You are here

電気料金の3段階制とは? - 電気料金は使用量に応じて3段階になっている

「電気料金の段階制」ってどんな電気料金制度なのでしょうか?わたしたち一般家庭の多くの人が契約している電気料金プランには電気料金の3段階制が採用されています。電気料金の段階制について、あらためてイチからご説明します。

  • 電気料金の段階制とは?従量電灯プランの3段階制を解説
  • 従量電灯プランでは、電力量料金に電気の使用量に応じて料金単価が上がる3段階制を採用!
  • 一方で、電力自由化をきっかけに、3段階制ではない単一料金の電気料金プランも登場!
電気料金の段階制とは?従量電灯プランの3段階制を解説

従量電灯プランの電気料金の内訳

日本の最もスタンダードな電気料金プランである従量電灯プランは、電気の使用量によって毎月の電気料金が決定するプランです。一般家庭であれば通常皆さんこの料金プランを契約しています。(「電気料金のお知らせ(検針票)」で確認することができます。)

その内訳については電気料金の計算方法でも詳しくご紹介していますが、従量電灯プランは主に次の2つの要素で構成されています。

この2つの要素のうち、「電力量料金」の部分に三段階制が採用されています。

従量電灯プランの電気料金の内訳 「基本料金(契約アンペア数による)」+ 「電力量料金(1kWhあたりの単価 × 電力消費量)」 

電気料金・3段階制のしくみ - 実例

電気料金の3段階制の一例として、東京電力の従量電灯Bプランの電力量料金表を見てみましょう。

東京電力-従量電灯B-電力量料金
電力消費量(kWh) 1kWhあたりの値段(円)(税込)
  -  kWh  円/kWh
  -  kWh  円/kWh
 kWh以上  円/kWh

東京電力の従量電灯プランでは、電気料金の3段階制によって電力量料金が電力消費量   -  kWh、   -  kWh、  kWh以上の3段階ごとに1kWhあたりの値段が異なっています。

また、3段階それぞれの電力量料金の料金単価は、  円<  円<  円と、電力消費量が多くなるほど高くなっていることもわかります。

もちろん、このような三段階制の料金のしくみは東京電力に限らずすべての大手電力会社で採用されています。

どうして3段階制なのか?

それでは、なぜ従量電灯プランの電気料金は3段階制なのでしょうか?

経済産業省・資源エネルギー庁によれば、日本で電気料金の3段階制がスタートしたのはオイルショックで石油価格が高騰した1974年。

すでに電気が国民の生活必需品として普及していた背景、そして省エネルギーの推進という目的のもと、下記のように3段階の定義が決められ、電気の使用量に応じて料金単価が上昇する電気料金の3段階制が採用されました。

電力会社はそれぞれこの電気料金の3段階制の定義に基づいて従量電灯プランの電力量料金を設定しています。

電気料金の3段階制
  • 第1段階:ナショナルミニマム(国民の生活最低水準保証)に基づく低廉な料金
  • 第2段階:ほぼ平均費用に対する料金
  • 第3段階:限界費用の上昇傾向を反映した料金

つまり、電気料金の3段階制を採用している従量電灯プランは、毎月の電気の使用量を抑えれば抑えるほど、電気代を節約することができるような料金設定になっているのです。

ただし、家庭の事情によっては、世帯人数も違いますし、どう頑張ってもある一定以上の電気の消費は避けられないこともあるでしょう。また、地域によって、電気料金が違うことや、そもそも地域によっても電気の消費量に違いが多いことを考えるとこのように電気料金が3段階になっているのは、本当に意味があるのか疑問が残ります。

第一に電気料金の計算がしにくい、とにかく分かりづらいというデメリットもあります。

3段階制でないシンプルな電気料金も登場

電気料金の段階制とは?従量電灯プランの3段階制を解説

Looopでんきは基本料金がゼロ円、電力量料金は1段階というシンプルなプランで注目されています。

一方で、電力自由化をきっかけに、次のような電力量料金に3段階制を採用せず単一料金にしたシンプルな電気料金プランも登場しています。

これらの電気料金プランは、電気代の計算が簡単で分かりやすいのはもちろん、極端に電気使用料が少ない場合を除き、電気料金が安くなるというメリットもあります。