You are here

コージェネレーションで光熱費を節約できるかも?

コージェネレーションとは、平たく言えば発電時に発生した熱をそのまま発散させてしまうのではなく、発電しながら発電時に発生する排熱も有効利用するシステムです。燃料の利用効率が高いこのコージェネレーション・システムを利用して光熱費節約できるのかどうか、検証してみます。

家庭用コージェネレーション・システムの種類

コージェネレーション・システムの例としては、ガスタービンやガスエンジン、ディーゼルエンジンで燃料を燃焼させて得た動力を使って発電するものがありますが、家庭用としてコージェネレーションを導入したものとしては、家庭用燃料電池の代表格、エネファームや、小型ガスエンジン発電・給湯システムエコウィルなどが一般的です。それぞれのコジェネ度をみていきます。

エネファーム

エネファームで期待できるコジェネ度

エネファームは水素(H2)と酸素(O2)の電気化学反応によって電気エネルギーを作り出し、これによって発生した排熱を給湯などに利用する装置です。クリーンで発電効率が高いことが謳われていますが、実際、エネファームではどれくらいの光熱費節減が期待できるのか、見てみます。

エネファームの発熱効率(LHV)は現段階では40~45%と言われ、排熱回収効率を合わせると、総合効率(LHV)90%に達します。資源エネルギー庁の燃料 電池推進室が資料として紹介している東京ガスの試算によると、エネファーム導入によって節減出来る光熱費は以下のようになっています。

エネファームの導入により節減できるであろう光熱費 4人世帯の場合 : 年間5~6万円程度(従来型の給湯器による光熱費は20万円程度) 3人世帯の場合 : 年間3~4万円程度(従来型の給湯器による光熱費は20万円程度)

これだけ光熱費が節減できるということは確かに魅力的です。ただ、エネファーム導入費と照らし合わせると、まだ採算が合うまでには達していないのが現状です。現在、エネファーム導入促進のため、補助金が出されていますが、それでもエネファームはまだ200万円ほどしますので、高い買い物となります。経済産業省では、価格が4人世帯の場合は70~80万円まで、3人世帯の場合は50~60万円まで低減できれば、の自立普及が可能になると試算しています。

エコウィルで期待できるコジェネ度

エコウィル

エコウィルは都市ガスやLPガスを燃料として、ガスエンジンで発電を行い、その際に発生する排熱を給湯などに利用する家庭用コージェネレーションシステムです。エコウィルというのは愛称(ニックネーム)です。ガス給湯器と比べると初期費用(60~90万円)は高いのですが、それでもエネファームに比べると安価です。

しかもエコウィルの総合効率(LHV)は87%(電気23,7%、排熱利用59,3%)と、エネファーム並みに非常に高く、購入電力を年間3~4割も削減出来ると言われています。東京電力が試算した「エコウィル導入による光熱費削減効果(イメージ)」によると、エコウィル導入によって節減出来る光熱費は以下のようになっています。

エコウィルの導入により節減できるであろう光熱費 戸建住宅4人家族での想定 年間3万円程度(ガス料金は上がるが、電気料金が下がることによる) 東京電力の場合、「エコウィルで発電エコぷらん」を適用することにより、ガス料金を抑えることも可能。

エコウィルによる光熱費節減額は、エネファームに比べると劣りますが、それでもエネファーム購入費用を考慮すると魅力的です。ただ、エコウィルも、エネファームと同様、まずは給湯機としての役割がメインであり、お湯の使用量が少ないと発電量も少なくなる、タンク内のお湯が沸ききってしまうと発電できない、したがって発電できる電力量はさほど大きくない、といったデメリットも出てきます。従って、導入の際には、家族の人数やライフスタイルを考慮することが必要です。

エネファームとエコウィルの総合比較

エネファームとエコウィル、どちらを導入した方がいいのかは、それぞれの世帯の事情と照らし合わせる必要がありますが、機器としての両者の比較をすると、以下のようになります。

エネファームとエコウィルの特徴
機器 エネファーム エコウィル
販売価格(推定) 200万円程度 60~90万円
年間光熱費メリット 約5~8万円 約5~6万円
回収年数 (20年ほど) 6~13年
発電効率(LHV) 39~46,5% 23~27%
熱効率(LHV) 43,5~56% 63~65,7%
CO2削減 約1,3~1,9t/年 約0,4~0,8t/年
普及台数(23年度末) 約4万台 約11,5万台

出典 日本エネルギー研究所