You are here

電力市場が自由化される理由とは?

2016年4月に電力市場全面自由化されるのはご存知の通りですが、なぜ自由化する流れになったのでしょうか。自由化までの流れとそもそも電力自由化とは何かについてご紹介します。

電力自由化

電力自由化とは?

資本主義経済においては、商品やサービスは自由に取引されることになっています。しかしながら、電気、ガスといった事業は電力の場合なら電力会社10社(東京電力関西電力中部電力中国電力四国電力北陸電力東北電力九州電力北海道電力沖縄電力)が地域の市場を独占していました。東京に住んでいれば東京電力、北海道に住んでいれば北海道電力と自動的に決まっており、インターネットプロバイダーや携帯電話サービスのように自由に選ぶことができませんでした。

このような形態であった市場が開放され、新規に新しい企業が電力市場に参加することができるようになる、これが電力自由化です。 それでは、電力市場はいままで完全に独占されていて、電力の売買、発電、供給すべて電力10社以外はこのビジネスに参入することはできなかったのでしょうか。もう少し詳しくみていきます。

電力市場の自由化は1990年から段階的にすすめられてきました

2016年4月に自由化されるのは、一般家庭など低圧電力(50キロワット以下)を使用している需要家への電気の供給です。一般家庭の方は、現在は10社のうちから住んでいる地域の電力会社からしか電力を購入(使用する)ことができませんでしたが、2016年以降は、例えば、ソフトバンクやパナソニックなどもPPS/新電力会社(特定規模電気事業者)として電力市場に参加する予定となっていますので、東京電力ではなく、ソフトバンクから電気を買うということも可能になるということになります。

このように低圧電力(50キロワット以下)に関しては2016年を待たなければいけませんが、ただし、発電に関していえば、ソーラーパネルを設置して太陽光で発電した電気を電力会社に販売している家庭もあるように発電はすでに自由化されています。また高圧電力も同じく自由化されていますので、PPS/新電力から電気を購入している工場やビルなどもすでにたくさん存在しています。

すでに一部は自由化されている

  • 発電市場は100%自由化されています。→誰でも発電して電気を売ることができます。
  • ビル、大規模工場など特別高圧を使用している需要家への電力市場はすでに自由化されています。
  • 小規模工場など高圧電力(50キロワット以上)を使用している需要家への電力市場すでに自由化されています。
  • 一般家庭など低圧電力(50キロワット以下)を使用している需要家への電力市場が2017年4月に自由化されます。

電力が自由化される理由

それではなぜ自由化されることになったのでしょうか。まず環境の変化が自由化を可能にした、もしくは促したと考えらます。

具体的には、技術の進歩により小規模でも安く発電ができるようになり、発電事業へのハードルが低くなったことや、さらには、欧州の多くの国(イギリス、フランス、ドイツ、イタリアなど)やアメリカ(一部州)などではすでに自由化がされており、電力市場の全面自由化が世界のトレンドとなっていることも日本での自由化を後押ししたとも考えられます。

このようにすでに自由化が行われて国おいては、消費者は電気料金比較サイトなどで電気料金を選ぶというのが当たり前になっています。 このように小売りが完全された場合には、競争が生まれ、電気料金が安くなるという可能性が高まります。

さらに我々の選択肢が増えますので、再生可能エネルギーしか使用していない、という電力プランを選ぶということも可能になります。このような直接的な変化以外にも、電力小売り全面自由化という構造改革は電力市場に限らず、国全体に様々な影響を及ぼすと想像できます。

jiyuuka

電力契約プランは選ぶことができます

電力会社は2016年4月までしか選ぶことができませんが、各電力会社ではいくつかの料金プランを用意されており、オール電化住宅向けのプランや深夜の電気料金の安くなるプランが用意されています。

契約プランをいますぐ変えることにより電気代の節約ができるかもしれません。契約の変更には電力会社からの承認が必要なものもありますが、電話やオンラインフォームですぐに変更をすることが通常可能です。