You are here

小売り電気事業の登録が開始

denkyu

2016年4月からの電力の小売り全面自由化に先立って、2015年8月3日から新規参入企業の登録申請が開始されました。

2015年10月23日現在で93社から登録申請が行われ、電力取引監視等委員会が各社の電力確保に向けた計画や顧客向けの対応体制といった業務の実施体制、さらに暴力団など反社会的勢力とつながりがないかなどを審査した結果、10月8日、このなかから40社が、次いで同23日には大阪ガスや伊藤忠エネクスなど8社、計48社が「小売り電気事業者」として正式登録されることになりました。

今後も引き続き審査が行われ、今後は東京ガスやKDDIなど、残る申請企業の審査も進められる見通しです。

10月23日時点で登録が認められている48社のなかには、東京ガスや大阪ガスが出資するエネットや大和ハウス工業系のエネサーブ、東京都の清掃組合が母体の東京エコサービスなど、実に多種多様な事業者が入っています。おおまかに分けると以下の様にグループ分けすることも出来るでしょう。

  1. 既存新電力:すでに大口向けに特別高圧・高圧電力の販売実績があるF-Powerやエネットやなど。
  2. ガス系:営業地域は限定的とはいえガストのセット販売を予定している静岡ガス&パワーや北海道ガスなど。
  3. 石油系:知名度は高いものの電力小売りの実績はまだ乏しい昭和シェル石油や東燃ゼネラル石油。
  4. 再生可能エネルギー系:電力の地産地消に貢献するが供給力にまだ不安も伴うグリーンサークルや神奈川県太陽光発電協会。

10月8日に発表された初回認可40社のリストは以下のようなものです。

最初に「小売り電気事業者」に正式登録されていた40社
株式会社F-Power イーレックス株式会社 リエスパワー株式会社 イーレックス販売1号株式会社
イーレックス販売2号株式会社 イーレックス販売3号株式会社 株式会社SEウイングス 株式会社イーセル
株式会社エネット 日本アルファ電力株式会社 須賀川瓦斯株式会社 昭和シェル石油株式会社
株式会社ケイ・オプティコム エネサーブ株式会社 株式会社サイサン ミツウロコグリーンエネルギー株式会社
株式会社トラスティルグループ ネクストパワーやまと株式会社 日本テクノ株式会社 日央電力エナジー株式会社
株式会社Looop 東燃ゼネラル石油株式会社 株式会社ナンワエナジー 静岡ガス&パワー株式会社
荏原環境プラント株式会社 東京エコサービス株式会社 ダイヤモンドパワー株式会社 出光グリーンパワー株式会社
プレミアムグリーンパワー株式会社 株式会社エヌパワー 株式会社新出光 中央セントラルガス株式会社
にちほクラウド電力株式会社 一般財団法人泉佐野電力 総合エネルギー株式会社 株式会社グリーンサークル
株式会社ウエスト電力 エクレ株式会社 北海道瓦斯株式会社 一般財団法人神奈川県太陽光発電協会

今後も新規参入企業が増えていくかと思われます。完全自由化に向けたエネルギー市場の動きが注目されます。