You are here

引っ越し時に必要な手続き(電気編)

お引っ越しの際は、「電気の引っ越し」もお忘れなく。電気の使用開始と停止など、引っ越し時に必要な電気の手続きについてまとめました。また、引っ越しをきっかけに電気料金の見直したい方に役立つ情報もご紹介。

  • 新居ではすでにスマートメーターに切り替えられているかもしれません。電気の申し込みは事前に行うことをおすすめします。
  • 引っ越しと同時に申し込める新電力も増えています。

引っ越し時に必要な電気の手続き

お引っ越しが決まったら、忘れてしまわないようになるべくはやく、電気の引っ越し手続きを行うことをおすすめします。手続きは簡単です。電気の使用停止の手続きと申込みの手続きをするだけです。

引っ越し時に必要な電気の手続き
  • 現在契約している電力会社へ電気の使用停止の申し込みをする
  • 新居で契約する電力会社へ電気の使用開始の申し込みをする

最近はスマートメーターと呼ばれる新しいタイプの電力メーターが普及しており、以前住んでいた人が解約の手続きを行うとすぐに電気供給が停止されるようになっており、電気使用の申し込みを忘れると電気が使えないということがあります。

スマートメーターは、100%普及を目指して設置がすすめられていますので特に都市部にお引越しをする場合はすでに電力メーターがスマートメーターになっている可能性もあります。

電気の使用停止の申し込み

引っ越しが決まり、住居の退出日が確定したら、まずは現在契約している電力会社へ電気の使用停止の申し込みをしましょう。

電力会社では、ホームページ、コールセンターにて電気の使用停止の申し込みを受け付けています。どの方法を選ぶにも、電気の使用停止の手続きには下記のような情報が必要になります。

電気の使用停止の申し込みに必要な情報
  • 現在の住所
  • 契約者の名前(契約名義)
  • お客様番号(検針票などに記載されている14桁の番号)
  • 引っ越しする日時(退去日)
  • 引っ越し先の住所

引っ越し当日は、電気のブレーカーを落としてから退去しましょう。ちなみに、引っ越し月の現在契約している電力会社の電気料金は、退去日までの日割り計算となり、これまで通りの支払い方法にて請求されます。

電気の使用開始の申し込み

引っ越し当日からスムーズに電気の使用を開始したいなら、引っ越し前に電気の使用開始の申し込みも済ませておくことをおすすめします。

冒頭でも触れた通り、遠隔地操作の可能なスマートメーターの導入がすすめられているため、引っ越し先の電力メーターがすでにスマートメーターの場合、電気の契約をしないと電気は使えないようになっているためです。

引っ越し後も同じ電力会社と契約する場合

引っ越し後の新居でも現在と同じ電力会社の電気を引き続き使用する場合には、現在の住居の電気の使用停止の申し込みをする際に、同時に新居の電気の使用開始の申し込みもすることができます。

オンラインの引っ越し手続きサービス「引越れんらく帳」 東京電力エナジーパートナーによる無料インターネットサービス「引越れんらく帳」の場合、電気をはじめガス、水道、クレジットカードなどライフラインの引っ越しにまつわる情報変更の手続きを一括して行うことができます。

新居では新しい電力会社と契約する場合

新居では新しい電力会社と契約する場合

引っ越しを機に電力会社の切り替えをすることも可能です。

引っ越しを機に電力会社の切り替えをするという人も多いでしょう。新電力の電気料金が大手電力会社より安いのは周知のとおりです。その場合、新しい電力会社へ新規で電気使用開始の申し込みを行う必要があります。

新電力の中には引っ越しと同時の申し込みを受け付けていないところもあります。そのような場合はいったんその地域の大手電力会社に申し込みをしてから新たに新電力に申し込む必要があります。

電力自由化後、電気切り替えにあたって従来の電気メーターからスマートメーターへの交換が必要になっています。もし、お引越し先の電力メーターがまだスマートメーターになっていない場合はまず、取り換えの必要があります。

スマートメーターの取り換えは、大手電力会社の配電部門が行います。もちろん取り換えは無料ですし、立ち会いの必要はありません。

電気切り替えに伴う電気使用開始の申し込みに必要な情報

  • 引っ越し先の住所
  • (可能であれば)22桁の供給地点得点番号
  • 契約者の名前(契約名義)
  • 引っ越しする日時(入居日)
  • 支払い方法(口座振替/クレジットカード)

引っ越しと同時に申し込める新電力

知名度もあり人気の新電力の多くで引っ越しと同時の申し込みも受け付けています。

お引越しを機に今より安い電力会社に切り替えたいということは参考にしてみてください。

新電力の引越し対応一覧と各社の電気料金プランの特徴
東京ガス
東京ガス
エネオス
エネオスでんき

Looopでんき

丸紅新電力
丸紅

ミツウロコ
グリーンエネルギー

ミツウロコ

洸陽電機
洸陽電機

引っ越し前に電気の使用開始の申し込みを忘れた場合

引っ越し前に電気の使用開始の申し込みを忘れた場合

写真は関西電力のスマートメーターです。お引越し先の電力メーターがすでにスマートメーターという可能性も。

もしも引っ越し前に電気の使用開始の申し込み手続きを忘れてしまった場合は、どうしたらよいのでしょうか?電気は使えるのでしょうか?実は、使えない事があります。

引っ越し先の電力メーターがスマートメーターの場合、電気の契約をしないと電気はつきませんので気をつけてください。

今までのお引越しでは、電気を申し込み忘れても、分電盤を開き、ブレーカーのスイッチを入れればすぐに電気が使えるようになっていたかもしれません。

しかし、スマートメーターの登場により、電気の申し込みのない時期は事前の連絡がない限りもう電気はつかえない可能性が大です。

やはりなるべく引っ越し前に電気の使用開始の申し込みをしておく必要があります。

引っ越し時に必要な電気の手続き - まとめ

引っ越しをする時には、現在契約している電力会社へ電気の使用停止の手続きをするとともに、新居で契約する電力会社へ電気の使用開始の申し込みをする必要があります。

引っ越し後も現在の電力会社の電気を使用する場合には、2つの申し込みを同時に手続きしてしまいましょう。

一方、電力自由化で一般家庭も電気を選べるようになった今、引っ越しはあらためて電力会社と電気料金を見直して電気切り替えについて考えてみる絶好のチャンスでもあります。

 

「電気・ガス料金比較サイト 電力ガス」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。