You are here

電気代を節約するには?電気料金を見直そう!

電気料金の節約をお考えですか?今すぐできて効果的な電気料金の節約方法についてご紹介します。節電・節約は難しくありません。

電気代を節約するには?電気料金を見直そう!
  • 電気料金の見直しと切り替えが一番早くて効果的な電気料金の節約方法!
  • 電気料金の節約の基本を押さえましょう!

電力会社の切り替えで電気料金を節約!

電気料金の節約方法

電気料金を今すぐ減らしたい場合は、電気料金プランの切り替えが効果的です!

電気料金を節約しようとした場合、電気の使用量を減らす!事を一番に思いつく方が多いと思います。

パソコンの使用時間を減らす、冷暖房の使用を制限するなどで、もちろん電気使用量を減らすことができますが、できれば過度の我慢はしたくないものです。

そこで手っ取り早くしかも効率的に行える電気料金の節約ご紹介します。

それは、「電気料金プランを見直し、切り替える。」です!

電気料金プランを切り替えることで、電気の使用量はそのままに電気代を節約することが可能になります。

電気料金プラン(基本契約)を見直そう!

電気契約プランは選べることを皆さんご存知のはずです。ただ、本当に電気料金プランを切り替えることで安くなるのか心配。

心配ありません。電気料金比較シュミレーションを使用すれば、電気代が今よりどれだけ安くなるのか、一目瞭然だからです。

しかも新しい電力会社(新電力)の多くが、大手電力会社よりも安い料金プランを発表しており、正しく料金プランを選べば、誰でもすぐに電気料金を安くすることが可能です。

特に、使用している電気の量が多ければそれだけ、安くなる金額も大きくなります。

節電したいのになかなか、家族が協力してくれない!という場合はまずは、今すぐ、電気料金プランを見直して、今より安い料金プランをみつけてみましょう!

  • 今より安い電気料金プランを見つけて切り替えることで、すぐに電気料金の節約が可能!

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を

電気料金の節約 節電テクニックの基本を再確認!

さて、電気料金節約の効果的で確実な方法は、電気料金の切り替えであることをご紹介しました。

さらに電気料金の節約に貢献できることがあるならしてみたいという節約意識の高い方のために、節電方法の基本・王道をご紹介します!

電気料金の切り替えとさらなる日々の節電努力により、ご自宅の節電対策をパーフェクトに仕上げます。

節電ポイントその1:どんなものに電気を使っているか把握する

資源エネルギー庁の調査による「家庭部門機器別電気使用量の内訳」を見ると、電気冷蔵庫、照明器具、テレビ、エアコンの順番に電気の使用量が多いことが分かります。

これは考えてみれば当たり前のことで、電気冷蔵庫は常に電源も入れていますし、照明器具も一家にいくつもあり、長時間使用されるものですので内訳に占める割合が大きいのもうなずけます。

次にテレビの電気代が高いのは興味深いです。テレビは冷蔵庫とちがって常に電源を入れていなくてはいけないものではありませんね。

仮に「我が家では見ていないのに、テレビがいつもついているな。」と思いあたる場合は、意識することができます。

照明に関しても使用個数と使用時間が長いことを考えれば、不必要につけっぱなしの電気をなるべく消すことで、節電に効果的だということが分かります!

電気代を節約するには?電気料金を見直そう!

電気使用の内訳を理解することが、電気節約の第一歩!(出典:資源エネルギー庁)

やみくもに、照明器具はこまめに消そう!と言われてもこころに響かないかもしれませんが、このような電気使用の内訳を見てみると節電意識が変わるのではないでしょうか!

節電ポイントその2:消費電力の低い電化製品に買い替える

電気使用の内訳をみると、冷蔵庫の占める割合が高いことが分かりましたね。

でも冷蔵庫の電源は抜くわけにはいきません。

しかし、もし今使用している冷蔵庫がかなり古いものであれば、省エネ性能の高い冷蔵庫買い替えることにより、電気料金の節約に貢献してくれます。

省エネ性能が高いものは消費電力が低いため、同じ時間冷蔵庫を使っても、従来のものより消費電力量(kWh:キロワットアワー)が少なくなります。

もちろん、新しいものを買うのにお金はかかりますが、使用しているサイズが必要以上に大きく、しかも型式の古いものであれば、コンパクトで省エネの冷蔵庫に買い替えることによりかなり節電が期待できます!

節電ポイントその3: 待機電力をカット

電気代の節約

電気代の節約には待機電力もあなどるべからず。(出典:関西電力)

節電には待機電力のことも忘れてはいけません。省エネセンターの情報によれば、家庭全体の使用電力の約7.3%が待機電力だということです。

つまり、コンセントにつないでいるだけでそれだけの電気料金を無駄使いしていることになります。抜いておいても構わないコンセントは抜くだけで年間で電気料金の大きな節約になります。

いちいち、コンセントを抜くのが面倒な方は、コンセントの抜き差しをせずにスイッチ式で電源をおとせる家電アクセサリーも最近は充実していますので、チェックしてみることをお勧めします。

 

「電気・ガス料金比較サイト 電力ガス」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。