じてかけられています。

この「再エネ発電賦課金」は、再生可能エネルギーで発電された電気を購入するために使用されています。

実は、この「再エネ発電賦課金」の存在を知らない人もたくさんいるようです。どこの電力会社のどの電気料金を契約しても、この「再エネ発電賦課金」を支払っていますので、間接的に日本の再エネ率のUPに貢献しているといえます。

原発を使っていない電力会社は?- まとめ

原発を使っていない電力会社は?

各所で発電された電気はすべて交じりあって電線にのって我々のところにやってきます。原発フリーの電気だけ使用するのは無理。

現状、原発を完全に使用していない電力会社、電気料金は選べないということが分かりました。再生可能エネルギーには時間や自然条件を選ばすに発電することができないという「弱点」があるためです。その弱点を補うためにも原子力発電も含む従来の発電方法に頼る必要があるためです。

ただし、日本は、再エネ率を増やしていく方向ですすんでいます。このために、我々は電気料金を通して「再エネ発電賦課金」を払っています。これは、再生エネルギーの買い取りに使用されているものです。

原発フリーの電気料金は存在しないため、原発フリーの電気料金を選ぶことは、電力自由化といえども、できません。ただし、電力自由化以降のおかげで、「その電力会社のポリシー」や「電気料金の安さ」などで電気料金は選べるようになったわけです。

また原発フリーではありませんが、ソフトバンクの自然でんきや丸紅新電力のプランGなど、環境保全に貢献できるプランを選ぶこともできます。